絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

miwakoの部屋

言葉のメモ

忘れやすいお年頃?でもありますが(笑)

心に響いた言葉、何かしら引っかかった言葉は
余裕があれば、メモしようと心がけています。

例えば、本の中にある一節、

例えば、歌の中にある言葉、

例えば、勉強会で聞いた言葉、

ふと目にした、耳にした言葉。

その時、おー!と感じるものがあっても
ずっと覚えているかと言われれば
日々のことに追われて、
忘れちゃうこともあります。

なんで、心に響いたのか、
それはプラスに響くときもあれば
なんとなく、ドキッとするようなもののこともあって
とにかく理由はわからなくても
きっと、自分に必要なことだからこそ
感じるものがあったんですよね。

そのサインを見逃したらもったいない!


手帳でもいいし、スマホのメモでもかまわないので
とにかく形に残しておくと
あとで振り返ることができます。

私は特に言葉に敏感なので
そうしたくなるのかもしれません。
人によってはメロディーだったり、
絵画やイラストだったりするのかも。

そうそう、何か素敵な映像を見て
あ!ここに行ってみたい!
というときには、その場所もメモします。

不思議なことに、書き出しておくと
実現する可能性が高くなるのです。
自分の意識にアプローチするのかしら?
行きたい場所は行くべき場所だったりして。

昨日たまたま見ていた番組で
歌手のFさんが、
作詞について語っていました。

ふと見た景色とともにおりてきた言葉、
それは作り出したものでなく、
わきあがってきたものだから
それを一番大切にしようと、
その言葉から詞を書きはじめたということでした。

自然に口をついて出た言葉を
まさに書き留めて
その歌いだしこそが
本当に印象的な歌になっていました。

私の場合、
何か作品をつくるわけではありませんが
自分を見つめなおすのにも
言葉のメモは役立っています。

自分を見つめなおしたり、
自分の思いを感じたり。

流されすぎないように、
日々に追われすぎないように、
ちょっと立ち止まるのは良いことです♪

気になる言葉は
きっと今の自分に必要な言葉。

仕事のアイデアや
未来設計につながることも
あったりします。

せっかく気づいたのに
流してしまうともったいないかもしれません。
忙しい時ほど、意識したいなと思います

比叡山にいってきました

京都を初めて訪れたのは中3の修学旅行。

金閣銀閣、有名どころを回ってから
団体のバスで比叡山にも向かい、
根本中堂というところで
法話をうかがいました。

わいわいがやがやとしていたのに
この山に入ってからは
何か空気感が違い、
心がすーっと穏やかになるような
そんな気持ちがしていました。

比叡山延暦寺は天台宗の開祖、
最澄がたてたお寺ということ以外
当時もよく知りませんでしたが、
今回訪れてみると、延暦寺は総称だそうで
ものすごい数のお寺が山全体にあることが
わかりました。

その中でも一番重要とされているのが
根本中堂なのでした。

根本中堂の中には
不滅の法灯と呼ばれるものがあり、
なんと最澄の時代から1200年、
一度も絶えることなく
灯がともり続けています。

人々の心を照らす灯。
どんな状況下でも守り続けられてきた灯。
なんと尊い光なのだろうと
当時、感動を覚えました。

「皆さんも心の中に
決して消えない灯を持ちつづけてください。
それがあなたを守り、支えになることもあるでしょう。
勇気をもらえることもあるでしょう。」

そんなお話をいただいた気がします。
修学旅行生向けに、笑いなどもまじえながら
楽しくためになるお話にひきこまれ、
とても印象的でした。

灯を持ち続ける…それは自分自身の生き方にもなります。
一筋の光、希望の光をいつも持ち続けること、
自分を信じて生きていくこと…

様々な思いが交錯しながらも
私もそんな灯を持ちたいと、その時願いました。

そしていつか、大人になったら
またこの灯を見に来ようと思ったのでした。

何十年もたって、ようやく来れました。

京都を数回訪れても
なかなか比叡山までは足を延ばせずにいました。
場所的にはほとんど滋賀県だったんですね。
山奥には間違いないですが。

今回はレンタカーを借りたので
迷わず向かうことができました。
というより、今年は行くぞと決めていました!

