絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

kimikoの部屋

『ロケットマン』から学ぶ

『ボヘミアンラプソディー』からこっち
二番煎じの感はありますが…
『ロケットマン』を観てきました。
(以下、観ようと思っている方ネタバレ注意です^^;)

何といってもエルトン・ジョンの楽曲が大好き!
学生の頃から聞いていました。

いつもワーストドレッサー賞に選ばれる 変わり者の天才!
という印象しかなかったエルトン様の半生がどんなものなのか
楽しみに鑑賞しました。

泣ける…

全てがノンフィクションというわけではなく、
脚色された部分も多々あるのでしょうが

繊細で感性の塊のような彼が
幼少期から父に疎まれ、母から心無い言葉を浴びせられ
ずっとずっと得られない愛を求め、傷つき、利用され、
何処までも混沌の中に堕ちていく様に…
そして、そこに流れる美しいメロディーに…
胸が張り裂けそうでした。

ドラッグと酒に溺れ、それでも道化として舞台に立ち続ける
そこでしか生きられないようなエルトン様の生き様に
私が一番好きな『Goodbye Yellow Brick Road』が重なった時には
泣き~でした。


最初と最後の場面は、エルトン様がグループワークの中で
己と向き合い、幼少期からの自分を見つめ、
自分と関わり、影響を与えられた人達と心の中で対話をしていきます。
そしてその中で立ち直っていきます‼

そして最後に、

誰からも与えられなかった<ハグ>を

幼少期の自分に与えます。

誰かから得ようとしていた<愛>を

幼少期の自分に与えます。

今の自分自身で…

そしてそこには、
ずっと自分を支えてくれていた人の存在が
あったことに気づくのです。



この過程…
まさに!ケアエクササイズじゃ~ん!!と思いました!

いつもケアエクサのワークで伝えている事

たとえ親から望んだ愛を貰えなかったとしても
たとえ周りの人達から傷つけられたとしても

今ここに居る自分自身は、もう力のある立派な大人で
自分で自分を癒すことが出来るんだよ

与えられなかったものを
与えてくれなかった人にすがって
「なんでくれないの!?」
「だから私は幸せになれない」
と過去に縛られるのではなく、

今の自分自身で、過去の自分をちゃんを救ってあげよう
今の自分を信じて行こう


そんなメッセージを折に触れ伝え
インナーチャイルドのワークなども行っているのです。


世界中の人々を感動させる楽曲を生み出すような人間でも
苦しみ もがきながら 本当の自分を構築していく…。

生きることは誰しもとても大変だけれど
そこで懸命に生き続ける…
だからこそ尊く、美しいものなのだなぁと思います。


主役の―タロン・エドガ――の演技と歌唱力も素晴らしかったです!!
ネタバレしても観る価値あり!ですよ~~



kimiko
























ご家族 プライベート絵画セラピー ご感想(2019.6月)

長雨の日々が続いた今年の梅雨でしたが
明けたと同時に猛暑となっておりますね。

みなさま、体調はいかがでしょうか?

さて、6月には『ご家族 プライベート絵画セラピー』を
お母様、お姉さん(28歳)、弟君(26歳)三名で開催しました。
周りに気兼ねすることなく、守られた空間での濃い時間でした。

絵画セラピーのみならず、
まずは身体をほぐすリンパマッサージから始まり、
簡単ヨガ  瞑想 の後、今回は家族ならでは!
それぞれの想いを深く知ったり、
お互いに対してどんな風に捉えているかを
楽しみながら見ていく
『感覚のプロフィール』というワークも行いました。

これが殊の外おもしろく、

へ~、意外!そんな風に感じているんだね~
姉は僕のことを意外にわかっているんだな、と初めて知った
そうそう!私のイメージと一緒!私もそんな風に思っていたんだよ

等、いろいろな声が聞けました。
新たな発見があったりお互いの共感が得られた
貴重な時間となりました。

家族だからこそ、
口に出さなくてもわかっている
わかってくれているはず
と思いがちですが、
分かってもらうためには面倒がらず伝えることが
大事だなぁと思いました。
ちゃんとわかってもらえているって、嬉しことですよね!

そうして自分自身の心や気持ちを風通しよくしておくことで
新たな風も入って来やすくなりますね!
閉じていたら繋がれないんだなぁと思います。

では、頂いたご感想を掲載させて頂きます。
(尚、掲載に当たり、許可を頂いております)


絵画セラピー6回目の常連さん お母様から 

先日は、ありがとうございました。

私は、自身の心の中を形として絵に表現できる事で
毎回安定と言うか 確認と言うか、
問題点や現実のものが整理されます。

それにより、次への方向性を見いだせると感じます。

なかなか日常生活の中で気付かない
自身の感情や癖の気付きにも繋がるのです。

いつもいつもありがとうございます。


いつも前向きでとても明るいJちゃん(お姉さん)
この日はお悩みがあり、初めて受講してくださいました

先日は、お忙しい中お時間を頂き、ありがとうございました。
とても、ステキな時間でした!

