絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

自分の傾向を知ること

自分は自分。

そんな風に思いつつも
実は本当の自分って??

わかっているつもりで
わかっていないこと、ありますよね。

人は自分を基準にものごとを考えがちなので
心理ワークなどをして、
他の方の感じ方などをお聞きすると
こんなにも多様な感じ方、考え方があるのだと
時にものすごく驚かされ、
人それぞれ、個性があるとわかると同時に
自分の傾向もだんだんわかってきます。

ケアエクササイズをとおして
自分を客観視してみることができる
貴重な機会をいただいている感じ。

それは日常生活にも生きてきます。

誰にでも長所・短所がありますよね。

それぞれも表裏一体で
長所の裏に隠れた短所もあるかもしれないし
短所と思えるところが実は長所でもあったり。

だからこの時点で長所・短所と分けたりせず
単に「特徴」なんだと私は思います。

まずはまるごとの自分にOKを出して
こんな自分もいるんだな、と
それを受け止められること。

時にはそれが辛い作業だったりも
あるわけですが。

でもその作業に慣れてくると
じゃぁ、どうしたい?
どうすればいい?

そんな気持ちの変化が生まれます。
意識するだけでも
今までは見えてこなかった
様々のことに気づいたり。

慣れ親しんだ習慣や感覚を
一度に変えることは難しいですが
意識して少しずつとりくむことで
周りは確実に変わっていきます。

もしも何も変わらないとしても
それを受け止める自分の感情が
変わってくると思います。

そして
人間関係も変わってくる気がします。


自分の傾向を知って
それをジャッジするのではありません。

そうか、そういう傾向があって
うまくいかないことがあるのなら
そこを意識して変えてみようかなーとか
そう思うのなら素直にそれを伝えてみようとか。

そこを変えると
きっとまた新しいものをつかめるような
視野もぐんと広がるような…

自分を知る。
それはより良い自分の成長のため。
より清々しく生きていくためのように思います。

だからそれは自分で感じないとですね。

人が見た自分をさがすのではなく
人の評価に左右されるのではなく
自分自身で自分を見つけていく。
ジャッジをせずに客観視をする。

そこが大切なんだと思います。


気づき始めても
本当にそれを客観視して見れるようになるまでには
とても時間がかかることもあると思います。

かと思えば、同じようなことが続けて起きて
あ!これ、自分の癖かも?と
突然気づいちゃったり。(最近のワタシ)

今まで通りのほうが楽ちんなわけですから
多少の不便があっても
楽な方に流れるのが人間。
ここは忘れてはいけません。

日々流されてしまっていると
深く考える時間がなくなってしまうから
もったいないですよね。

ゆったりした時間は
意識して持ちたいものです。

つまづきながら、転びながらでも
自分と向き合って成長していく人に
なりたいと思う。

そういう人たちをみてきているので
それが本当に尊いとも思うのです。

みんなしっかり自分とむきあって
何かが腑に落ちた瞬間があるといいます。

これはもう目からうろこどころではなく
パーッと視界も広がって
内側からぐわーっとくるものがある感じ。
(人によってイメージは違うかな)

魂が喜んでいる感じ??
大げさにいうと世界が変わる感じ。

人間、一生成長できる生き物です。

だから自分の傾向を知らないまま
ほうっておくのはもったいないです。

成長のチャンスが隠れているから。
もっと自分を大切にして
もっと幸せな思いを感じていくことが
できるようになるはずだから。

まだまだ未熟者ではありますが
それはもっと成長する可能性があるということ!
ずっと真摯な未熟者として
躓いたりしながらも、
前を向いて進んでいきたいです

まじめですねぇ~

でも大事な自分の人生なのだから
まじめでOK!




