絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

December 2018

新年に向けて

寒波がやって参りました。
厳しい寒さの中、
みなさま大掃除に奮闘なさっているでしょうか?


年の瀬も押し迫った此の頃
『女子のための絵画セラピー講座』が、
2週にわたり行われました。

サークルの方々は何度もリピートなさっていますが
そんな中、Kさんは特に目を見張るような変化が
毎回絵に表れて
絵を最初から順番に並べてみると
その変化と進化に驚かされます!

やはり月に2回のケアエクササイズで
ご自身と向き合っていること…
伊達じゃないな~と思い、惚れ惚れします。


最初は描けなかった人物が、
次には小さな窓から少しだけ顔を覗かせている
次の回には外に出て来て、でも木の陰に隠れている
次の回には山頂に立ち風に吹かれている
そして今回は、とても大きな人物が
堂々と描き出されていました!


前回のⅯさんもお伝えくださいましたが

こんな風にご自分の心の在り様が具現化して現れ

そしてご自身で可視化できる!というのが

絵画セラピーのすごいところだな~~といつも思います。


その日のうちにKさんからメールが届きました。

「いつも力を頂き、ありがとうございます。
絵画をやる度に、自分の変化と気づきに驚きます!

そして私の判断は間違っていなかったのだと
自信になるのです!!」



今年一年、
みなさまにとってはどんな年だったでしょうか?

残すところあと二日…
絵画でなくとも、
ご自分の心や気持ちの振り返りををしてみるのも
いいかもしれません。

そして、
もっともっとご自分を知りたくなったら…

もっともっとご自分を信じられ、
好きになりたくなったら…

もっともっと進化したくなったら…


新年には、風に揺れる木々の門を叩いてみてください!


正直に自分の内面と向き合い
一生懸命に生きようとなさっている方にこそ
『絵画セラピー』と『心と身体のケアエクササイズ』が
役立つことを願っております!

本気で自分に向き合いたい人、待っています!!


最後になりましたが、
今年ご縁のあった方々、ありがとうございました。

みなさまにとって、2019年が良き年となりますように


kimiko












トライ&エラー

先日の勉強会での学び。

それぞれが、反省点を述べていた時のこと。
自分のやったことに対して
うまくいかなかったと思ったら
やはり、失敗したかなーと思うのは人の常。

しかし師匠の一言。

やってみたことが大事。
いろんなやり方を試す。
失敗した時には痛みも伴う。
でも後退したと思う必要は全くない。
むしろ良い方向に近づいている!

やらなければよかった、
ということは一切ない。
やらないことの方が問題である。


なるほどー!!

と、とてもすっきりした気持ちになりました。


トライ&エラーという言葉を
最近よく耳にしますが、

英語的には
trial and error だそうです。

trial-and-error approachというと
試行錯誤をしてみる、ということ。

そうか、試行錯誤の一環。
上昇していくための大切な手段。

1回1回のことだけを見て
反省したり、一喜一憂するのでなく
もっと大きく物事をとらえる。

人が成長していく過程って
まさにその繰り返しですものね。

偉大な発見や発明をした方も
「99回失敗しても100回目に成功があるかも。」
「失敗は成功の母。」
というような言葉を残されています。

何度も何度も様々な方法を試してこそ
最終的に成功が待っている。
そして成功することを信じている。
自分を信じて進んでいるんですよね。
そこが一番大事なのかもしれません。

そんな風に思えたら
日々のあれこれも次へのステップ!

事柄によっては失敗99回はやりすぎでしょうが
それでも100回目を信じることは
大事だなぁと思いました。

私は割と楽天的。
ポジティブ思考なので取り入れやすい?
それでも自分の失敗って
穴があったら入りたくなったり
ダメージ受けることもありますよね。

でも失敗も指摘も
割と素直に受け取れるように
勉強会を重ねるごとに
みんながそうなってきました。

言い訳をしない。
受け取って、次の一手を考える。

自分の守りに入ると
言われたことばかりにとらわれて
それを回避する方法、
自分を楽にする方向に
行ってしまう人も多いと思います。
自分のマイナスを見ることができない人。
マイナスを認めたくないのかな。
できたら、なかったことにしたいのかな。
認めちゃえば楽なんですけどね。
だれだってあるものだから!

