絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

miwakoの部屋

自分へのご褒美はなんですか?

子育て中のママや、
仕事に追われるパパたち。

子どものこと、
親のこと、
仕事のこと、
ご近所のこと…夫のこと??

悩みの種はいつでもあるかもしれません。

本当はその合間に
嬉しいことや、幸せを感じること、
ほんの些細なことかもしれませんが
実はそんなことも起きているはず。

目線を変えれば
悩みばかりの毎日ではないはずですが
悩みにフォーカスすればするほど
それがむくむくと
大きくなっていくような気がします。

きっと誰にでもありますよね。
小さな悩みから大きな心配事まで。

朝が来ない夜はない。
出口のないトンネルはない。

でもそのトンネルの中にいることが
辛いんですよね。

意識して気持ちを切り替えること、
これができたら強いです!

がんばっているのだもの。
自分にご褒美をあげていいんです。

ちょっと心と身体を緩めてあげたら
きっとまた元気がでます。

相当疲れていたら
どーんと大きなご褒美を!

本当は日々の生活の中で
リラックスできる時間をもてたら
それが一番いいですね。

私なんてまだまだだ。
もっと頑張っている人がいっぱいいる。
なんて、だれかと比較しなくていいのです。

誰もねぎらってくれない~
なんて悲しまないで、
自分で自分をねぎらいましょう。
頑張ってる自分、
心が弱っている自分を
応援してあげましょう。

ちょっとたちどまって、
大きく深呼吸をして、
身体をぐっと伸ばしてから脱力。

力をぬいてリラックスすると
なぜだか心も緩みます。

どんな時が楽しいですか?
どんな時にくつろぎますか?

お金をかけなくても
できることもたくさんあるはず。

ぜひぜひ、自分に問いかけてみてください

あなたの心と身体が喜びます(^_^)


miwako






















去年の漢字・今年の漢字

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


先日の心と身体のケアエクササイズでは、
昨年を振り返って、それを表す漢字を
それぞれが考えました。

それぞれが少し離れた席に座り
15分ほど…静かに1年を振り返ると
あぁそういえばこんなことがあった、
あんなことがあったと
楽しかったこと、嬉しかったこと、
驚いたこと、理解に苦しんだことなどなど
その時の気持ちまで思い出します。

私が選んだ漢字は「進」

年末に書いたように
去年は一大決心をして
日常を変えるべく、一歩踏み出しました。

一歩前に進むと
思った以上に様々な変化が訪れ、
新しい景色を見ることができました。

人間関係では似たような事象が
何回か続けて起こり、
それに対する自分の反応を
冷静にみつめる機会をもてたことでも
学びがありました。

いつもの自分の感覚は
慣れ親しんでいるものなので
こうなったらこう動く、こうしたい、
こうあればもっといいのに…
という展開があるのですが
それは自分の特性から来るもので
(そういうヒントをいただきました)
一歩ステップアウトして客観視すると
それが自分にとって
それほど必要なことではなかったと
思えるようになったり…

理解に苦しむ…いや苦しまなくていのかな。
理解できないことは山ほどあるのだから。

自分の課題・人の課題、
もっと意識できるようになってきました。

漠然としてますが、
自己客観視がさらに進んで
より軽やかになった気分です。

体験をとおして、学ぶこと、
感じること、誰でもあると思いますが
それをさらに後から振り返ることは
大人になってからはなかなかないですよね。
行事ごとに作文を書いたりしないですから(笑)

再度見つめなおして、再度味わって、
一段深く掘り下げてみる。
去年のことにとどまらず
自分の幼少期からを振り返ったり、
とても意義深い作業でした。

もちろん、その作業を見守って
適切な言葉がけをくださる師匠や
シェアしあう仲間の存在のおかげですが!

そして今年の漢字は…

私は「楽」が浮かびました。

今年はなんとなく
リラックスして自然体で楽しみたい。

楽したいってことじゃなくて。

しゃかりきに頑張るのでなく
いい感じに力を抜いて
仕事もプライベートも
楽しみたいなと思います。
軽やかにっていうイメージ♪

そして
自分だけでなく周りも楽しくなったらいいな。
家族や友人、仕事仲間。
一緒に楽しむ人が増えたらいいな。

これも昨年の働き方改革?のおかげかも。
まだ完全に退けたわけではないですが
心と身体に余裕が生まれました。

去年が「動」だったので
今年はなんとなく「静」の気分。
穏やかに自然体で向上していきたいなー。

目標に向かって進むぞーという年もあるけれど
今年は力を抜いたほうがうまくいく予感。

心も身体も軽やかに!