あの頃と同じ空気感。
改修中のため、外観はネットに覆われていましたが
靴をぬいであがっていったところは
神聖な雰囲気に包まれていました。

灯は行燈のようなものの中にありました。
(以前はちがった?)
直接炎を見ることはできませんでしたが
とても暖かく優しい光を放っていて
「お帰りなさい」と迎えていただいたようで
胸にじーんと来るものがありました。

京都の夏の暑さも何もかも
一瞬忘れて
長い間手を合わせていました。

1200年の長きにわたり
灯は何を問いかけてきたのでしょう。
あるいは、ただそこにあるというだけで
人々の心にも一筋の光を届けていた。

長い歴史の中では
私たちは本当に一瞬の存在です。
それでも、自分はどうありたいのか。
どんな人生を歩みたいのか。
灯を目の前にして抱く思いは人それぞれだとしても
いつの時代も「人」は「人」
変わらないのかもしれません。

灯を見つめながら
自分の心を見つめるひとときが持てたこと、
感謝です。

普段は日々の忙しさに追われがちですが
時にはリセットする体験も大事ですね。

それにしても山の中、
古木、大木に守られた空間は
なんとも神秘的で不思議でした。
自然のもつ力は偉大です。

周りにいらっしゃる観光客の方々が
なぜかみなさんとても穏やかに見えることも
この場所ならではだったのかと思います。

またいつか訪れてみたいです。

心の灯をしっかりと持ち続けて。


自分の傾向を知ること

自分は自分。

そんな風に思いつつも
実は本当の自分って??

わかっているつもりで
わかっていないこと、ありますよね。

人は自分を基準にものごとを考えがちなので
心理ワークなどをして、
他の方の感じ方などをお聞きすると
こんなにも多様な感じ方、考え方があるのだと
時にものすごく驚かされ、
人それぞれ、個性があるとわかると同時に
自分の傾向もだんだんわかってきます。

ケアエクササイズをとおして
自分を客観視してみることができる
貴重な機会をいただいている感じ。

それは日常生活にも生きてきます。

誰にでも長所・短所がありますよね。

それぞれも表裏一体で
長所の裏に隠れた短所もあるかもしれないし
短所と思えるところが実は長所でもあったり。

だからこの時点で長所・短所と分けたりせず
単に「特徴」なんだと私は思います。

まずはまるごとの自分にOKを出して
こんな自分もいるんだな、と
それを受け止められること。

時にはそれが辛い作業だったりも
あるわけですが。

でもその作業に慣れてくると
じゃぁ、どうしたい?
どうすればいい?

そんな気持ちの変化が生まれます。
意識するだけでも
今までは見えてこなかった
様々のことに気づいたり。

慣れ親しんだ習慣や感覚を
一度に変えることは難しいですが
意識して少しずつとりくむことで
周りは確実に変わっていきます。

もしも何も変わらないとしても
それを受け止める自分の感情が
変わってくると思います。

そして
人間関係も変わってくる気がします。


自分の傾向を知って
それをジャッジするのではありません。

そうか、そういう傾向があって
うまくいかないことがあるのなら
そこを意識して変えてみようかなーとか
そう思うのなら素直にそれを伝えてみようとか。

そこを変えると
きっとまた新しいものをつかめるような
視野もぐんと広がるような…

自分を知る。
それはより良い自分の成長のため。
より清々しく生きていくためのように思います。

だからそれは自分で感じないとですね。

人が見た自分をさがすのではなく
人の評価に左右されるのではなく
自分自身で自分を見つけていく。
ジャッジをせずに客観視をする。

そこが大切なんだと思います。


気づき始めても
本当にそれを客観視して見れるようになるまでには
とても時間がかかることもあると思います。

かと思えば、同じようなことが続けて起きて
あ!これ、自分の癖かも?と
突然気づいちゃったり。(最近のワタシ)

今まで通りのほうが楽ちんなわけですから
多少の不便があっても
楽な方に流れるのが人間。
ここは忘れてはいけません。

日々流されてしまっていると
深く考える時間がなくなってしまうから
もったいないですよね。

ゆったりした時間は
意識して持ちたいものです。

つまづきながら、転びながらでも
自分と向き合って成長していく人に
なりたいと思う。

そういう人たちをみてきているので
それが本当に尊いとも思うのです。

みんなしっかり自分とむきあって
何かが腑に落ちた瞬間があるといいます。

これはもう目からうろこどころではなく
パーッと視界も広がって
内側からぐわーっとくるものがある感じ。
(人によってイメージは違うかな)

魂が喜んでいる感じ??
大げさにいうと世界が変わる感じ。

人間、一生成長できる生き物です。

だから自分の傾向を知らないまま
ほうっておくのはもったいないです。

成長のチャンスが隠れているから。
もっと自分を大切にして
もっと幸せな思いを感じていくことが
できるようになるはずだから。

まだまだ未熟者ではありますが
それはもっと成長する可能性があるということ!
ずっと真摯な未熟者として
躓いたりしながらも、
前を向いて進んでいきたいです

まじめですねぇ~

でも大事な自分の人生なのだから
まじめでOK!