自己反省はするけれど
そこにとどまらない。

とても潔く気持ちの良い仲間です!

トライ&エラーは大事ですね。
自分の英語教室の生徒にも伝えました。
失敗を恥ずかしいと思わずに、
次につながるステップにすればいいこと。

中学生は、失敗ノートというか
苦手なことを書きだした
ノートづくりをしています。
中1初期なら
「ピリオドを忘れない!」とか。

これを今回、サクセスノートと改名。

失敗は成功の母だから。

テストで間違えたところや
問題集をやっていて、
最後のまとめ問題でも
まだ覚えきれていなかったことなどを
小さなノートに、カラフルな大きな文字で
印象に残るように書いています。

前は、パーフェクトノートとか
ポジティブノートとか読ん呼んでいましたが、
これからは サクセスノートにします(^_-)

「試行錯誤」って、
迷っているイメージも多少ありましたが
これは前向きのアプローチだったと
見直しました。

問題を解くというようなシンプルなことから
自分のあり方、というような
人生に関わるようなことまで…。


トライ&エラー

たくさんやった人ほど
土台がしっかりできてきて
ゆるぎない自分になっていく。

来年のスローガンにしようかな♪


miwako













課題は巡る

クリアしないままの課題は、

重症化しながら、

必ず節目節目で巡ってきます。

自分もそう。

でも、人のことのほうが

傍から見る分、

よく見えるのかもしれません。

課題は、大変なことが多い。

なぜ、自分だけ? と思ってしまう。

こんなこと、遭遇している人

あんまり聞きませんけど、とかも。


純粋に、魂は自分の成長を願っていると信じるとき、

めぐってくる課題は、

成長への無意識の欲求が与えているもので、

その課題をクリアすることで、

成長ができるはず。

でも、それを逃げ続けてしまったら、

魂はどうなるのでしょう?

私にはわかりません。

でも、想像はできます。

それは、あまりよくないものになりそうです。


課題がくることに、

年齢は関係ありません。

こどもにも

老齢の方にも

その人の魂が成長したいと臨む限り

課題がそこにある、と認めない限り

めぐり続けるのではないでしょうか。

youko















プライベート絵画セラピーご感想<2018.11>

毎年言っているような気もしますが…

本当に一年経つのが早いです!
年を取ればとるほど早いと、昔の人は良く言ったものだと感心します。

そんな中、
プライベート絵画セラピー講座を行いました。

また、ここから2回の絵画セラピー講座
(今年はなんと28日まで!)
スタッフみちさんによるモニター企画が開催されます。

一年の締めくくりとして、この一年を振り返り
ご自身の心の整理とリセット、そして癒され…

そこから来年に向けての
奮起につなげていただけたらな~~
と思います。

では、早速いただきました
プライベート絵画講座のご感想を
掲載させていただきます^^
(尚、ご本人からの許可を頂いて、転載させて頂いております)




本日はありがとうございました。


もう、今日は気づきが沢山で…
スッキリ色んなことが腑に落ちました。
頭と心、両方で納得できました。

全ての根源はここ!

説明しないこと

自分で処理してしまい、人を寄せ付けないこと

「受け入れる」を大きく勘違いしていたこと( 笑 )


線となって、繋がりました。

本当にスッキリしました!

導いてくださり、本当にありがとうございます。

今日お会いできて本当に良かったです。




そして後日また、その後の様子や心情を

改めてお送りくださいました。

有難いことです!!



今、とてもスッキリしてます。
自分のカラマリの元がわかったから( 笑 )

季美子先生からのアドバイスは
スーッと入ってきます。

気づきと納得出来るものを頂けました!

あとは、私がどれだけ実行できるか!!


絵を描いている時は、
妄想世界にどっぷりハマってました。

描きながら、すっきりもします。

思いを吐き出せる。

描いている時も楽しい。

そして、なんといっても可視化出来るのが、
素晴らしいです!


自分の思いが目に見えるから、
気持ちをだませようもない。


自分の思いを取り出して見ているイメージを、
いつも受けます。


そこをわかりやすく読み解いて下さる
季美子先生のお力も、素晴らしい

「伝道師」って思っています。
季美子先生、伝道師って言葉がピッタリです!!