そうです、お正月の食べ過ぎも
これからシェイプアップして解消せねば。


miwako



















トライ&エラー

先日の勉強会での学び。

それぞれが、反省点を述べていた時のこと。
自分のやったことに対して
うまくいかなかったと思ったら
やはり、失敗したかなーと思うのは人の常。

しかし師匠の一言。

やってみたことが大事。
いろんなやり方を試す。
失敗した時には痛みも伴う。
でも後退したと思う必要は全くない。
むしろ良い方向に近づいている!

やらなければよかった、
ということは一切ない。
やらないことの方が問題である。


なるほどー!!

と、とてもすっきりした気持ちになりました。


トライ&エラーという言葉を
最近よく耳にしますが、

英語的には
trial and error だそうです。

trial-and-error approachというと
試行錯誤をしてみる、ということ。

そうか、試行錯誤の一環。
上昇していくための大切な手段。

1回1回のことだけを見て
反省したり、一喜一憂するのでなく
もっと大きく物事をとらえる。

人が成長していく過程って
まさにその繰り返しですものね。

偉大な発見や発明をした方も
「99回失敗しても100回目に成功があるかも。」
「失敗は成功の母。」
というような言葉を残されています。

何度も何度も様々な方法を試してこそ
最終的に成功が待っている。
そして成功することを信じている。
自分を信じて進んでいるんですよね。
そこが一番大事なのかもしれません。

そんな風に思えたら
日々のあれこれも次へのステップ!

事柄によっては失敗99回はやりすぎでしょうが
それでも100回目を信じることは
大事だなぁと思いました。

私は割と楽天的。
ポジティブ思考なので取り入れやすい?
それでも自分の失敗って
穴があったら入りたくなったり
ダメージ受けることもありますよね。

でも失敗も指摘も
割と素直に受け取れるように
勉強会を重ねるごとに
みんながそうなってきました。

言い訳をしない。
受け取って、次の一手を考える。

自分の守りに入ると
言われたことばかりにとらわれて
それを回避する方法、
自分を楽にする方向に
行ってしまう人も多いと思います。
自分のマイナスを見ることができない人。
マイナスを認めたくないのかな。
できたら、なかったことにしたいのかな。
認めちゃえば楽なんですけどね。
だれだってあるものだから!

自己反省はするけれど
そこにとどまらない。

とても潔く気持ちの良い仲間です!

トライ&エラーは大事ですね。
自分の英語教室の生徒にも伝えました。
失敗を恥ずかしいと思わずに、
次につながるステップにすればいいこと。

中学生は、失敗ノートというか
苦手なことを書きだした
ノートづくりをしています。
中1初期なら
「ピリオドを忘れない!」とか。

これを今回、サクセスノートと改名。

失敗は成功の母だから。

テストで間違えたところや
問題集をやっていて、
最後のまとめ問題でも
まだ覚えきれていなかったことなどを
小さなノートに、カラフルな大きな文字で
印象に残るように書いています。

前は、パーフェクトノートとか
ポジティブノートとか読ん呼んでいましたが、
これからは サクセスノートにします(^_-)

「試行錯誤」って、
迷っているイメージも多少ありましたが
これは前向きのアプローチだったと
見直しました。

問題を解くというようなシンプルなことから
自分のあり方、というような
人生に関わるようなことまで…。


トライ&エラー

たくさんやった人ほど
土台がしっかりできてきて
ゆるぎない自分になっていく。

来年のスローガンにしようかな♪


miwako













行動する!

今年のカレンダーも最後の一枚になりました。
1年はあっという間ですね。

あのスーパームーンを見た1月、
少し仕事を整理したいと思い立ち、
(本当は今までも時々考えていたこと)
決意表明をしました!

