絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

May 2019

拠り所

生きていると
いくつもの分岐点があって。

その時に
なにを選ぶか
どう選ぶか

は、その後を形作っていく。

その選択に際して
拠り所になるのは
やっぱり、クサイ言い方ですが
夢と希望
なのかな、と思います。

それは迷子になりやすい場所でもあるので
日常からおりにふれ
思い返し、
修正して、進んでいく。

今いる一歩の際にしか
未来は繋がっていない

と、凡才は思います。
天才はまた別の理論で
生きてるのかもしれませんが。

拠り所になる
夢と希望を持とう。

youko

すぐにはわからない事

子どもの頃

自営をしていた実家は
お休みがお正月のみという年中無休のお店(コンビニではないですよ)。

家事にお店の事に多忙な母で、
母と二人で落ち着いて話しをした記憶があまりない私です。

もしかしたら、
たくさん話をしたのかもしれないのですが
「相談にのってもらった」
「じっくり話をした」
「お茶を飲みながらゆっくり今日の出来事を話した」等という
記憶が思い出せません。

しかし、お店を営んでいたことにより
昼間や土日に
従妹や叔母(母の姉や妹)が家を訪ねてくることが多く
母は従妹や叔母といつも楽しそうに、お茶を飲みながら
いろんな話しをしているのを見ていました。
正直、その光景はとても羨ましく思っていました。

・・・私の話しももっと聞いてほしい
という思いを持ち続けていましたが、
結局その思いを伝えることなく
母は他界してしまいました。

それから月日が経ち
先日母の姉、叔母が他界をしました。

何年も疎遠になっていた
従妹や叔母に会いました。

私にとって、
遠い存在に感じていた従妹や叔母でしたが、
会った瞬間
そんなことは全く関係なく
時間や距離がギュッと縮まり、
つい最近も会っていたかのように
普通に話をすることができました。


きっとそれは
生前母が大切に従妹や叔母たちと私たちを
繋いでくれていたお陰だなと
感じました。

他界した母を近くに感じる瞬間にもなりました。

直ぐにはわからないこと
月日が流れて分かっていくこと
があるんだなっと
思いました

母の日は過ぎてしまいましたが
お母さんへありがとう♡

michi













新しいこと、続けていること

この春は、色々と転機がきているなと感じています。

新しい学びを始めたこと
新しい仕事に縁があったこと
こども達の状況が変わったこと
実家の状況が変わったこと

どうせなら、1つずつゆっくり来てくれればいいのに、
来るときはまとめてくるものなんだな~。

そんな中、続けていることをもう一度振り返っています。
もともと、あれもこれも とは手を出さないほうなので、
この、時間的にも、気持ち的にも切羽詰まってきた状況で
全部は抱えていくことが難しいときに、
何を、どう、優先するかは、
人生の選択なんだな、と感じています。
また、ここに、自分の悪癖が出てきているのも自覚できました。

忙しい時は、頭も体も、心もフル回転。
回転が回転を呼び、どんどん加速していきます。

でも、やっぱりそのままいくよりは、
時々休憩をして、振り返ることが大切だな、
と自分に言い聞かせながら、過ごしています。

youko

頭で考えすぎないこと

かの有名なブルース・リーも
映画の中で言っていました。

Don't think.
Feel.

考えすぎてはダメなのです。

何かをするとき、
人は考え、判断をし、行動を決めます。

答えを求められたとき、
思考を巡らせ、最適の答えをだそうとします。

自分の感情はおいておいて。

ほとんどの大人はそうですよね。
それが求められる場面も多いですから。

でもそれが日常になっていると
自分がどんなふうに感じているのかさえ
わからなくなってしまうことがあります。

大人になるほど頭でっかち。

もちろん、考え抜いてやるべき時もある。

でもふっと力をぬいて
自分の感覚に集中してみる。
そんな時も大事だなと思います。

あ、これって瞑想も同じですよね。
超リラックスした状態になると
本当にどこまでも自由に飛べる気分になるし
とてもリフレッシュできます。

自然の美しさに圧倒され、
パワーをもらうこともありますよね。

きっと頭の中が忙しすぎたら
美しい夕陽にも気が付かないかもしれません。

Feel.

感じることに集中できたら
無限のパワーが発揮できるのかも?!

