絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

きれる子ども

先日テレビできれる子どもの特集をしていました。

様々な要因はあると思いますが、親の対応によって随分と変わる、

そんな印象でした。

うちの子どもたちは反抗期もとっくに過ぎ、長男はすでに社会人ですが

その長男が小学1年生だったころの教頭先生の話をふと思い出しました。


保護者集会の開始前の待ち時間に

いろんな話をしてくださるお話上手の教頭先生でした。

ある時、

「お母さん、お子さんを叱った後ってどうしてますか?

叱られてお子さんが泣いてしまった時はどう対応していますか?」

と質問を投げかけられました。

そして

「泣いてもほうっておくお母さんは?」

「すぐに、泣かなくてもわかればいいのよ、叱ってごめんね、と優しく接してあげるお母さんは?」

と2択で挙手をする感じになると、圧倒的に優しいお母さんが多かったのです。

私も一人目の子育て最中、どれが正解??なんて優等生のお母さんになりたくて

後者に手を挙げたような記憶があります。


すると、教頭先生は、

「実はね、泣いているお子さんは放っておいた方がいいんですよ」と

笑顔で話をされました。

叱り方がどうこうって話はここではおいておいて…

真意は、いつもお母さんが手助けしてあげるのではなく、

子ども自身が自分でクールダウンすることを体験しなくてはいけない、

そんなお話で、当時は目からウロコでした


思えば自分も子ども時代、親に叱られると、ひとりすねて泣いていたり、

プチ家出?で家を出て行って、もう帰らないぞ!心配させてやる!みたいに

近所を歩いたりしているうちに、気持ちがだんだん落ち着いてきて

自分で復活? 「ごめんなさい」がいえたり、

何事もなかったかのように、いつもの自分に何気なく戻ったりしていたなぁと。





先日のテレビ番組では、

きれることは悪いことじゃない。 理由があって感情が爆発したのだから。

イライラする感情は誰にでもあるもの、それをお母さんが否定してはいけない、

本人もイライラしたくてイライラするわけではないのだから。

そんな話をしていました。

そして切れたら自分でクールダウンできる状態にしてあげると良いと。

イライラしてものにあたるのはやめて!という前に

どうしたの?と原因を聞いてあげ、共感することの方が大事。

そのあとはイライラが静まるまでひとりにしてあげる。

お母さんだってイライラしているときはそれを注意されたらさらに嫌な気分でしょ?

まったくその通り

また、泣くのをやめるきっかけが、いつもお母さんの優しい言葉だとしたら

それがないと自分では立ち直れなくなっちゃうかも?

「いつまで泣いてるの!」と叱るのもどうかなぁ。

泣きたいだけ泣けば自分で復活するはずだから。

泣くのは悪いことだ、自分はダメな子だと思い込ませるだけなのかも。

それでもお母さんの助けが来ないと立ち直れない。

見放された気持ちになってますます涙が止まらない?



そしてここ数年、ケアエクササイズで学んできたことを思い返しました。

自分の感情と向きあうことの大切さ。

それが自分を大事にすることにつながっていることだと。

マイナスの感情を持つことはダメなことではない。

どうしてそうなったのかな? じゃあどうすればいいのかな?と考えればよい。

或いはほうっておいていいことなら深く考えなくてもよい。

なんだ、これって自分でクールダウン&客観視をしているんですよね。

自分がいい人でありたいとか、子どもが優等生であってほしいとか

表面だけ整えようとしても、感情と一致していなければひずみが出るのは当たり前。


テレビで取材を受けていた男の子も、

本当はきれる自分はいやだ、暴力は振るわない方がいい、

そう自己分析をしていました。

そうしたくないのに、してしまう。 感情が暴発してしまう。

自分で感情のコントロールができなくなってしまっているのでした。

結果だけを見て注意され続けたら、負の連鎖が止まらなかったことでしょう。


そして同時に思ったこと。

きれることで感情表現をするお子さんもいれば

うちに思いを閉じ込めて、感じないように感じないようにしているお子さんもいるのだろうと。

うーん、子どもだけじゃなくて大人もですね。

自分の感情を見ないようにしている大人は多いです。

自分がそうしてきたからと、子どもにそれを求めてはいけませんよね?