自分の枠を越えるとき

年明けから、モニター企画にご参加いただきありがとうございます。

私たちにとっても、実践から学ぶことはとても多く、

ご協力に感謝しております。



セラピーを学ぶ

ということは、相手をしり、かつ、自分を知ることにつながります。

相手に対する思いを通して、

そう思う自分を再確認していくからです。

そうして学んでいくと、ある時に ふっと気が付くのです。

「この枠は、だれが私にはめたんだろう」 と。

そこからは、いろんな経験から自分を作るため、守るために

知らず知らずに作っていた 「自分の枠」 から

自分の力で出るために、あがいて、もがいて。

でも、そのうちに やはり ふっと気が付くのです。

「あ、枠が広がっている」 と。

そして、広げる、越える作業は 実は一人では難しい。

他者とのかかわりの中で、積み重なっていくことが溜まって

枠を押し広げていくのです。

いま、きっと私以外の仲間も、「枠を越えた自分」を

感じ始めているところだと思います。

そして、それぞれにより確かな思いを新たにしています。

同じ仲間の目線からみても、

それは とても輝いて見えています。

youko

隠れていた思い

先日、友人宅でのことでした。

おしゃべりに夢中になっていたら
途中でわんちゃんが登場~
すごくかわいくて、甘えん坊。
みんなに、ぴょんっと足をかけて
抱っこしてもらいたそうにしています。

そのわんちゃんが、私のもとに来たとき、
なでなでして、さぁ、抱っこしようかと
身体が動いた瞬間、

心がぎゅっと締め付けられて
「あ、だっこはできないかも…」と、
泣きそうになってしまったのでした。

我が家の愛犬、コーギーが
13歳で亡くなってから、もう1年。
悲しくて悲しくて…という気持ちは
もう忘れていたはずでした。

それなのに、悲しい、切ないという感情が
一瞬にしてよみがえってきて
今、ほかのワンちゃんを抱っこしたら
涙がとまらなくなりそうで、
それをぐっと抑えたのでした。

抱っこできなくてごめんね。
なんか思い出しちゃって。

それを言うのが精いっぱい。

頭で考えることと
心が感じることのギャップの大きさに
とてもとても驚きました。

本当に、予想外のできごと。

でもね、そんな心に気づくことができて
愛犬への思いを再確認できて
暖かい気持ちにも包まれました。

別に、悲しい思いを
閉じ込めてきたわけではないけれど。
忘れようと特別に努力したわけじゃないけれど。

まだそんな気持ちが残っていた。
というか、悲しい気持ちは
ずっとずっともっていていいんだな。
だって悲しい出来事だったのだもの。
そんな単純なことに気づいたり。


人は大人になるほど
頭で考えて解釈をつけて
ものごとを解決していますよね。

高齢だったし、
治療方法もなかったし、
仕方なかったよね。
でも最後まで一緒にいられてよかった。
お見送りも家族そろったし。

そんなことを自分に言い聞かせていたけれど
「悲しい。寂しい。」という感情には
なんの説明もいらなかったんだなぁ。

悲しいよね。
それだけを自分が受け止めればいいんだなと
今さらながらに思いました。

感じたことをそのまま受け止める。
自分の思いを大事にする。
理由や説明はいらないですね。

今回のできごとでようやく
「悲しい」という思いだけを
シンプルに感じることができました。

この話を風に揺れる木々の勉強会でしていたら
またまた涙があふれてきて…

やっぱり忙しさに追われて
悲しい涙も流し切れていなかったのかな。

涙で浄化されたような気持ちです。

心って不思議ですね。


           

7か月ぶりのメディテーション内観法

新年度を迎え、あぁこのタイミングで
やってみたいなぁと思っていたら、
7か月ぶりにこのワークを体験できました。

どうぞ過去の記事もご覧ください。

☆メディテーション内観法再び…
http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1061071227.html


本当に何度も何度もやっているのですけれど
絵画セラピーと同じく、
あれこれ知識があったとしても
それがまったく邪魔にならずに
今だからこその風景や物があらわれる不思議。

自分をとりまく環境の変化にあわせ
自分の心持ちもずいぶん変化したことを
改めて自覚して、嬉しく思ったり、
これからの方向性、自分がやりたいこと、
大切にしたいこと、
それらがメッセージとなって現れました。

水辺を越えて、自分の行きたい場所に行く、
という場面があるのですけれど、
これはその人にとっての人生のとらえ方だったりします。

荒波の海だったり、広い川だったり、
霧に包まれた沼だったり、
静かな湖だったり、池だったり。

向こう側にたどりつく方法も、
船に乗ったり、ボートをこいだり、
素足でバシャバシャと水に入っていったり、
水辺の道をゆったり散歩していくんだったり…
都合よく橋が現れて、
簡単に渡れたりすることもあります。