絵画セラピー、大好きです♡

皆さんに知って欲しいです。

今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。




ご興味のある方、是非門を叩いてみてくださいね^^

きっと新たなご自分が両手を広げて待っていますよ~














クリスマス会でした。

日曜日は教室のクリスマス会でした。

毎年のことですが、発表会も兼ねているので、

毎回毎回、準備に奔走し、

ぎりぎりまで準備して、

当日を迎えています。

お手伝いを頼むことが苦手で、

ついつい家族に頼んでしまいますが、

特に主人は、嫌がりもせず
(そぶりをみせてないだけかも??)

協力してくれます。

今年も無事終了し後、

帰宅中の車の中で、

「今日は、本当にありがとう。

とっても助かりました。」

と伝えたら、普段あまり言葉にしていないせいもあり

「それは来年もよろしく、の予約?」

と笑って言われました。

あ、そうかも。と二人で大爆笑。

準備中は1人で忙しく、イライラもしていましたが、

こうして黙って協力してくれる家族に

とても感謝をしています。

そんなことを再認識した一日でした。

youko












行動する!

今年のカレンダーも最後の一枚になりました。
1年はあっという間ですね。

あのスーパームーンを見た1月、
少し仕事を整理したいと思い立ち、
(本当は今までも時々考えていたこと)
決意表明をしました!

もっとやりたいこと、やるべきこと、
心が動くことに集中したくなった、
という感じです。

丁寧に心情を伝えましたので
引き留めたいけれど、応援すると言ってもらい
頃合いを見て、退くことを認めてもらいました。

でも環境って、そうそう変わらないですよね。
責任あるお仕事なので、
さっさとやめるわけにもいきません。
それは自分もしたくない。

でもこれがどうしたことか、許可は得たのに、
なかなか自分にとって良い状況にはならない。
もっと差し迫った事情でやめていく方が複数出たり、
新しい方も、他の仕事にまわってしまったりで
むしろ、どんどん辞めにくい方向に向かっている?
そんな気さえしてきました。

これが試練なのか、
なにかを試されているのか?
ここにとどまるべきってこと??

いやいや、そんな理由をつけてみたって
状況は同じです。
まぁ仕方ないのかなぁと思ってみたり。

人は無意識に変化を嫌います。
どんなにきついことがあったって
慣れ親しんだ状況なら、現状維持が
自分にとっての日常だから。
何も考えず、ただただ当たり前の日々だから。
仕方ないかぁですませてしまう。

日常を変えるのは思ったより勇気がいること。
思うだけは誰でもできる。
思った人と思わなかった人、
はたから見れば、どちらも同じ。

どんなに思いがあったって
思うだけじゃ、何も変わらない。

変化を起こすには行動するしかないのです。
人任せではダメ。
いつか状況がよくなる??
それは希望的観測なだけで
変化を起こす勇気がないってことかも。

多少の摩擦を生んでも、
自分が本当にやりたいことであるなら
自分で行動を起こさないと何も変わらない…

そう思って、動くことにしました!

自分の人生、なるがままに人任せにはしておけない。

なぁんて、そんな大げさなことでもないですが
とにかく自分の思う方向に進むための提案をして
今、それを実行できています。

思っていただけの日々とは
まるっきり心が変わっています。
拘束時間が半分になったので
心のゆとりがはんぱない。

こんなに気持ちも変わるとは
思ってもみませんでした。

「行動する」「自ら動く」
思うだけ、願うだけから一歩先へ!

その気持ちよさも体感できました。

いろいろ思い悩んでいる方、
いつかやりたいと思っていることがある方、
思うだけでいいですか?

今、行動を起こせば少しずつ変わっていくはず。

「願えば叶う」といいますが、
その願いに向かって小さくても一歩踏み出すのは
他でもない、自分自身。

ちょっと面倒です。勇気もいります。
でも「エイ!」と自分に掛け声をかけて
行動してみるって、大事だなぁと思います。

自分が変わると周りも変わっていくんですよね。

私も次の一歩をまた踏み出したいと思います!


<追記>
諸々の状況で、踏み出すことができない
そんな時期もあると思います。
私も数年間そうでした。
だから、そんな時はどうぞ焦らずに♪
自分のタイミングで大丈夫です!


miwako