セラピーというものを体験すること自体が初めてでしたので、
どんなことをするのだろう
何が得られるのだろう
何を感じるのだろう
等様々な思いを持ちながら参加させて頂きました。
 
率直な感想としては、難しかった…
思うように自分の気持ちが出せたのかな?
と思いました。

難しかったというのは、
日頃、立ち止まって自分のことを考える時間というのを取ることがない
(取ることを避けてる?)ため、
改めて「自分ってどんな自分なんだろう」
ということを考えること難しかったのです。

しかし、同時に、自分で感じている点をアウトプットし、
他者からも伝えられることで
「やっぱり自分はそうなんだ」
という納得感に繋がったことがすごいなと感じました。

今回をきっかけに、今の自分より成長し、
また次の機会に、エネルギー溢れる姿で
お会いできたらなと思っております。

改めまして、今回このようなステキな機会を下さり
本当にありがとうございました。



とても素直で頑張り屋さんのJちゃん。

普段のJちゃんにとっては
『信じられない自分自身』と出逢ったかもしれませんが
そんな自分を「ダメじゃん」と思う事は無く
「人生、そんな時もあるよ~~」と
おちている自分を受け入れて欲しい思いました。

『いろんな自分』が居ていいですよね。
人生長いですもん。

そうして受け入れていくことで、
自分の世界がまた広がっていくんだと思います。

応援しています!!!


長くなりましたので、弟君のご感想はまた後程~。


kimiko
    









逆転の発想

昨日の仲良し美容師さんとの話

20歳になる大学生の娘さんが
専門分野のとある難関奨学金を取得できたとのこと。

中学・高校時代はなかなか自分のオタク的な考え方を
わかってくれる友人や教師に恵まれず
「かなりの暗黒時代だった」と本人も言っているそうです。
が、お母さんはその当時から荒れている娘さんに
「オタクのは何が悪い!自分の好きなこと、好きな道を突き進め!
やり続ければ必ず道は拓かれるよ」と話をしていたそうです。

今、この奨学金制度に合格を果たした彼女にお母さんは
「過去の自分に今、何と言ってあげたい?」と聞いたんだそう。
娘さんは「そのまま オタクでいて!」
と満面の笑みで答えたそうです。
素敵な親子関係ですね~~

そうなんです。

今が充実していたなら
今の自分を認めることができたなら
過去を振り返ったとき、辛かった事嫌だった事は必ずプラスに塗り替えられ
自分の中に残っていきます。


親から可愛がられたことがない。いつも心が寂しく辛くて…。
どうせ、誰も私のことなんて愛してくれないに決まってる。

学生時代いじめにあって…。
それがトラウマになって今でも人を信じられない。
人と関わるのが怖い。

親から支配されていた。本当に苦しかった。
今でも心は怒りに支配されている。


そんなお話もよく耳しますが、逆転の発想をしてみませんか?

過去によって造られている今の私
ではなく
今をいかようにも良いものに創っていくことが出来る私

終わってしまった過去さえも創り変えることができるのだ
と。


もっともっと「今」を充実させよう。

何か好きな事に打ち込む
心が楽しい!嬉しい!と思う事をやってみる
きれい事ではない、本音で語れる友人との時間を作る
自分で決めた目標を遂行する

そして、日々の暮らしをきちんと丁寧にこなす

そんなちょっとした事の積み重ねが大事です。

それが、今の… そしてこれからの自分を創って行く…。

そして、今の自分が満たされていたなら…

過去の苦しかったことさえも、
「自分にとって必要な出来事だった!」
と堂々と認めることができるのです。


そして、これができたなら…
怖いものなど、怖いことなど
何も無くなりますよ!!

それが本当の意味で
『楽に生きる』事なのではないかと思っています。


☆*:.。. kimiko .。.:*☆








大人絵画 感想(2018.12月)

桜の花も咲き始めたと思ったら
寒さがぶり返してきましたね。

この時期は一年で一番不定愁訴に悩まされる時期です。
花粉症も辛いですしね~~
ご自愛ください❤

本日のケアエクササイズも、気づきと学びの多い会となりました。
カラーイメージセラピーでは
様々な応援と、一歩先に進むアドバイスなどをそれぞれが受け取り
リンパマッサージと共に、晴れやか・軽やかになって終了しました。
ご興味のある方
成長を望む方
是非一度、ご参加くださいね。

さて、明日はお姉ちゃんの時から絵画セラピーの常連さんで
悩んでいる周りの皆さんにいつも絵画を勧めてくださるAさんご企画の
『子どものための絵画セラピー』開催です!!

