なくて七癖というけれど、

自分のおもい癖って、

それが長年自分としてやってきている軌跡みたいなものだから、

なかなか気づけない。

また、それは癖じゃない? とはっきり指摘される場も

社会人になると、そうそうないように思う。


私がケアエクサを通じて指摘された癖は、

逃げ癖。


話しても分かり合えそうにないとき、

それ以上、言葉にすることができないとき、

それ以上、言葉にしてしまうと、相手を傷つけそうなとき、

そーっと、引いてしまう。


それは、穏便にことを済ませる手段でもあるけど、

相手との間に、くっきりとした一線を引くことでもある。

ぶつかって、折り合って、ということをしてこなかったから。


それでも、

だれかの悪感情にさらされるより、いいと思っていた。

気まずい思いをするより、いいと思っていた。

そしたら、

体に症状がでて、そういうことに出会った後、

倦怠感がやってくることに気が付いた。


自分の味方は、自分。

そう思ったときに、

思っても言えなくて、呑み込んでいた言葉を

少しずつ、言っていこう、と思った。


実は、そのおもい癖、

自分で自分を一番傷つけているかも。

そんなことを思い、

おもい癖を直していこう、と取り組んでいる。

youko