もっとやりたいこと、やるべきこと、
心が動くことに集中したくなった、
という感じです。

丁寧に心情を伝えましたので
引き留めたいけれど、応援すると言ってもらい
頃合いを見て、退くことを認めてもらいました。

でも環境って、そうそう変わらないですよね。
責任あるお仕事なので、
さっさとやめるわけにもいきません。
それは自分もしたくない。

でもこれがどうしたことか、許可は得たのに、
なかなか自分にとって良い状況にはならない。
もっと差し迫った事情でやめていく方が複数出たり、
新しい方も、他の仕事にまわってしまったりで
むしろ、どんどん辞めにくい方向に向かっている?
そんな気さえしてきました。

これが試練なのか、
なにかを試されているのか?
ここにとどまるべきってこと??

いやいや、そんな理由をつけてみたって
状況は同じです。
まぁ仕方ないのかなぁと思ってみたり。

人は無意識に変化を嫌います。
どんなにきついことがあったって
慣れ親しんだ状況なら、現状維持が
自分にとっての日常だから。
何も考えず、ただただ当たり前の日々だから。
仕方ないかぁですませてしまう。

日常を変えるのは思ったより勇気がいること。
思うだけは誰でもできる。
思った人と思わなかった人、
はたから見れば、どちらも同じ。

どんなに思いがあったって
思うだけじゃ、何も変わらない。

変化を起こすには行動するしかないのです。
人任せではダメ。
いつか状況がよくなる??
それは希望的観測なだけで
変化を起こす勇気がないってことかも。

多少の摩擦を生んでも、
自分が本当にやりたいことであるなら
自分で行動を起こさないと何も変わらない…

そう思って、動くことにしました!

自分の人生、なるがままに人任せにはしておけない。

なぁんて、そんな大げさなことでもないですが
とにかく自分の思う方向に進むための提案をして
今、それを実行できています。

思っていただけの日々とは
まるっきり心が変わっています。
拘束時間が半分になったので
心のゆとりがはんぱない。

こんなに気持ちも変わるとは
思ってもみませんでした。

「行動する」「自ら動く」
思うだけ、願うだけから一歩先へ!

その気持ちよさも体感できました。

いろいろ思い悩んでいる方、
いつかやりたいと思っていることがある方、
思うだけでいいですか?

今、行動を起こせば少しずつ変わっていくはず。

「願えば叶う」といいますが、
その願いに向かって小さくても一歩踏み出すのは
他でもない、自分自身。

ちょっと面倒です。勇気もいります。
でも「エイ!」と自分に掛け声をかけて
行動してみるって、大事だなぁと思います。

自分が変わると周りも変わっていくんですよね。

私も次の一歩をまた踏み出したいと思います!


<追記>
諸々の状況で、踏み出すことができない
そんな時期もあると思います。
私も数年間そうでした。
だから、そんな時はどうぞ焦らずに♪
自分のタイミングで大丈夫です!


miwako





























自分をジャッジしないこと

ケアエクササイズをはじめて
一番変わったこと、

それは自分のジャッジを
しなくなったことかもしれません。

真面目な人ほど
自分に厳しかったりしますよね。
それです。
謙虚と言うかなんと言うか・・・

これは真面目な方たちへ。

あの時の自分はダメだった、
二度とそれは繰り返さないようにしたい。

恥ずかしくて人にはとても言えない。
黒歴史? 抹消したい!

マイナスの体験として
印象に残っていること、
きっとあるでしょう。

失敗した自分を許せない。

そう、自分が自分を許してないのです。

ケアエクサで学ぶようになってから
そこに気づくことができました。

どんな自分も自分の一部なのに
そこを認めずにいたら…
自分が自分を許せずにいたら…
なんてかわいそうなんだろう?


時に私たちは「結果」だけ見てないかな?

良かったか、悪かったか??
その二択だけで結論づけていないかな?

大事なのはその体験が
今の自分にどう生きているのか。

きっとそこから学んだこともあるはず。

あったことをなかったことにはできないから
見ないふりをしてはいけない。
(ふたをしてしまうということ)

辛い体験があったとしても
そこからちゃんと学びを得たからこそ
今の自分がいるのではないかな??