こども達の心からの笑顔を見られますように☆
アシスタントの美千子さんと、頑張りまーす!

さて、暮れに行いました『オトナ女子の絵画セラピー』
遅ればせながら、頂いておりましたご感想をご紹介します。



絵画セラピーの感想、大変大変遅くなり、すみません。

改めて絵を見返したのですが、
あの時はあれがせいいっぱい?の表現だったと思うのですが 
あれ?なんか今ならもっと描けるのでは
と思いました(絵がシンプルすぎる!ので)

と、思うと、日々の気持ちや考えていること、思っていることって 
毎日違うんだなと改めて思いつつ…。

そして自分の中では自分はあまり変わっていないと思っていたのに
以前参加し描いた絵と見比べたら、歴然と変化していることに驚きました!

振り返りって大切で、このような機会を持てて貴重だなと思いました。
ありがとうございました!

絵にも表れていましたが、昔は家族一緒だったのに、
今年は現在長男は語学留学し初めて長期離れて不在。
長女も5月には旅立ちます。
次女も手が離れている状態。
ですから、今年は自分のための時間を作って 
自分磨きを少しでもしたいと思います。
今月のケアエクササイズに出席しまーす。

<Y.Sさん>




kimiko

どちらを選ぶのも大切なのは覚悟!

風に揺れる木々の活動も、10年目を迎えました。

そんな中で、今まで様々な思いや考え、
出来事を伝えてきましたが、今振り返ってみて
「あー、あの時感じていた事は違っていたなぁ」
「あー、ここは随分と自分の考え方が変わったなぁ」
と思うようなこともありました。


これは
セミナーや講座に通って自身をより良く変えたい
と思っている方へのメッセージです。


10年を経て、わかった事があります。


自分自身について何か満たされない思いがあり、
本気で心と向き合おうとする時には、

覚悟なくしてはやってはいけない

という事です。


私には、その方が隠し続けている
本当の想いが瞬時にわかります。

そして本人がそこを見ないようにする為につき続ける
そして周りの人がそこに気づかないようにとつき続ける
瞬時に理解する事ができます。


今までは「苦しい」「生きづらい」「いつも何か満足しない」
というご参加の方々には、

本当の自分の感情や思いに蓋をして蓋をして
そこを見ないようにしていても、
深いところで本当の気持ちを、そしてそれを隠し続けている事を、
あなた自身が一番知っている

だからこそ落ち着かない、自分自身を生きている気がしないのだ

ごまかして一生懸命に上から蓋をすることで、そこが膿んでいくよ

恐れずに蓋を開けてみよう
自分を守る為に身に付けていた重い鎧を脱ごう
あなたにはもうそんな物は必要ないよ

とお話ししていたものでした。

自分が一生懸命に蓋をして見ないで来た部分を開け放すこと…
自分自身の本当の感情を知り正直に生きること…

それがどんなに自分を楽にして、それからの生活を生きやすくするのか
本来の自分を生きることにつながるのか、

という視点を持って皆様に伝えて来たのです。


ですが…

決して蓋を開けてはいけない人がいるのだ
ということを知りました。

否、蓋を開けてはいけないのではなく

覚悟がないままに

そこが重要でした。



世の中には、
自身がより良く成長していく為にと蓋を開け、
苦しくとも自身を正直に見続け、
みるみる変化していける「強い人間」と

「変わりたい」「もっと自分を知りたい」
という思いがあっても、
いざ自身の問題の核心に触れ始めると途端に防御に走り
被害者としての立場を取る「弱い人間」がいるという事。


誤解をして欲しくありませんが

強い人間が良い とか
弱い人間がダメなのだ

ということではないのです。

持って生まれたものなのか
それまでの生育や学習でなのか
確かに人によってこんな違いがあるのだという事です。


こういった心を見ていく場や自己啓発の場に行こうと思った時に
自分自身がどちらなのか…
そこをよくよく見極めないと、危ないということです。

危ない
というのは

弱い人が、軽い気持ちで蓋を外そうとすると、
自身の抵抗との間で苦しむことになります。


蓋を外せない自分
周りはそれがわかって、一生懸命に伝えてくれているのに
抵抗している自分はなかなかそこを認められない
その場にいることが苦しくなる…

もしくは商魂逞しいセミナーの主催者でしたら、
そんな人を上手く誘導して依存させるという形で手放さないでしょう。



自分が蓋を外すという時に
自身の中に強い抵抗や被害者意識が生まれたなら…

私はそこをいじってはいけないのだ
その強さは、今は持ち合わせていないのだ
と認めて
今のその生き方…
向き合うのではなく、
しっかりと蓋をして生きるという方の生き方を選ぶ
という覚悟をしてください。



どっちつかずを長く続ければ続けるほど、

自分自身が傷み、真剣に向き合う周りの人が疲弊していきます。


(これは友人関係や家族間でもよく起こる事象ですよね)


選択と覚悟…
ここをしっかりとできたなら
その先は…行く先は…
とても楽なものになることでしょう。

いつも悩んでいる方
満たされないと思っている方

変わりたい!と思った時には
そんな視点でご自身を客観視してみてください。

自分がどちらのタイプなのか知る事は、
自分にとっても
関わる周りの人達にとても大切だと思うこの頃です。


kimiko














大人絵画 ご感想(2018.12月)

ここのところ、寒さ厳しい毎日が続きますね。
みなさま、お風邪などひいていませんか?