ブルース・リーのように戦う必要はありませんが。

ジェダイの騎士も同じです(^_^)

昨夜のドクター・ストレンジでも!!

できないと思ったら決してできない。
考えてはダメ。
判断してはダメ。
委ねる。

自分の感覚を信じる。

映画からも学べますねー。



頭で考えすぎてるなと思ったら
一息つきましょう。


Just feel !


miwako









「違う」ってこと

日差しが眩しいゴールデンウィーク後半

出かけたい気持ちとゆっくり過ごしたい気持ちが入り混じり
なんだかフワフワ~っとしていたので
そんな時は
大好きな音楽を聴きながら
家で掃除したり、本を読んで過ごします

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

親子に関わる仕事をしています
そんな中でよく聞く言葉

「相手を大切にしなさい」
「みんなと仲良くね」
「ごめんなさい!でしょ」

私たち大人には
こんな思いがあるのではないでしょうか

★相手の気持ちを思いやる子に育ってほしい
★みんなと仲良くできる子になってほしい
★悪い事をした時は謝る子になってほしい

しかし
その時の
子どもの気持ちは・・・

「使っている大好きなおもちゃ、
今はどうしても貸したくない。
もっと遊びたい」

「相手の使っているおもちゃがほしい!
でも、上手く伝えられない・・・」


小さな子の心にも
色々な感情が湧き出ていて
それに子どもが自分で
気が付くまで随分と
時間がかかります。

そんなときは
近くにいる大人がゆっくり
その気持ちに寄り添ってみてもいいですね

「まだ遊びたいよね」
「このおもちゃだいすきなんだよね」
「貸して~って言ってみようか」
等々

これから
成長する過程で
わかるようになってきますね

ただひとつ
忘れてはいけないのは
気持ちを理解するスピードは
それぞれみんな違うってこと

そしてそれは
経験をしていく中で
わかっていくもの
焦らず、気長に待ちましょう

そして
私ももう一度、心に留めておこうと思います
「スピードが違う」ってことを


mici











緑がたくさんあるところ

10連休まっただなかですね。

どこへいっても人がたくさん、
道路は渋滞…と思いきや、
そうでもないところもありました。

いつも節分前の混んだときに
お札をいただきに行く神社のことを
ふと思い出して、
電車で行ってみることに。

混雑する期間は
ご朱印のサービスも休止なので
今の時期なら、
令和のご朱印がいただけるかなぁと。

明治神宮が大混雑していると聞き、
ちょっと心配していましたが
早稲田方面は人も少なく
とても静かで落ち着いていました。

参道の両脇にずらっと連なるお店も
この時期はひとつもなく、
雰囲気が全く違うことにもびっくり。

古い神社やお寺には
大木がありますよね。
都会のオアシスとはこのこと!

こんなに緑豊かな場所だったとは、
冬にお参りしたときには
気づきませんでした。

時が静かに流れている感じ…

緑がたくさんある場所って
空気もとても新鮮な気がします。
森林浴ってことかしら?

思いがけず、
とってもリフレッシュできました。

人ごみを避けて
緑の中で一息つくのもいいものですね。

案外身近なところにも
たくさん緑があるものです。

芝生の上に大の字になって
寝ころぶのもいいなぁ。

今度はそんなところをさがしてみます(^_^)


miwako

FullSizeRender






























一日一褒め

褒めて育てるとは
子育てのことと
思っていました。

先日のケアエクサで
それは自分やパートナーにも
あてはまるということに
気づくことができました。

家庭内で起こるプチ戦争…
振り返るといつも
些細なこと。

原因は何だろう…

いつもどこかで自分は悪くない
と思っていたり

原因は相手にあると
決めつけていたりしていて

消化不良のまま

そしてまた繰り返す。

そのせいでマイナスを
拾いがちになるし

マイナスを拾えば
マイナスを拾われる。

それなら

素直に良いところを褒めれば
同じように返ってくる⁉

大人の良いことは当たり前のことで

良かったからといって
褒めることなどしていなかった
ことにも
気づくことができました。

褒められて
嬉しくないひとはいないはず

子育て同様
マイナスには目をつぶり
良いところを素直に
褒めること。

自然体で素直に表現するだけのこと。

パートナーに対して
一日一褒め
プチ戦争をなくすために
取り組んでみようと思います。



terumi