(その部分を無意識に捻じ曲げて
 防御の方向になってしまうことも…
 このあたり、難しいところです)

いずれにしても
過去の影響を受けないことはありえない。
マイナスを排除なんかできないし
する必要もない。

今の私は、
マイナスもたくさんあったけれど、
(そして今でさえあるけれど)
それをプラスに変えてるんだと
そんな風に思えれば
マイナスの体験にこそ、「感謝」かもしれない。

経験値をあげるって
そういうことに他ならない。

何もかも順調なこともあり得ないし
ずっと不幸でいなくたっていい。

どんなに薄い紙にも表と裏があるように、
世界はプラスとマイナスのバランスで
できている。

夜と昼、陰と陽、静と動、
どちらも大切で、ないと困る。

どちらかに偏る必要もないし
どちらかが全くないようなふりをしなくてもいい。

両方合わせもった自分を
これでいい、と認められること。

これが自然にできるように
なってきました。


世界にたった一人の自分を
自分が大切にして抱きしめてあげる。

これ、とても大切です。

ジャッジは不要。
評価する必要はない。
客観視は必要だけど。

大事なのは、
じゃあ、どうする?
どうしたい?

過去の自分がいたから
今の自分がいるのです。

過去を認めたら
今の自分にも本当の意味で
OKが出せる。



過去を見つめるのが
まだ辛い方もいると思います。

でも「今」を変えていくと
実は「過去」とも向き合えるようになり
「過去」さえ変わっていくのです。


「心と身体のケアエクササイズ」で
少しずつ、心をほぐしていきませんか?

自分の変化が自分でわかると
とても嬉しいです。


miwako













自分の心が結果を決める

最近読んだ本で、

「習慣を変えることができるのは人間だけ」

という言葉が印象に残りました。

意識をして、練習を積むことで
長年身につけてきた思考のくせなども
変えることができるそうです。

習慣がその人となりをつくっているのですから
それをよりよく変えていけば
人生も変わっていいくということです!

確かに、確かに
「心と身体のケアエクササイズ」で
定期的に学ぶようになって、
私も、まわりの方々も
自己客観視ができるようになり、
心のありかたについて考えたり、
成長し、変わってきているところです。
ずいぶんと物事のとらえ方が
変わってきたと思います。

自分はありのままの自分でいい。

それももちろんあります。
大事なことです。
今の自分を、プラスマイナスひっくるめて
けっこういいじゃんと受け入れられること。
自分はダメな人間だとは
これっぽっちも思いません。
だって一生懸命生きているし!

でもやはり常に目指したいのは自己成長。

まだまだ手放した方がいい
長年の思い癖や習慣があるものです。

自分でなんとなく自分の限界を
設定していたり??

それが良いものだったら持ち続ける。
でも、それがあるために
不便を感じているのなら
手放してしまえばよいのです。
(受け売りですが!)

とはいっても、習慣とは無意識だからこそ
習慣になっているのであって、
意識しないと変えることはできません。

またやっちゃったー
みたいな繰り返しってありませんか?

その繰り返しが、もう慣れきっていることで
それがないと自分じゃない?
なんて思っていたらもったいないです。

人間は習慣を変えることができる。

言い換えれば、もっと幸せになれる。

これでいいや、この程度で。
どうせできないに決まっている。
こんな風になるわけがない。

全部、自分の心が決めているのです。
心が求めていないのですから
実現のしようがありませんよね。

自分の心が結果を決める。

そう思ったら、最善の結果を思い描く。
プラスの言葉で自分の心を満たす。
きっとうまくいく。
とても幸せ。
私は健康にも恵まれている!

心と身体は連動しています。

笑っているときにでる幸せホルモン。
そんなニュースもありましたよね。

笑っているふりをしているうちに
笑顔が習慣になったり
楽しい気持ちになってきたり…

プラスのイメージを習慣にすればよいのです。
最初はうまくいかなくても
習慣にするには積み重ねあるのみ。

「できない」は禁句だそうです。

プラスのイメージをもつこと、
自分にプラスの言葉を言い聞かせること、
これって誰でもすぐにできることですよね!
(多少ハードル高くても

ちょっと調子のいいやつみたいですが
そのお気楽さって大事かも。
一生懸命なりすぎないのもポイントらしい。

もちろん、できないことがあってもいいし
マイナスの感情があってもいい。
そんな自分もいるよね。
でも、自分が目指すのが幸せな自分なら
その感情におぼれていなくていい。