年が明けて、もうひと月が経とうとしています。
そろそろ日常が戻って来た頃ですね。


さて、暮れには9名の方々を迎えての
「絵画セラピー講座」でした。
ご感想を掲載いたします。


    

先生、昨日はお世話になりました。

絵画セラピーはこれからの私の人生において
必然的な出来事でした。

何とはなしに自分が感じていたことを先生に言葉で表現して頂いて
「それでいいのよ」
と背中を押された気持ちです。

これから自分が迷ったときにとても助けになります。

何だか年を重ねていくのも楽しみになってきました!


素敵な時間をありがとうございました。


<S.Tさん>


知り合ってから4年が経ちますが
今回初めて絵画セラピー講座にご参加くださいました。

普段から周りを気遣い、子育ても一生懸命で
何よりご自分をいつも内省していらっしゃるTさんの
知らなかった部分を絵から教えられ、益々応援したくなりました!

真面目に生きるTさんにとって
このセラピーが力になれたこと

とても嬉しく思います!!



    

はじめのリンパマッサージは
心地よい気持ちになるのに程よい運動で、
絵を描くときに、他のことをあまり考えずに描ける
手助けになっていると感じます。


自分の描いた絵から自分の分析を観れることは
あまりない体験だと思うので貴重だと思います。

1つの客観的意見として
自分のことを理解するのにとても良い機会だと思いました。


S.Eさん>


今回お母様と妹さんと共にご参加してくださったEさんは
3年前の高校生の時に初めてご参加くださったのでした。

今では希望の難関大学に通われており、
前よりも更に輝いて『自分自身を生きている!』という
自信のようなものが
見えました。

そして私がとても驚いたのが、
前回お伝えした私の読み取りやアドバイスを、
たくさんたくさん覚えていてくださったこと!

若さ溢れる彼女の中に、
私の言葉が刻まれていたことはとても嬉しかったです。
これからに対する力を頂いた気持ちです!!


    


気持ちの整理に...

次への一歩のきっかけ作りに...

自分自身をより深く理解するために...

自分を労わって応援するために...

一度ご参加してみませんか?


Kimiko








新年に向けて

寒波がやって参りました。
厳しい寒さの中、
みなさま大掃除に奮闘なさっているでしょうか?


年の瀬も押し迫った此の頃
『女子のための絵画セラピー講座』が、
2週にわたり行われました。

サークルの方々は何度もリピートなさっていますが
そんな中、Kさんは特に目を見張るような変化が
毎回絵に表れて
絵を最初から順番に並べてみると
その変化と進化に驚かされます!

やはり月に2回のケアエクササイズで
ご自身と向き合っていること…
伊達じゃないな~と思い、惚れ惚れします。


最初は描けなかった人物が、
次には小さな窓から少しだけ顔を覗かせている
次の回には外に出て来て、でも木の陰に隠れている
次の回には山頂に立ち風に吹かれている
そして今回は、とても大きな人物が
堂々と描き出されていました!


前回のⅯさんもお伝えくださいましたが

こんな風にご自分の心の在り様が具現化して現れ

そしてご自身で可視化できる!というのが

絵画セラピーのすごいところだな~~といつも思います。


その日のうちにKさんからメールが届きました。

「いつも力を頂き、ありがとうございます。
絵画をやる度に、自分の変化と気づきに驚きます!

そして私の判断は間違っていなかったのだと
自信になるのです!!」



今年一年、
みなさまにとってはどんな年だったでしょうか?

残すところあと二日…
絵画でなくとも、
ご自分の心や気持ちの振り返りををしてみるのも
いいかもしれません。

そして、
もっともっとご自分を知りたくなったら…

もっともっとご自分を信じられ、
好きになりたくなったら…

もっともっと進化したくなったら…


新年には、風に揺れる木々の門を叩いてみてください!


正直に自分の内面と向き合い
一生懸命に生きようとなさっている方にこそ
『絵画セラピー』と『心と身体のケアエクササイズ』が
役立つことを願っております!

本気で自分に向き合いたい人、待っています!!


最後になりましたが、
今年ご縁のあった方々、ありがとうございました。

みなさまにとって、2019年が良き年となりますように


kimiko