改めて意識してみると、私達は毎日の生活の中で、

やろうか・・・やらないでいいか・・・
Aにしようか・・・Bに・・・ はたまた、どちらも辞めるか・・・
言うか 言わないか

など、選択しながら生きていることに気づきます。

そしてその選択の元になっているのが

自分の考え方の癖

であることに気づいているでしょうか?


やらない
AよりBの方が楽だし

そんな選択の仕方が多いとしたら

面倒臭いのはイヤ~
と思っていませんか?


言わないでいいや・・・
どちらもやめておこう

そんな選択が多いとしたら

人と、物事と、面と向き合うのが怖い
と思っている自分がいませんか?


やってみた~い
ダメ元で言ってみる!

そんな選択が多いとしたら

人間が好き
痛いことでも自分の肥やしになるはず
と前向きな自分がいませんか?


そして、その選択の積み重ねが
実は今の自分の人生の在り方に他なりません。


何度か見ないままやり過ごすという選択をしていき
その時は気楽であっても、
結局はその積み重ねが、恐くて本当の事を見ることが出来ない
ごまかして生きるという事態になっていく。


何度か言わないまま我慢するという選択をして
その時は波風立たないのが一番と思っても、
結局はその積み重ねが、相手の本心もわからず、
自分の思いもわかってもらえないという事態になっていく。


何度かトライしてみるという選択をして
失敗することがあっても、恐れることなく冷静に原因を見極め
次へのステップと腐らずにいれば、
必ずその思考と行動自体が『自信』となって自分の中に積み重なっていく。


日々の小さな選択を、少し意識してみる。

そしてその選択に、責任が持てるか
自身に聞いてみる。

そんなひと手間をかけてみることが、
実は自分の生き方を大事にすることに繋がりますね。



kimiko