深い深い問題だと思います。

まずは感情としっかりと向き合うことからなのかな…

現象ではなく、その根本にあるものと。



Miwako












おやこ講座はじまりました



おやこ講座のサブタイトルは

 

「もっと知りたい子どものこと、パパのこと、ママのこと」

 

親子で癒しのひと時を過ごしてもらう企画です

 

対象は年長さんから小6まで。(定員10名程度)



 

この講座の中では、

 

親子の上下関係もなく、いっしょに遊びを楽しんだり

 

ちょっとした心理ワークも行います

 

(前半は、プレイセラピー的な要素)



 

心も身体もほぐれてきたら、瞑想タイム。

 

心地よいBGMを聞きながらリラックス。

 

「自分の身体を労わり、周りとつながるワーク」にすすみ、

 

半覚醒の状態だからこその深~い感情を味わいます。

 



 

瞑想タイムが終わると、絵画の時間。

 

自分の心に浮かんだものを自由に描きはじめます。

 

 

皆さん、とても集中して、一言も話さずに、

 

一気に絵を描き上げるのは、絵画セラピーのときとまったく同じ!

 

そして描ききることで、とてもすっきり

 

 

最後に輪になって、お互いの絵を見せあいっこ。

 

描ききった「心模様」はそれぞれに伝わってくるものがあります

 

そしてご本人も(おとなも子どもも)とっても良い表情!

 

お互いの感想を述べ合ったり、今日楽しかったことを振り返ったり。

 

2時間の講座が終わる頃には、皆さん、とってもリラックス

 

ふだんの親子関係とは少し違ったモードで

 

お互いを見つめなおすこともできるのでしょうね。

 

なんだか親子関係も一歩前進

 

 

今の時代、親も子も多忙です。

 

時間に追われるように、あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ

 

そんな日常をふと離れての、ゆったりしたおやこ講座は

 

気持ちのリセットにもとてもオススメです

 

 

最後に、「絵画セラピー」との違いも少し。

 

今まで、「絵画セラピー」は良さそうだけどハードルが高いなぁ…とか

 

セラピーって何か問題がある人が受けるものでしょ?とか

 

そんなご意見も耳にしてきました。

 

だったら、もっとハードルを低くして、とにかくすっきり感を体験していただきたいと

 

その上で、「絵画セラピー」も受けてみたいと思っていただけたらいいなと

 

企画したのがこの「おやこ講座」です。

 

大事にしたいのは、描くだけでもすっきりとする自分を感じること、

 

その時にわきあがった思いを感じるだけでいいということ、

 

ただ単純に親子で楽しい時間をすごすこと。


はじめてみたら、絵画セラピーとはまた違った意義あるものになったと感じています

 

なので「絵画セラピー」の前段階でもなく、色々な方に体験していただければと思います。

 

そして、絵の読み解き、個別のフィードバックをご希望という方は

 

ぜひ、「絵画セラピー」にご参加くださいね。

 

 

今のところ、価格もおさえて、お1人千円としています。

 

6名以上、10名程度がベストです。

 

こちらで企画する際には、ブログのトップページやmixiコミュで募集をしますね。

 

持ち込み企画も歓迎しておりますので、その際はメッセージください!

 

仲良しのお友達グループで夏休みなど企画されてみてはいかがでしょうか?

 

チラシもご用意しております。

 

お気軽にお問い合わせくださいね

 

 

Miwako

 

 

 

 

 


自分に認められて

昨日インナーチャイルドの階段のワークを

受けました。

このワークは自分の生まれたときから各ステージ を

見ていきます。

ケアエクサに継続して通い、瞑想や内省の作業が

身に付いている方対象で行います。

その理由は3つあります。

①意識を落とす時間が長い。

②参加者全員での気づきがその場を

より高めること。

③ワーク後に内省することが重要な意味を持つこと。



各ステージでは瞑想の時によく出てくる

 幼少の自分や アルバムの写真が出てきたり、

今回初めて出てくるものもありました。

その中で私が嬉しかったことが 2つあります。

1つは産まれてすぐに母に 抱きしめられたこと。

真夏の暑い太陽の日差しを感じながら

ベッドの上で微笑む母の腕に優しく 抱きかかえられ、

とても温かく感じたこと。

もう1つは各ステージの最後に

両手を広げて待っていてくれた自分が

「頑張ったね。」としっかり 抱きしめてくれたこと。

それが今の自分ではなく、

 もう少し若いときの自分。

どうして若い自分なのかな?

 と気になっていました。


そのときには気がつかなかったけれど、

後から振り返ると、その頃私は

自分にすごくダメ出しをしていて、

自己肯定感が低かったと思います。

輝いている人に憧れ、できない自分と比べて

自己嫌悪になっていました。


それがケアエクサに出会って、

一歩前進することができ、

人と比べることをしなくなったこと。

また試行錯誤を重ねながら

自分の芯が少しずつできてきたこと。

自分自身を好きになったことから

やっと自分自身を認められるように

なったのではないかと思います。


そんなことを思いめぐらしているうちに

涙が出そうになりました。


抱きしめられた自分は全身にエネルギーが

行き渡るようにじんじんと感じ、

パワーチャージして

これからも張り切って

進んで行けそうな 気がします。

5月の爽やかな気候のように

気持ちもリフレッシュして とても気分がいいです。


kumiko









絵の通訳者達

2009年より活動開始致しました『絵画セラピー講座』
6年間、延べ約400名の方々にお越しいただきました。


『大人のための絵画セラピー』
では

とても明るくしていらしても、直面している悩みがあったり

ずっと根っこに持ち続けていることが、払拭できなかったり

ご自分では気づかなかった部分こそ、本当は一番知りたかったことだったり

ここから先、向かうべき方向性を知りたかったり


そんな思いを胸にお越しくださる方が多いのですが
そんな事柄が、ご自分が描いた絵には歴然と表れています!!!