隠れていた思い

先日、友人宅でのことでした。

おしゃべりに夢中になっていたら
途中でわんちゃんが登場~
すごくかわいくて、甘えん坊。
みんなに、ぴょんっと足をかけて
抱っこしてもらいたそうにしています。

そのわんちゃんが、私のもとに来たとき、
なでなでして、さぁ、抱っこしようかと
身体が動いた瞬間、

心がぎゅっと締め付けられて
「あ、だっこはできないかも…」と、
泣きそうになってしまったのでした。

我が家の愛犬、コーギーが
13歳で亡くなってから、もう1年。
悲しくて悲しくて…という気持ちは
もう忘れていたはずでした。

それなのに、悲しい、切ないという感情が
一瞬にしてよみがえってきて
今、ほかのワンちゃんを抱っこしたら
涙がとまらなくなりそうで、
それをぐっと抑えたのでした。

抱っこできなくてごめんね。
なんか思い出しちゃって。

それを言うのが精いっぱい。

頭で考えることと
心が感じることのギャップの大きさに
とてもとても驚きました。

本当に、予想外のできごと。

でもね、そんな心に気づくことができて
愛犬への思いを再確認できて
暖かい気持ちにも包まれました。

別に、悲しい思いを
閉じ込めてきたわけではないけれど。
忘れようと特別に努力したわけじゃないけれど。

まだそんな気持ちが残っていた。
というか、悲しい気持ちは
ずっとずっともっていていいんだな。
だって悲しい出来事だったのだもの。
そんな単純なことに気づいたり。


人は大人になるほど
頭で考えて解釈をつけて
ものごとを解決していますよね。

高齢だったし、
治療方法もなかったし、
仕方なかったよね。
でも最後まで一緒にいられてよかった。
お見送りも家族そろったし。

そんなことを自分に言い聞かせていたけれど
「悲しい。寂しい。」という感情には
なんの説明もいらなかったんだなぁ。

悲しいよね。
それだけを自分が受け止めればいいんだなと
今さらながらに思いました。

感じたことをそのまま受け止める。
自分の思いを大事にする。
理由や説明はいらないですね。

今回のできごとでようやく
「悲しい」という思いだけを
シンプルに感じることができました。

この話を風に揺れる木々の勉強会でしていたら
またまた涙があふれてきて…

やっぱり忙しさに追われて
悲しい涙も流し切れていなかったのかな。

涙で浄化されたような気持ちです。

心って不思議ですね。


           

7か月ぶりのメディテーション内観法

新年度を迎え、あぁこのタイミングで
やってみたいなぁと思っていたら、
7か月ぶりにこのワークを体験できました。

どうぞ過去の記事もご覧ください。

☆メディテーション内観法再び…
http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1061071227.html


本当に何度も何度もやっているのですけれど
絵画セラピーと同じく、
あれこれ知識があったとしても
それがまったく邪魔にならずに
今だからこその風景や物があらわれる不思議。

自分をとりまく環境の変化にあわせ
自分の心持ちもずいぶん変化したことを
改めて自覚して、嬉しく思ったり、
これからの方向性、自分がやりたいこと、
大切にしたいこと、
それらがメッセージとなって現れました。

水辺を越えて、自分の行きたい場所に行く、
という場面があるのですけれど、
これはその人にとっての人生のとらえ方だったりします。

荒波の海だったり、広い川だったり、
霧に包まれた沼だったり、
静かな湖だったり、池だったり。

向こう側にたどりつく方法も、
船に乗ったり、ボートをこいだり、
素足でバシャバシャと水に入っていったり、
水辺の道をゆったり散歩していくんだったり…
都合よく橋が現れて、
簡単に渡れたりすることもあります。

前回?前々回?私は、確か
自分でボートを漕ぎたい!
自分の力で進みたい!と思ったのでした。

それは本当にその時の心持ちとぴったりマッチング。
漕ぐことを楽しみたいと思った
そんな自分をえらいなぁと
応援したくなったりしたものです♪


そして今回の水辺は…

とってもかわいい春の小川でした♪
両脇には草が青々と茂り、
小さなお花もたくさん咲いていて、
とても澄んだ川なので
メダカまで泳いでいるのが見えました。

いつのまにか小学生の自分にもどっていて
「こんなのかんた~ん!」と
川をひとっ跳び。
楽しくて仕方ありません。

向こう岸には、子どもが数人いて
見たことのある子も、はじめての子も
一緒に仲良く野原で遊びました。

あとから振り返れば
なんだか仕事に直結していた感じです。
今まで出会った子、
これから出会う子。
きっとそういうことだったのかな?