幸せなイメージをもつこと、
とても大事だそうです。

ただし手法にこだわりすぎてはいけません。
結局は自分の心のありかたを見つめなおす、
そういうことなのです。
自分がどうありたいかってこと。

しかし時には、やり方を変えてみることで
変化が訪れるのも事実です。

いつも「ありがとう」が言えない人。
1日50回口にしてみると決めて
わざとらしいなーと思いつつ、続けていたら
感謝の気持ちが芽生えてきたという
そんな話も聞きました。
きっと周りの反応が変わったんですね(^^)
自分が変わると周りも変わる。

練習っているのかも。
積み重ねが習慣になるから。
習慣がその人をつくっているのだとしたら
良い習慣をもちたいですよね。

どうなりたいですか?
どうありたいですか?

自分の心が結果を決める。

心との対話も大事だなと思います


miwako





















2018年はどんな年にしましょうか?

2018年がスタートしました!

みなさんはどんな誓いをたてましたか?

英語圏でも、
New Year's resolution(s)といって
同じように、
今年はこれを実行するとか
悪い習慣をやめようとか、
年初に誓いをたてるそうです。

年が切り替わるときに
気持ちも切り替える…
自分を見直すにも
とても良い時期なのだと思います。

しかし人生、いろいろな時期があります。
思うようには動けない時もあるでしょうし
現状維持が精いっぱいの時だって。

それはそれでよいのです。
自分が悪いわけじゃない。
人生山あり谷あり。
谷にいる時は、
意識してリラックスする時間をもったり
少し自分を甘やかしてもいい。
バランスが大事ですものね。

じっくりパワーをため込む
充電期間だと割り切るのも良し!

そんな時期を経てこそ
得るものもあるのだと思います。
その体験があってこその
学びや自己成長だってあるはず。

もちろんすべてに
意味づけする必要もないですよね。

表面的なことに振り回されすぎず、
も大事です。

あぁあの時は辛かったけれど、
自分なりにがんばったなーと
思えるときが、
後からきっと来るのだと思います。


新年の誓いは
「自分を大事にする」
それだけでも素敵だと思います。

頑張りすぎているあなた、
ぜひとも自分を労わる時間を
もってあげてくださいね。


絵画セラピーやケアエクササイズで
時々おこなうワークに
「自分を労わり周りとつながるワーク」
というものがあります。

身体をほぐして瞑想したあと
日々がんばっている
自分の身体に目を向けて
感謝の気持ちを伝えたり
家族のお顔を思い浮かべたり…

普段はそんな時間は
なかなかもてないですよね。

このワークをすると
あぁ、そうだった。
気持ちだけじゃなくて
身体も相当がんばってくれてるんだなぁと
感謝の気持ちが生まれます。
自分の身体にこそ感謝!

時にはやさしくマッサージもいいものです。

ケアエクササイズをはじめて
早8年。

自分を見つめる作業が
とても大事になっています。

自分の心を声を聴きながら
今年の目標を決めていけたらいいですね。

頑張りすぎなくてもいい時と
今こそ頑張る時、
きっとどちらもあると思います。

2018年、どんな年にしましょうか?

心の声に
耳を傾けてみてくださいね。

あまり頭で考えず
目を閉じてリラックスして…

ふと浮かんだ言葉やイメージ、
それを受け取るのもお勧めです。

私に浮かんだ言葉は・・・
ちょっと勇ましくて自分もびっくり?!

それは内緒にしておきますが(笑)
充電期間が終わったかも?
みたいな感じです(^_-)
というわけで、
仕事もプライベートも積極的に楽しむ、
挑戦の年にしたいと思います

皆様にとりましても
充実の1年になりますように
心よりお祈り申し上げます。

機会がありましたら
「風に揺れる木々」の絵画セラピー
そして、心と身体のケアエクササイズ
体験にいらしてください。
自分を見つめなおすきっかけにしたり
心と身体のメンテナンスに

詳しくはHPまでどうぞ!

http://haruwomitsuketayo.wixsite.com/kazeniyurerukigi


絵画セラピーのモニター企画も続行中です。