ずっと不思議だったこと

3人兄弟で、なんで末っ子だけが
わかりやすく愛されているんだろう
違いは何だろうと。

なんで、末っ子より愛されていないと
感じてしまっていた自分が
我が子に同じような想いをさせているのだろうと。

勉強会の中で、

母親は本能として、1番弱いものを気にかける

ということがあり、ものすごく腑に落ちたのでした。

本能には逆らえないし
それって、上の子…私だったり、長男だったりに
力がある、と認めていたってことなんだなと。

なぜ、父は私を甘やかしていたのか
なぜ、私は母を守ろうとしていたのか

ものすごく、謎が解けた思いでした。

そして、
数日前に父が亡くなりました。
子どもから見ても
仲がいいのか悪いのか。
母が大好きな父と
自由に過ごしたい母と。

でも、亡くなったことで
父は、母の中で1番弱い存在になりました。
亡くなる前からなくなってからの数日
母はこれでもかと父を甘やかしています。

そして、私にも色んな話をしてくれますが
時々はイライラをぶつけられることもあります。

でも、私は私として立っていられます。
私は母に力を認められてるんだな、って
素直に思えるからです。

そして、父を甘やかしている母を見て
すごく安心しています。

親は死んだ後にも子どもに学びを与えてくれる

その言葉を実感しています。

youko