前回?前々回?私は、確か
自分でボートを漕ぎたい!
自分の力で進みたい!と思ったのでした。

それは本当にその時の心持ちとぴったりマッチング。
漕ぐことを楽しみたいと思った
そんな自分をえらいなぁと
応援したくなったりしたものです♪


そして今回の水辺は…

とってもかわいい春の小川でした♪
両脇には草が青々と茂り、
小さなお花もたくさん咲いていて、
とても澄んだ川なので
メダカまで泳いでいるのが見えました。

いつのまにか小学生の自分にもどっていて
「こんなのかんた~ん!」と
川をひとっ跳び。
楽しくて仕方ありません。

向こう岸には、子どもが数人いて
見たことのある子も、はじめての子も
一緒に仲良く野原で遊びました。

あとから振り返れば
なんだか仕事に直結していた感じです。
今まで出会った子、
これから出会う子。
きっとそういうことだったのかな?

川を飛び越えちゃったくらいですから
心もとっても軽やか。
気分爽快でした。


この日、もうひとつ、おもしろかったのは
一緒にワークを体験した3名が
同じように、『中世』がキーワードのものを
瞑想の中で見ていたこと。

いろんな不思議が訪れますね~

絵画の時も、なぜかわからないけど
これを描きたい!と思って描くことがあります。
こんな色にしたい、と湧き上がる思いがあります。

瞑想の中でも、なぜかわからないけど
思いもよらないものが見えるのです。

どちらの場合も、
ふと湧いてくる感じ?

これも人によって感じ方が違うかもしれませんね。

そして、自分の内にあるものを
自分がちゃんと受け止めてあげること、
この経験がとてもいいものだなぁと思うのです。

絵画セラピーやケアエクササイズ、
どうぞ体験にいらしてくださいね。


miwako





モニター企画のご感想その2とその後

先月駒込で開催した大人のための絵画セラピーモニター講座のご感想パート2を紹介します。

 

Mさん

ゆったりできました。絵を描くことは、自分に正直になれますね。前回はああだったのに、違うなあと感じながら絵を描いてました。(直後のご感想)

数年ぶりの絵画セラピーでしたが、とても新鮮でまたリラックスして時間を楽しめました。

助けが現れるまさに絵画セラピーのお二人がその助け人だったのですかね…。でも周りの人たちみんなの助けを改めて思い感謝しています。

日々の生活を丁寧にすごしてます♪

(1週間後のご感想)

 

Mさん

絵を描くのは大好きですが、ここ長いこと時間が取れず久しぶりに描きました。楽しかったです。自分の思っていることが絵に表れているなんてすごく面白いと思いました。(直後のご感想)

フィードバックで「太陽に父親の意味がある」と言われてそうかな?と気になっていましたが、その後実家の父に電話して昨日会いに行ってきました。

母がデイサービスにリハビリに行って留守だったので、父と2人で一緒にお弁当を食べ、叔母の墓参りをし、ひたすら父の話(ほとんど愚痴ですが)を聞いて来ました。高齢で自分の身体も大変なのに1人で老々介護を頑張っている父の申し訳ないと思う気持ちが絵に表れていたのかもしれません。

リンパマッサージも細かいところは全部覚えていないのですがよくやっています。(1週間後のご感想)

 

Iさん

満足です。 面白かったです。

 

絵が好きな方でも普段なかなかゆっくりと絵を描く時間を取れないのですが絵画セラピーで久々に絵を描くことができ、皆さん絵を描くことを楽しんでいらっしゃいました。

中には年末に押入れを整理して画材道具が出てきてセットしなおしたら、今回絵画セラピーの話があったということで、何かに導かれていたのでしょうか…不思議ですね。

芸術家ではないので、なかなか描きたい衝動に駆られて描くことはできないとは思いますが、お題を与えられて紙に向き合うと瞑想した後には不思議と描きたいものが浮かんできます。それはその時のご自分を取り巻く環境、心情、体調にもよるので、同じお題でも違ったものになります。Mさんが数年ぶりに絵画セラピーを体験されて前回との違いを感じていらっしゃいました。半年や1年後などしばらく経ってから体験されるとその違いがわかってまた面白いと思います。 体験後に周りに感謝し、日々の生活を丁寧に過ごされているとのこと、嬉しいですね。

