絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

September 2018

心持ち(長いです) 

先日、会社の研修を受けてきて
それからずっと、ぐるぐるしている思考をまとめてみます。


こども達の未来は、どうなっていくのか?


最近よく、

数年後には、今ある半数以上の職業は、なくなってしまう

と、聞きませんか?
これに危機感を覚える方も多いのではないでしょうか?

私も初めてそれを聞いた時に思ったことは
「怖ろしい世界になるな。
そんな時代に青年期を迎えてなくて良かったな」
と、そんな自分勝手なことでした。

でも、それは言い換えれば、大事なこども達が
生きていく世界なんです。

初めて聞いた時から、ずっと、
だれかAI 対して、未来に対して
ポジティブなことを言っていないか
心配ね、じゃなくて、楽しみね、って言っていないか
ずっとアンテナを張っていました。

残念ながら、私が耳にしたのは、1人だけ。
ラジオのパーソナリティーの人が
「私はAIが発達するのはいいことだと思うのよ。
人間は賢いんだから、きっとうまく共存する道を
歩んでいくと思うの」

そう、まさに、そう思いました。

そこから、よーく 考えて。

そしたら、ものすごく、基本的なことにたどり着きました。

人が生きていく上での喜び、幸せは何でしょう?

魂が成長すること
他者とつながっていけること
ではないでしょうか?

その時、その大目標に、仕事っているのかな、と考えると
現代社会では、お金を得るために仕事をしている
また、仕事をすることが生きがいになっている人がいる

でも、それは 一番が仕事じゃなくてもいいんじゃないかな?
と思ったのです。
生きがいに、金銭を絡めなくてもいい。
快適になることに、金銭を絡めなくてもいい。
現にそうして暮らしている人たちもいます。

でも、現代の社会では、それは難しい。

だから、未来は。

AI にしっかり働いてもらって、
人間は、より魂の成長、よろこびを追及していけばいいと思うんです。

生活ができない?
今の社会ではできません。
でも、それは変えられるんじゃないかな?

AI にとって変わられる?
思い切って、仕事はお願いしちゃおう!
やりたいことだけ、やろう。
別のことをすればいい。

何かすることがないと、落ち着かない。
もちろん!
自分を、人を、喜ばせることをしよう!

最初は自分の目標が持てなくても、
誰かの目標を支えたり、助けたりすることで、
やがて自分の目標が見えてくるだろう。

そんなことを、私としては珍しく研修で
熱く語ってしまったら、担当者に

「未来から来ました?」

と、突っ込まれてしまいました。

穴だらけ、理想だらけ、夢物語だらけ
なのは、百も承知です。

でも、いま必要なのは、
おびえることでも、拒否することでも、怖がることでもなくて、
受け入れたり、自分を信じたり、他者を信じたり、
美しいものを愛したり、優しい気持ちをもったり
自分の中にある、複雑な思いを受け入れたり、

そういう、真善美 を
もう一度、自分の中に落とし込むことなんじゃないかと
思うんです。

未来が美しいもの、優しいもの、明るいものであるように、
何もできなくても、
気持ちを変えられれば。

女性性は、行動できなくても、
周りに気持ちを届けることは上手なんだと思います。

そうやって真善美に触れて育つこども達
接して生活をしていく大人たちが、
少しずつ 変わっていって、
それが大きな未来へのうねりになるのかな、と思います。

人間のダークサイドを否定することが
無いようにすること、見ないようにすることが、
真善美に近づくことではないと思います。

しっかりみて、確認して、
受け入れるべきは受け入れ、
否定するべきは、否定する。

そこに 真があるように思います。

私も、しっかり未来について
思い描いていこうと思っています。

youko

ほどほどに・・・

秋の夜長に
亡くなった母をふっと思い出した。

母は家事も仕事も育児も一生懸命で
眉間にシワを寄せながら頑張っている姿が印象に
残っている。

そんな忙しい中、
叔母(母の姉)と電話で話しをしている時は
穏やかで、よく笑っていた。

そんな母の顔を見ると嬉しかった。

今の自分はどうだろう
頑張りすぎていないか
息抜きはしているだろうか・・・
笑っている???

・・・頑張る姿は素敵だけど
頑張りすぎていると一緒にいて
居心地が悪い。

「力を抜いてほどほどに・・・・」

気が付かないうちに
頑張りすぎている私に
そんなメッセージを届けてくれたのかな


mici














◯◯の秋

読書の秋にしたいなぁ
と思いながら、
食欲の秋、になっていて
ちと、焦っています(^^)

変わりやすい天候と、
涼しくなる夜。
夏の疲れが出たり、
体調を崩しやすい時期ですね。

こんな時は、
休息と、リンパマッサージ!

リンパマッサージをすると
この時期、かなり、痛い…です。
滞ってるんですね。

運動の秋、
とまではいかなくても
自愛の秋
は、いいかもです。

お時間あったら、
ケアエクサにも、お出かけくださいね。


各地で、自然災害が起きています。
どんなに大変なことも、
次々と起こるなか、
リアルなつながりがないと
麻痺してしまいそうです。

でも、1つ1つの出来事に
痛みがあると、思っています。
何もできないこと
そんな自分に、
自分で自分を痛めてしまう人がいることも
知っています。

まして、秋に向かう時期は
心も調子を崩しがち。
そんな時も、
ぜひ、いらしてくださいね。

いつでも
誰にでも
ドアは開かれています。

youko

コントロールしないでね

思春期を迎える頃
反抗期を迎える頃は特に

子どもを、理詰めでやりこめないでほしい。

小さい頃から、
あなたには、これがいい
と、コントロールしすぎないで欲しい
今を生きている子どもに
未来の選択は難しい。
でも、その練習をちゃんとしないと。
大きくなってから、
いきなりはできない。
間違っても
非効率でも
自分で決めて
自分でその責任を取らないと。

ほんとは、見守る方が辛いことも多い。
飲み込む言葉が多いほど
胃は痛くなるし。


抑えられて反抗期を迎えた子は
とてもとても
大変な時期になる。

親から巣立つには
それぐらいのパワーを出さないと
逃れられないからだろうと思う。

親は本当に無意識に
これがあなたのため
これがあなたに1番いい
と決めつけるけど

その子の人生なんです。

転んでも、怪我しても
そこからどうするかが大切。

痛そう、可哀想
で、取り上げではいけない
大事な経験なんです。

わたしの持論ですが
転ばぬ先の杖
は、自分で作らなきゃ意味がない
と思うのです。

どうぞ、どうぞ
子どもをコントロールしないでください。

youko