絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

January 2019

決めたこと

新年を迎え1ヶ月が過ぎた今
年頭に決めたことを振り返ってみました。

それは
自分の良いところを見つけていくこと。

これまで自分が思い描いたように
物事が進まなかったり
失敗したり
嫌なことを言われたりしたとき
反省して自分を責めたり
相手のせいにしたり
自分で収まるところを探して
消化してきました。
本当に消化できていたのかどうかは
わかりませんが…

何でこうなってしまったのだろう?
ストレスだ。
どちらが悪いの?
と思い悩みますが結果はこうなった
そのことを
受け入れられた自分を
認めて良しとするということ。

顔に出さず頑張ったね~
切り替えられて偉かったね~
自分育てかもしれません。

頑張った自分
偉かった自分
成長している自分を
見つけていく年にします。

勉強会やケアエクサを通して
自分の気持ちと向き合い
自分の気持ちを受け入れることを
実践しているから
決められたことです。

terumi


大人絵画 ご感想(2018.12月)

ここのところ、寒さ厳しい毎日が続きますね。
みなさま、お風邪などひいていませんか?

年が明けて、もうひと月が経とうとしています。
そろそろ日常が戻って来た頃ですね。


さて、暮れには9名の方々を迎えての
「絵画セラピー講座」でした。
ご感想を掲載いたします。


    

先生、昨日はお世話になりました。

絵画セラピーはこれからの私の人生において
必然的な出来事でした。

何とはなしに自分が感じていたことを先生に言葉で表現して頂いて
「それでいいのよ」
と背中を押された気持ちです。

これから自分が迷ったときにとても助けになります。

何だか年を重ねていくのも楽しみになってきました!


素敵な時間をありがとうございました。


<S.Tさん>


知り合ってから4年が経ちますが
今回初めて絵画セラピー講座にご参加くださいました。

普段から周りを気遣い、子育ても一生懸命で
何よりご自分をいつも内省していらっしゃるTさんの
知らなかった部分を絵から教えられ、益々応援したくなりました!

真面目に生きるTさんにとって
このセラピーが力になれたこと

とても嬉しく思います!!



    

はじめのリンパマッサージは
心地よい気持ちになるのに程よい運動で、
絵を描くときに、他のことをあまり考えずに描ける
手助けになっていると感じます。


自分の描いた絵から自分の分析を観れることは
あまりない体験だと思うので貴重だと思います。

1つの客観的意見として
自分のことを理解するのにとても良い機会だと思いました。


S.Eさん>


今回お母様と妹さんと共にご参加してくださったEさんは
3年前の高校生の時に初めてご参加くださったのでした。

今では希望の難関大学に通われており、
前よりも更に輝いて『自分自身を生きている!』という
自信のようなものが
見えました。

そして私がとても驚いたのが、
前回お伝えした私の読み取りやアドバイスを、
たくさんたくさん覚えていてくださったこと!

若さ溢れる彼女の中に、
私の言葉が刻まれていたことはとても嬉しかったです。
これからに対する力を頂いた気持ちです!!


    


気持ちの整理に...

次への一歩のきっかけ作りに...

自分自身をより深く理解するために...

自分を労わって応援するために...

一度ご参加してみませんか?


Kimiko








決められないこと、決めないといけないこと

こども達に教えていると、ジャッジをしなくてはいけない場面に出会います。

「どちらの方が、上手に○○できたでしょう?」
「どちらの方が、わかりやすかったでしょう?」

私はこれが、ものすごく苦手です。
そこまでたどり着いた道筋が十人十色で、
みんな、それぞれの精一杯が感じられるからです。

5できる子は5
10できる子は10

みんな100頑張っているのに、
結果だけ見たら、5と10

そこにどうしてもジャッジができずにいました。
でも、それは自分の弱さなのかな、と今なら思います。

本当にそれぞれのことを思うなら、
勝つ経験と同じぐらい、負ける経験も大切で、
それぞれに不満に思われないためには、
自分を信じて、ジャッジ基準を明確にする。

いいことはいい、
ダメなものはダメ。

色々気持ちで思うことはあるけれど、
それはそれで、別に伝えるべきもので、
ジャッジに入れるものではないのかな

と、そんなことを思うようになりました。

人間は、失敗や後悔から学ぶと信じられるようになりました。
いや、もともと思ってたけど、
より強固に信じられるというべきかな。

なので、「その子の成長に必要なジャッジ」を
今年はしっかり見つめて実践していきたいと思います。

youko

新年を迎えて

1月も半ばを過ぎ、新たな1年の始まりを迎えてからも
あっという間に時間が過ぎていきます。
以前、友人に
「人は生きてきた年数分の1の速さで、年をとるんだって」
といわれ、その当時も、なるほど、1歳のときと20歳の時では
時の流れる速さが違うと思っていましたが、
今になり、改めて1年の経つ早さを感じます。

そんななか、今年がんばりたいこと、となんとなく
思い描いてみると、「実践と収穫」になりました。

今まで色々学んできたことを、学びっぱなしにするのではなく
一つの成果を出すつもりで、取り組んでみたいと思っています。
それは、絵画しかり、仕事しかり。

すこしずつでもいいので、
自分の成長を、自分で感じられるような
そんな1年を過ごしたいと思っています。

youko

去年の漢字・今年の漢字 2

メンバーの先日のブログに続いて私も同じワーク、
「去年と今年を表す漢字」についての振り返り。

 