川を飛び越えちゃったくらいですから
心もとっても軽やか。
気分爽快でした。


この日、もうひとつ、おもしろかったのは
一緒にワークを体験した3名が
同じように、『中世』がキーワードのものを
瞑想の中で見ていたこと。

いろんな不思議が訪れますね~

絵画の時も、なぜかわからないけど
これを描きたい!と思って描くことがあります。
こんな色にしたい、と湧き上がる思いがあります。

瞑想の中でも、なぜかわからないけど
思いもよらないものが見えるのです。

どちらの場合も、
ふと湧いてくる感じ?

これも人によって感じ方が違うかもしれませんね。

そして、自分の内にあるものを
自分がちゃんと受け止めてあげること、
この経験がとてもいいものだなぁと思うのです。

絵画セラピーやケアエクササイズ、
どうぞ体験にいらしてくださいね。


miwako





モニター企画のご感想その1と絵画あるある

先日、駒込で開催した
おとなのための絵画セラピーモニター講座の
ご感想を少し紹介させていただきます。

Iさん
 不思議な気分。(直後のご感想)
 参加しようと決めたときは、
 ちゃんと自分を作らずに絵にするなんて
 無理じゃないかなと思っていたんだけど
 すごく素直に絵に向き合えたように思えた。
 (翌日のご感想)

匿名さん
 気づかなかったことに気づかされました。
 絵を描いているとき楽しかったです。
 描いた絵も好きです。


お二人とも、終わってからじわじわと
いろいろご自身に落とし込んでくださったようで
とても嬉しく思います。

そしてとても大切なことを伝えてくださいました。

「絵画あるある」のひとつ。
やっぱり大人って、自分の心が本当に現れるのか?とか
いやー、自分で頭で考えて
見栄え良く仕上げちゃったり、できちゃうんじゃないか?とか
事前にはいろいろ考えますよね。

私自身も、初回は半信半疑でした。
自分を開示することにも慣れていないわけですし
自然体でできるのかな?って。

でも、できちゃうんです。
リンパマッサージで身体をほぐしたり
瞑想で心がとても緩まったり…
そんな後に描くときには
あれこれ考えちゃったとしても
ちゃんと自分が写しだされるのだと思います。

その証拠に、みなさん
なぜかこれを描きたくなったとか
知らず知らずのうちに描いているものがあります。
きっと心が描かせているのです。


K先生曰く、なぜ参加しているのか?
その目的が、セラピストの実力を試したい?とか
混乱させたい?とか
偽りの自分を見せたい?とか
そんなモチベーションで参加する人っている??

そんな悪意のあるご参加の方はおりません。
お金を払ってまで、なんのために?ってことですよね。

だから、多少の不安があったとしても
皆さんちゃんとご自分の心を描かれるのです。
回を重ねるほど、より自由に♪

「自分の描いた絵が好き」というご感想も
とても嬉しく伺いました。
最高のプレゼントをいただいた気分!

「今の自分を受け入れる、今の自分が好き」
そんな風に思っていただけたら
きっと次の一歩につながります

皆さん、ご自身を客観的にみつめて
「今」を受け止めてくださったんだなぁと。
絵画セラピーがそんな役目を果たせたこと、
とても嬉しく思いました。

もうひとつの、「絵画あるある」は
眠くなること  (特に初めての方)

リンパマッサージで血流をよくしたり、
絵画で自分にたまっていた思いを発散したり、
心も身体も緩んでいます。
それは心地よい疲れのようだったり
風邪の初期症状のようだったり、
とにかく睡魔に襲われたり…
デトックスにもなっている?

今回も皆様、やたら眠くなったと
そんな報告をいただきました。
もちろん、風邪ではなく~

絵画セラピーは深層が現れるから怖い、
と思う方も大勢いらっしゃるかと思います。
でも自分を一番知ってあげて、
一番応援してあげられるのは自分自身。

絵画セラピーを続けて
その時々の自分を丸ごと
ふわっと受け止めてあげること、
それだけでも心の栄養になると思うのです。
自分と向きあう、自分を知る、
自分をねぎらう、自分を緩める、
次への活力をチャージする、
すべてプラスに応用していただけたら
こんなにうれしいことはありません。
しかも、答えを自分自身が描き出しているという
驚愕の事実??