 

 

またもう一人のMさんの様に絵画セラピーがきっかけになって久々にご実家に帰られて親孝行をされたとの 報告も嬉しく思います。普段気にかかっていることでもなかなかできないことを絵画セラピーがきっかけになってすぐに行動されるMさん 、そ の行動力は素晴らしいですね

きっとお父様もとても喜んでいらっしゃったことと思います。

リンパマッサージも気に入っていただけて、継続されていらっしゃるとのこと、いいですね。ご自分の身体を労わることはぜひ継続していただきたいと思います。

 

モニター企画はまだ継続中です。ご興味のある方はぜひ以下のHPにお問い合わせください。

http://haruwomitsuketayo.wixsite.com/kazeniyurerukigi/blank-5

 

モニター企画のご感想その1と絵画あるある

先日、駒込で開催した
おとなのための絵画セラピーモニター講座の
ご感想を少し紹介させていただきます。

Iさん
 不思議な気分。(直後のご感想)
 参加しようと決めたときは、
 ちゃんと自分を作らずに絵にするなんて
 無理じゃないかなと思っていたんだけど
 すごく素直に絵に向き合えたように思えた。
 (翌日のご感想)

匿名さん
 気づかなかったことに気づかされました。
 絵を描いているとき楽しかったです。
 描いた絵も好きです。


お二人とも、終わってからじわじわと
いろいろご自身に落とし込んでくださったようで
とても嬉しく思います。

そしてとても大切なことを伝えてくださいました。

「絵画あるある」のひとつ。
やっぱり大人って、自分の心が本当に現れるのか?とか
いやー、自分で頭で考えて
見栄え良く仕上げちゃったり、できちゃうんじゃないか?とか
事前にはいろいろ考えますよね。

私自身も、初回は半信半疑でした。
自分を開示することにも慣れていないわけですし
自然体でできるのかな?って。

でも、できちゃうんです。
リンパマッサージで身体をほぐしたり
瞑想で心がとても緩まったり…
そんな後に描くときには
あれこれ考えちゃったとしても
ちゃんと自分が写しだされるのだと思います。

その証拠に、みなさん
なぜかこれを描きたくなったとか
知らず知らずのうちに描いているものがあります。
きっと心が描かせているのです。


K先生曰く、なぜ参加しているのか?
その目的が、セラピストの実力を試したい?とか
混乱させたい?とか
偽りの自分を見せたい?とか
そんなモチベーションで参加する人っている??

そんな悪意のあるご参加の方はおりません。
お金を払ってまで、なんのために?ってことですよね。

だから、多少の不安があったとしても
皆さんちゃんとご自分の心を描かれるのです。
回を重ねるほど、より自由に♪

「自分の描いた絵が好き」というご感想も
とても嬉しく伺いました。
最高のプレゼントをいただいた気分!

「今の自分を受け入れる、今の自分が好き」
そんな風に思っていただけたら
きっと次の一歩につながります

皆さん、ご自身を客観的にみつめて
「今」を受け止めてくださったんだなぁと。
絵画セラピーがそんな役目を果たせたこと、
とても嬉しく思いました。

もうひとつの、「絵画あるある」は
眠くなること  (特に初めての方)

リンパマッサージで血流をよくしたり、
絵画で自分にたまっていた思いを発散したり、
心も身体も緩んでいます。
それは心地よい疲れのようだったり
風邪の初期症状のようだったり、
とにかく睡魔に襲われたり…
デトックスにもなっている?

今回も皆様、やたら眠くなったと
そんな報告をいただきました。
もちろん、風邪ではなく~

絵画セラピーは深層が現れるから怖い、
と思う方も大勢いらっしゃるかと思います。
でも自分を一番知ってあげて、
一番応援してあげられるのは自分自身。

絵画セラピーを続けて
その時々の自分を丸ごと
ふわっと受け止めてあげること、
それだけでも心の栄養になると思うのです。
自分と向きあう、自分を知る、
自分をねぎらう、自分を緩める、
次への活力をチャージする、
すべてプラスに応用していただけたら
こんなにうれしいことはありません。
しかも、答えを自分自身が描き出しているという
驚愕の事実??