『子どものための絵画セラピー』
では

この日ばかりは、気持ちのままに在ることを、すべて受け入れてもらえる体験

自分自身を味わう体験

両親から、もう一度生まれい出る体験

そして想いを絵として表現することで、心からスッキリとする体験


それを経て、本当の深層心理がその絵には歴然と現れてきます!!!


毎回、ほとんどの方が初対面な訳ですが
絵画を元にひも解いてゆくと、みなさん本当に驚かれます。

「どうしてそこまでわかるんですか?!」


ご自身が、自分から湧き出るように描いたもの・・・

それは、
もうとっくにご自分の事を、ご自身がわかっているからこそ!
ちゃんと答えも出ているからこそ!

描いている訳ですよね?

それなのに、それでもなかなか自分の深い思いに、気づかないんですね。

人間って不思議です。


ですので、
目の前の絵が 伝えて欲しい事柄を次々と私に訴えて来るのです。

それをつぶさにお伝えしていきます。



ある時、お越しくださった何人かの方々から

「先生は、絵の通訳者なんですね。」

と言われ、
「言い得て妙、かもしれないなぁ」と思った次第です。



そして、自身が何度もこの『絵画セラピー』を体験し、
またアシスタントとして講座のサポートをしていく中で

「もっともっとこの講座が広がり、
自分自身を大切に生きる人が増えていったらいいな。」

「お互いを思い合っているのに、ちょっとした掛け違いが起こっている
親子のサポートができたらな。」

「子ども達が、ありのままでいることの気持ち良さを味わって、
自分をもっと好きになって欲しい!」


スタッフの胸には、そんな思いが広がって行き
それぞれが【絵の通訳者】になるべく、
月に一度集まり、絵画セラピー勉強会やミーティングを行っています。

みんな、自己研鑚に余念がなく、本当に真面目に真摯に取り組んでいます。

そのレポートたるや、35回分 180枚ほどにもなり
まさにみんなの血と汗の結晶です。

[宝物]と言っても過言ではありません。


そこを経て、この講座が絵の通訳者達によって
益々広がって行きますことを願って止みません。


いつかどこかで、みなさんとお逢いできる日を
スタッフ一同楽しみに励んでまいります!

受容の経験

<2014.8.10 記>

こどもの為の絵画セラピー

を体験することの価値、それは

受容され、共感される空間の中で、

思った通りの自分を表現することができる!

ことかな、と思います。


わが子は二人とも経験者。

親として参加した時は、

すてきな時間を過ごしてきたんだろうな、

今の辛さも、喜びも、願望も

みんな絵にでてきてるんだな、

という、どちらかというと、

分析、読みとりに

価値があるように、感じていました。


今回、縁あって、絵画セラピーにアシスタントとして参加した時、

子ども達とまるまる2時間過ごして感じたことは、

最初に書いた、価値 でした。


たった数時間の邂逅

たった一枚の絵

たった一言のメッセージ


でも、そこに 限りない受容と共感があることで、

子ども達の心に感情の広がりを与えている

そんな風に思います。


すべて受容され、共感されたこどもたちは、

その時の感情のすべてを表して

それは、かならずしも、いい子になる、ってことではないけれど、

その目が!

