先日、会社の研修を受けてきて
それからずっと、ぐるぐるしている思考をまとめてみます。


こども達の未来は、どうなっていくのか?


最近よく、

数年後には、今ある半数以上の職業は、なくなってしまう

と、聞きませんか?
これに危機感を覚える方も多いのではないでしょうか?

私も初めてそれを聞いた時に思ったことは
「怖ろしい世界になるな。
そんな時代に青年期を迎えてなくて良かったな」
と、そんな自分勝手なことでした。

でも、それは言い換えれば、大事なこども達が
生きていく世界なんです。

初めて聞いた時から、ずっと、
だれかAI 対して、未来に対して
ポジティブなことを言っていないか
心配ね、じゃなくて、楽しみね、って言っていないか
ずっとアンテナを張っていました。

残念ながら、私が耳にしたのは、1人だけ。
ラジオのパーソナリティーの人が
「私はAIが発達するのはいいことだと思うのよ。
人間は賢いんだから、きっとうまく共存する道を
歩んでいくと思うの」

そう、まさに、そう思いました。

そこから、よーく 考えて。

そしたら、ものすごく、基本的なことにたどり着きました。

人が生きていく上での喜び、幸せは何でしょう?

魂が成長すること
他者とつながっていけること
ではないでしょうか?

その時、その大目標に、仕事っているのかな、と考えると
現代社会では、お金を得るために仕事をしている
また、仕事をすることが生きがいになっている人がいる

でも、それは 一番が仕事じゃなくてもいいんじゃないかな?
と思ったのです。
生きがいに、金銭を絡めなくてもいい。
快適になることに、金銭を絡めなくてもいい。
現にそうして暮らしている人たちもいます。

でも、現代の社会では、それは難しい。

だから、未来は。

AI にしっかり働いてもらって、
人間は、より魂の成長、よろこびを追及していけばいいと思うんです。

生活ができない?
今の社会ではできません。
でも、それは変えられるんじゃないかな?

AI にとって変わられる?
思い切って、仕事はお願いしちゃおう!
やりたいことだけ、やろう。
別のことをすればいい。

何かすることがないと、落ち着かない。
もちろん!
自分を、人を、喜ばせることをしよう!

最初は自分の目標が持てなくても、
誰かの目標を支えたり、助けたりすることで、
やがて自分の目標が見えてくるだろう。

そんなことを、私としては珍しく研修で
熱く語ってしまったら、担当者に

「未来から来ました?」

と、突っ込まれてしまいました。

穴だらけ、理想だらけ、夢物語だらけ
なのは、百も承知です。

でも、いま必要なのは、
おびえることでも、拒否することでも、怖がることでもなくて、
受け入れたり、自分を信じたり、他者を信じたり、
美しいものを愛したり、優しい気持ちをもったり
自分の中にある、複雑な思いを受け入れたり、

そういう、真善美 を
もう一度、自分の中に落とし込むことなんじゃないかと
思うんです。

未来が美しいもの、優しいもの、明るいものであるように、
何もできなくても、
気持ちを変えられれば。

女性性は、行動できなくても、
周りに気持ちを届けることは上手なんだと思います。

そうやって真善美に触れて育つこども達
接して生活をしていく大人たちが、
少しずつ 変わっていって、
それが大きな未来へのうねりになるのかな、と思います。

人間のダークサイドを否定することが
無いようにすること、見ないようにすることが、
真善美に近づくことではないと思います。

しっかりみて、確認して、
受け入れるべきは受け入れ、
否定するべきは、否定する。

そこに 真があるように思います。

私も、しっかり未来について
思い描いていこうと思っています。

youko