そうです。
すべての答えは自分自身がもっているのですから
それを見ずにいるのはもったいない。

それでも無理そうだなーと思う方は
今がタイミングではないのでしょう。

ご縁がありましたら、どうぞお問い合わせくださいませ。

モニター企画もつづいております


HPです↑
















 


大人絵画 感想Ⅳ(2017.3月)+こども絵画感想~♪

ご自身は3回目、娘ちゃん3回、息子くん1回と
いろいろな開催地にお越しくださるNさん。

ある時は渋滞にはまった事もあり、
3時間半かかってお越しのことも・・・・

そのように望んでくださり
感謝すると同時に、私も力を頂いております。
ありがとうございます!


「先生にお伝えしたい感謝と、皆さんにお勧めしたい所を書き連ねていたら
取り留めなくなってしまいました~」

と、今回はご自分のセラピーの感想とこども絵画の感想まで
送ってくださいました


~絵画セラピーを受けて~

先日はありがとうございました。

環境が変わって、緊張状態が続いていたので不安な毎日でしたが、
心身共に元気な状態だと知る事が出来て安心しました。
ますます元気に活動出来そうです。

絵を見ていただいて、
「新しい事を始めるのに良い時」
と伺い、簿記の勉強を始めました!

今の仕事に『絶対に必要』ではないのですが、
あった方が仕事がわかりやすくなりますし
今後の自分の為にも損はないかなと思いまして。

また、

「家庭をとても大切にしつつも、
きちんと自分と子どもとの線引きが出来ていて、
冷静に客観視する事も出来ている」

と伺い

「そこまでわかるんだ」
とびっくりしました!

と同時に子供への接し方に少し自信が持てるようになりました。


絵画セラピーは
「一度やって終わり」
ではなく、

自分の環境の変化や心の揺らぎに合わせてその都度その都度受けた方が、
本当の自分が見えてくるので、今後もお世話になって行きたいと思っております。

どうぞよろしくお願いします。


~キッズ絵画セラピーを受けて~

その節はありがとうございました。

娘と息子、それぞれを別々に見ていただいて、
子供たちの良さを再確認する事が出来ました。

と同時に全く似ていないと思っていた私と子供たちが、
根底の奥深いところではそっくりなんだなと思い、
考え方や表し方が違っても捉え方は同じなんだと気付きました。


小さなことを気にする息子が心配でしたが、

「『お花が咲いてるね』とか『夏の匂いがするね』とか
たくさんの色々な小さなことを教えてあげながら、大切に大切に育てて来たじゃない?
だもの、その子自身が感性豊かで、小さなことが気になるのは当然」

と言って頂き、
親が欠点・心配な点と思っていた所が全く問題ないこともわかり、安心しました。


親の見る目は偏りがちですが、専門的な知識と経験を持った方に
自分と子供をしっかり見てもらえる機会はなかなかないので、
とてもありがたかったです。


子供たちは日々成長して行きます。
以前、絵画セラピーを受けてから随分心も身体も成長しました。

娘もそろそろ思春期に入って来たので、
『思春期セラピー』を受けさせてみたいなと思っています。
これからもよろしくお願いします。




Nさんのおっしゃる通り!

絵画セラピーもケアエクササイズもどちらも定期的に受けてくださることで

どんどん開かれて行きますので、

自分の深い思い・・・深層の想いを

容易に取り出すことができるようになっていくんですよね。


幸いお子さんはそれほど長い期間
ブロックがかかってないので、この2時間で劇的に変わって
「いったい何があったのですか?」
と言われることも多いのですが

大人は皆さん自身のやり方・生き方の癖の中にあるので

1回目から劇的な気づきがあり、全てが良い方向に・・・

とはいきません。

そりゃ、当然ですよね・・・
何十年も必要で身に着けてきたものを
一気に外して下を見る・・・なんてなかなか


ですので、
メンテナンスのつもりで定期的に受けられること
お勧めです!!

前のご感想にもありましたが

「なんだかとても楽
という事が、少しづつ増えていきますよ~~


そんなところまで理解してくださり
また代弁してくださるNさん

風に揺れる木々の心強いサポーターさんですね!!