私にとって昨年の漢字は、『縁』

お世話になった人々、
一緒に楽しい時間を共有した人々、
一緒に悩みながら考え、
親身になって気持ちを伝えてくれた人々
が浮かんできました。

中には暫く遠ざかっていたのに
また近しくお会いする機会が増えた
嬉しい人もいました。

 

一人一人のお顔を思い浮かべると
本当に『感謝』の気持ちが溢れてきて、
今日自分があるのはその方々のお陰。

そして私もまたご縁のある方々に
誠意を持って
今後もお付き合いしたい
と心から思いました。

 

今年のは漢字ではないけれど『ゆとり』

私のゆとりには3つあります。

時間的ゆとり
後回しにせず前倒しで計画的に進めていけば
予期せぬことが起きても対応できるように。

心のゆとり
何事も考えすぎず、ゆったりと心の平和を保つ。
視点を変えるだけでも物事の見方が変わる。
時には自分で抱え込まず、
人に委ねる、
手離すことも。

空間的ゆとり
これは後から思ったことですが、
断捨離でお部屋をスッキリすれば
心も落ち着くし、
新たなチャンスが入ってくる可能性も。


まずは手始めから断捨離に取り掛かっています。
ちょっとお部屋のレイアウトを変えただけでも
使いやすく、
気持ちがすっきりしています。

 



kumiko

たからもの

毎月1回
絵画セラピーの勉強会が
開かれている。

その勉強会毎に作成される
大切なレポート

『大切な』と付けたのは・・・

昨年末から
第一回の勉強会レポートを
読み返している
70回以上開催をしているが
まだ40回を過ぎたところ・・・

そこには
絵画を通して、
その都度出てくる課題に
真摯に向き合う自分、仲間に出会える

積み重ねられた月日、
葛藤や気持ちや思いが書かれている

少しずつだが自分の成長も感じられる瞬間
嬉しい気持ちが沸き上がる

絵画セラピーに対する基本姿勢、
セラピストとして大切な心の在り方・・・

丁寧に綴られている
レポートは
本当に大切な宝物

michi

去年の漢字・今年の漢字

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


先日の心と身体のケアエクササイズでは、
昨年を振り返って、それを表す漢字を
それぞれが考えました。

それぞれが少し離れた席に座り
15分ほど…静かに1年を振り返ると
あぁそういえばこんなことがあった、
あんなことがあったと
楽しかったこと、嬉しかったこと、
驚いたこと、理解に苦しんだことなどなど
その時の気持ちまで思い出します。

私が選んだ漢字は「進」

年末に書いたように
去年は一大決心をして
日常を変えるべく、一歩踏み出しました。

一歩前に進むと
思った以上に様々な変化が訪れ、
新しい景色を見ることができました。

人間関係では似たような事象が
何回か続けて起こり、
それに対する自分の反応を
冷静にみつめる機会をもてたことでも
学びがありました。

いつもの自分の感覚は
慣れ親しんでいるものなので
こうなったらこう動く、こうしたい、
こうあればもっといいのに…
という展開があるのですが
それは自分の特性から来るもので
(そういうヒントをいただきました)
一歩ステップアウトして客観視すると
それが自分にとって
それほど必要なことではなかったと
思えるようになったり…

理解に苦しむ…いや苦しまなくていのかな。
理解できないことは山ほどあるのだから。

自分の課題・人の課題、
もっと意識できるようになってきました。

漠然としてますが、
自己客観視がさらに進んで
より軽やかになった気分です。

体験をとおして、学ぶこと、
感じること、誰でもあると思いますが
それをさらに後から振り返ることは
大人になってからはなかなかないですよね。
行事ごとに作文を書いたりしないですから(笑)

再度見つめなおして、再度味わって、
一段深く掘り下げてみる。
去年のことにとどまらず
自分の幼少期からを振り返ったり、
とても意義深い作業でした。

もちろん、その作業を見守って
適切な言葉がけをくださる師匠や
シェアしあう仲間の存在のおかげですが!

そして今年の漢字は…

私は「楽」が浮かびました。

今年はなんとなく
リラックスして自然体で楽しみたい。

楽したいってことじゃなくて。

しゃかりきに頑張るのでなく
いい感じに力を抜いて
仕事もプライベートも
楽しみたいなと思います。
軽やかにっていうイメージ♪

そして
自分だけでなく周りも楽しくなったらいいな。
家族や友人、仕事仲間。
一緒に楽しむ人が増えたらいいな。

これも昨年の働き方改革?のおかげかも。
まだ完全に退けたわけではないですが
心と身体に余裕が生まれました。

去年が「動」だったので
今年はなんとなく「静」の気分。
穏やかに自然体で向上していきたいなー。

目標に向かって進むぞーという年もあるけれど
今年は力を抜いたほうがうまくいく予感。

心も身体も軽やかに!

そうです、お正月の食べ過ぎも
これからシェイプアップして解消せねば。


miwako