そうです。
すべての答えは自分自身がもっているのですから
それを見ずにいるのはもったいない。

それでも無理そうだなーと思う方は
今がタイミングではないのでしょう。

ご縁がありましたら、どうぞお問い合わせくださいませ。

モニター企画もつづいております


HPです↑
















 


小麦粉事件


思い出話です。

子どもたちがまだ保育園に通っていたころ…

ケーキをつくることにしたのに
いざ始めようとしてみたら
小麦粉がわずかしか残っていませんでした。

歩いて2分のところにコンビニがあります。
小さいサイズの薄力粉があるはず。
そこまでだったら兄と妹、
2人でお買い物にいけるかな?
お店の人も親切だし。

私はまだ赤ちゃんだった末っ子とお留守番。
ケーキ作りの準備をすすめていました。

ついでに何を頼んだか忘れてしまいましたが
2人が息を切らせて帰ってくると
「小麦粉はなかったー!」と残念そう。

そうか、小麦粉ではなく薄力粉というべきだった。。。

「こういう袋のなかった?」
と家にあったものを見せると

「それ、あったよー。
 クッキー・ケーキってかいてあるから
 絶対これだって言ったのに
 お兄ちゃんが違うっていったんだもん」

妹はちょっと不満そう。

「だけど、クッキー・ケーキ・うどん
 って書いてあるんだよ。
 小麦粉じゃないし!」

お兄ちゃんは、お兄ちゃんなりの考えがありました。

私は、なんだかお店の中での
ふたりのやりとりを想像して
楽しくなってしまいました

「ごめん、ごめん、
薄力粉って言わなかったママがいけないよね。
ケーキとうどんの材料がおなじだなんて
びっくりしたねー」

いっぱい頭を使って考えたんだね。
お店の人には聞けなかったか。
まぁ仕方ない。

それでも、小麦粉以外の買い物は
(たしかお菓子だったかしら)
ちゃんとできたので
2人とも満足そうな様子でした。

はじめて2人でいったおつかいだったし♪
冒険気分だったのでしょうね。


「じゃぁ今度はSちゃんのこと見ててあげて。
ママがぱっと買ってくるから!」

そう言って私も徒歩2分、走れば1分のお買いものへ。

そして、みんなでわいわい言いながら
いちごのケーキをつくりました。
あれはクリスマスの頃だったかしら?
1月のパパのお誕生日だったかしら?

このできごとは、当時、小麦粉事件として
話のネタにしていました

お買い物をお願いして、
その結果だけ見たら失敗なのだけど
覚えたてのひらがなを読んで
一生懸命考えたのは
なんてすごいことなんだろう!

大人から見たら簡単そうなお買い物も
子ども目線でちゃんと伝えてあげないと
難しくなっちゃうんだなぁ。
これは私の反省。

2人の性格もそれぞれだけど
最後にお兄ちゃんをたてたのも偉い。
けっこうお兄ちゃんを信頼しているかも?
「買わない」決断をくだした兄も頼もしい!

なぁんて、親ばかですけどね。

あー、このときさらに思い出したものです。
10歳くらいのとき、
カツ3枚(お肉屋さんでその場で揚げているやつ!)を
頼まれて、いそいそ自転車で買い物へ。
今はなき、商店街、
母としょっちゅうお買い物に行っていたお店です。

ところが「カツ」というお品書きはどこにもなく…
いつも食べているカツが、とんかつだって
わかっていなかった私は、
とんかつは高級品のはずだから違う?と思い
違うだろうなー、でもおかずがなくても困ると、
イチかバチか
安いハムカツを買って帰ったのでした。

人生初のハムカツ。

でも母には全くおこられませんでした。
お兄ちゃんには、「何やってんだよー」って
言われた気もしますが、
「たまにはハムカツもいいかもね」みたいな
流れになり…
居心地の悪さはいっぺんになくなりました。

失敗したことより
一生懸命考えたことを
認めてくれてたんだなぁ。
きっと自然体で、まぁ仕方ないと
思っただけとも言えますが。

母にしてもらったことが
私の中でも自然と生きているのかもしれません。
ありがたいことです。

小麦粉事件の前に、ハムカツ事件あり!
でした~