とっても生き生きとしてきます。

子どもの性格によっては、100%は表せていないことも

あるかもしれません。

それでも、

その日 up した感情のラインが下がることはないと思います。

その経験に、とっても とっても

価値があるな、って思います。



youko

子ども絵画のアシスタントとして

<2014.8.9 記>

5年前にはじめたアシスタントのお仕事。

最近はリピーターのお子さんも増え、

1年ぶり、2年ぶりに大きく成長された様子を

見せていただくこともあり、

たった数時間の出会いだったにも関わらず

「お帰りなさい」と

心から嬉しくなることもしばしばです。


最近のブログでスタッフのひとりが

「脱帽」というタイトルで

子どもの素晴らしさを書いていました。


絵画セラピーのアシスタントについていると

まさに「脱帽!」の瞬間が多々あります。


大人は長年培ってきた習慣や

身にまとってしまった自分を守る鎧、

理屈や世間の常識的な頭で考えだしたこと、

これらにがんじがらめになってしまいがちですが

子どもたちは大人よりずっとずっと

「感じること」が得意なのです。

そして、自分を受け入れてもらえる環境にいたら

なんと素直に自分を表し

きらきらと輝きだすことか。

本来の自分に返るシフトチェンジのはやさ、

潔さ、まさに脱帽です。


アシスタントとして何をしなければ、ということは一切なく

ただただ子どもたち全員をまるごと受け止め

いっしょに楽しく時間を過ごす、

この共感の時間がとても好きです。

もちろん、危険なこと、人を傷つけることはあってはなりませんが。


もしかすると自分も子どもに返っているのかもしれませんね。


セラピーが終わるころの子どもたちは

まさに見えない翼が生えたかのような

自由を満喫している笑顔になります。

必ずしも活発になるということではなく

そのお子さんなりにです。

おとなしい静かなお子さんも

その表情でわかります。

なかなか落ち着かないお子さんも

日常とは違う体験をすることで

何かを感じてくれたかな?と

そんな一瞬があります。


いろんなものを脱ぎ捨てて

生まれたままの自由な自分に戻る時間。

それが絵画セラピーの一番の癒し効果でしょうか。


河合隼雄さんが著書の中で

「子どもの時間に沿っていくことは
 
本当はおとな自身が癒されていることなんです」

とおっしゃっていました。


頭でっかちな大人たち(かつての子どもです!)が

心のままに生きる子どもたちの姿を

美しいと感じることができることが増えると

子育ても変わっていくのかもしれませんね。


絵画セラピーでは、私自身も癒されています。

そして講師からフィードバックを受けた保護者の方も

お子さんから元気をもらったり、

そのまっすぐさに感動したり、癒されたり。

そんなご感想も多くいただきます。

頭で良い悪いを判断したり

問題点を見つけて解決しようとしたり、

そんなことは不要で

ただ、「感じる」

これを素直に受け止めることができるお母さまたちも

ステキです。


あぁ子どもたちから受け取れることって

本当に大きいですね。

かつての子どもだった私たちも

「感じる」ことを取り戻していきたいです。


Miwako

素の自分に戻る時間

絵画セラピーを始める前によく伝えていることがあります。

それは「私からのフィードバックは二の次」ということです。


今回4回目になる絵画を受けられた、Mさんのように

ー 描きたいものがお腹の底から沸き上がってきて描かずには居られない
  そして出し切った後に宇宙と繋がったような 不思議な心持ちがした
  心からスッキリとした

と。

そして、こちらにもシェアしてくれたKさんのように

ー 真っ白い画用紙に向かうと、突然映像が迫ってきて、しかも動画で
  塗りたい色を塗っているときの爽快感、何とも言えず気持ちが良く、癒されて


このお二人のように、普段ではなかなか味わえない感覚を味わうことができたなら…

もうこの時点でご本人はほぼ満足。

何より、自分で自分をメンテナンスする事ができたのですから…

これを手にできたなら、ワークショップの意義は、達成されたと思っています。


ですから、よく絵画セラピーが恐いと仰る方は

受ける方自身が事前のワークを通し、また絵画を通し、本当の自分自身に戻る時間
それを[気持ち良いなぁ]と味わう時間


それこそが 一番の目的だと捉えて頂きたいと思います。


また子ども絵画でしたら、

「うちの子は問題あるに決まってるから、それを直す為のアドバイスを!」
と仰る方もいますが、

お子さん自身が心から愛されていることを実感し、安心する場を手に入れられること

そしてじぶんの想いを出し切り、それを全て受け入れられるということが
こんなに気持ちいいことなのだと感じる時間

それこそが 一番の目的なのだと捉えて頂きたいと思います。

だって【子どもの為の】 ですからね(^_-)


ワタクシのフィードバックなぞ、おまけ ですね。


先のお二人や継続してご参加の方々のように、

日常生活の中で余分なものをそぎ落とし、

正直に、ピュアになればなるほど ご自身の感覚は開かれて行き

受け取るものは本当に多くなっていきます。


いろいろなものを受け取る
おもしろさ!楽しさ!

それを知ったら、

「生きるって本当に面白いなぁ。やめられまへ~ん」

と思えると思いますよ(^_-)-☆


「魂が喜んでいる!ってこういうことかぁ」

と実感できると思いますよ。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。

注) 怪しい者ではありません



なかなか一度でこの域に到達するのは難しいです。

瞑想と同じ。

最初は雑念があったり、こう描かなければという、初めに形ありき
になりがちですから。

半年~一年毎くらいを目安に、継続して受けられる事をお勧めします。




kimiko