絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

youkoの部屋

熱いんだけど、熱くは言えないよね(2014.1記)

学生の頃、
血が熱いよね

って言われて、そうなの?みんなはちがうの?

って、思って。

社会人になってからも、
同期や、上司から

熱くなりすぎると、辛くなるよ
仕事ってわりきれ

って言われ。

熱いって、怒りっぽいってことなのか
反省してみたり。

でも、年を重ねて、
熱くなるって、損することが多いなって
思うようになり、
割りと人からは
穏やかだね
と言われるようになってきて。

今、本当は 教室にきている子ども達に
伝えたいこと、たくさんあります。

保護者の方へのメッセージ、たくさんあります。

でも、
それは、熱い思いの押し付けにしかならない
そう思うから、

欲しい分だけを、とっていってね

って思う。

あなたのことをきにかけているの。

あなたへと、心を配っているの。

そんなことを思いながら、話せば
接すれば

きっと何がしかの欠片は届くでしょう。

それで十分って、満足しなくちゃね。


こうやって文を書いて発信する時にも

心を込めています。

ブログを読んでくださっている方にも

ちょっとしたエネルギーが、伝わって
少しぽっと温かいものが伝わったら

とっても嬉しいです(o^^o)



youko

変身?変心?(2014.1記)

ケアエクサを長く続けてきて、
去年、確かに自分が変わったと

心から納得してから、

なんと、過去も変わってきています。

あったことは変わらなくても

それを受けとめる心が変わると

今までとは、違うようにみえてくる

そんな不思議を味わっています。

確執や、苦手と感じていた人間関係も

それがもたらすものを、経験として捉えることができ

それは必要なプロセスだったと思うと

今までとは違う感謝も親近感も

湧いてきます。


とはいえ、

基本の自分は変わらないので

相変わらず、怠惰で、好き嫌いは激しいのですが

それも気に入っているから、良しとしましょう。

でも、
何かが深く変わったので

いつもリラックスした気持ちでいることや

正直でいることが、

楽にできるようになってきています。

真面目で、いい人ほど

生きづらい世界なのは、

大人も 子どもも同じかもしれません。

自分がリラックスして相手と対することで

相手の人もリラックスできる…

そうなりたい、と思っています。



youko
 

変わるもの 変わらないもの(2013.12記)

数十年ぶりに会った友達
苦手な人も混じっていたけど

全然平気で、

楽しく過ごせました。

なんでだろう。

それは、ね。

自分が、固まってきたから。

それを、前回のケアエクサで

宝石として見せられて

自信が持てたから。

自分が揺るがなくなると

人と話すことが、楽しい。

相手をわかりたい

共感したい

と、思うと、

相手も心を開いてくれる気がする。

それでも、

嫌いなものは嫌い

イヤなことはイヤ。

感じることは自由。

感じたことは、感じた人のもの。

それも わかったから

より、自由でいられる。

なんか、

幸せ

って、言葉を使うのが怖かった。

浅く使ってないかしら
そんなに簡単で、いいのかしら

そんな思いにとらわれていて。

でも、

幸せ

って、こういうことだなって、

この間、すごくわかった。

だから、今  幸せ。



youko

雑記

ここ最近で、心にのこったこと、引っかかったことを

まとめておこうと思います。

ーーー

インナーチャイルド、育ってますか?

ワークも進んでいくと、インナーチャイルドに会うものがあります。

これ、育つんですよ~。

でも、私の子は、まだまだ大きくならずにいます。

きっと、その年ごろで置き去りにした何かが、

まだクリアになってないんだろうね。

向き合っていく時期が、来てる気がします。

ーーー

TED というプレゼンテーションの番組で、

ハーバード大学が数十年にわたる追跡調査をした結果、

幸せになるために必要なものはなにか、を

発表していました。 さて、なんだと思いますか?

それは。。。

Good Relationship.

いい人間関係 だそうです。

私は、人間関係は、わりと器用に泳いでいると思っていましたが、

いい、人間関係は、

素直な自分の気持ちでつながれる関係

なんだな、って思います。

それがわかるようになった、ケアエクサに感謝です。

ーーー

こどもはみんな、個性的です。

結局、やりたい!と思わなければ、勉強はしないし、

できる!って思えなければ、続かない。

大事なことは

「がんばったら できた」

という、自分を支えてくれる体験をすることだと思います。

だから、大人が子どもの先回りをして、

なんでも準備をするのは やめてくださいね。

転んでOK! どんどん転ぶことが、その子の未来を創るんですよね。

痛そう! 見てられない!

でも、それを見るのが、親の役目かなって思います。

ーーー

で、ともすれば、子どもを大人扱いして、

人格もできているように思ってしまうけれど、

やっぱり、10代までは、「人格形成期」 なんですよね。

その時期に触れるものには、とても価値と、影響力があります。

親の価値観を、自分の価値観として育つ時期でもあります。

だから、そこはしっかり子どもを見ていてあげてくださいね。

どんなクラス、どんな先生、どんな友達 と時間をすごしているのか。

興味をもっているのは、なになのか。

家族の中で、愛されていると思っているか。

そして、多様なものに触れてほしいと思うし、

ダウンした時の、対処法も学んでほしい。

この時期に形成されたものが、大人になってからの自分の核に

なると思うから。

ーーー

以上、最近 心に残ったこと でした。

youko

課題は廻る

記憶の中で

取りこぼしたように

忘れていたり

忘れたふりをしたり

しながら、記憶に蓋をしたものは

それを解決できますよ、という

成長のステージで、よみがえることがある。

その時に、しっかりクリアできないと

それは、くりかえしやってくる。

それを乗り越えるたびに、

ステージが変わるのだろう。

時々、

クリアできるまで繰り返される事象に

苦しくなることもあるけれど

その時に、信頼できる友人がいて

自分には、きっと乗り越えられる

と、自信が持てれば、

それは、クリアした後の爽快感につながり

見えないゴールに向けて、頑張れる。

でも、頑張れるけど

その間は、苦しいね。

その苦しさも含め、

味わえることは全て

魂の成長につながると思えれば

また、違う趣を感じる。

課題の深さにおののきながら、

紛らわせに、少し飲みながら、

書くことで、整理した思考に勇気づけられ

また、明日、頑張ろうと。

成長を望む魂の声を

聞いていこうと思う。

youko

落としこむ

よく、

自分の中に落とし込む

って、聞きませんか?

でも、具体的にどうしたらいいのか

迷ったことは、ありませんか?


これも人それぞれだと思うのですが

私の場合は

あったことを思い出しながら

それがベストな対応だったかを考える

その時の自分の気持ちを

言葉でしっかり確認する

相手の気持ちを想像する

とかをしながら、

繰り返し、いろんな角度から

あったこと思う、んです。

全てのことにこれをすると疲れちゃうけど、

自分にとって大事なことは

いくらでも時間をかけていい、と

思っています。

それこそ、年単位で。

ケアエクササイズに参加していると

時々、あ、これは課題だな

と思うことに出会います。

誰かと課題を共有しながら

それをクリアしていく、

自分の成長を共に喜んでもらえる、

一人じゃない、と感じられる、

そんなこともケアエクササイズの魅力です。

春先は、心の健康に

少し不安を感じる人もいるように思います。

そんな時は、そうでなくても、

ケアエクササイズ、ご一緒しませんか?


youko

もうすぐです

image

都内は満開見たいですね。
うちの方は、あと一息。

陽が当たる木は、満開に近く
日陰の木は、五分かな。

与えられたところで、
自然のサイクルの中で
美しい花を咲かせる。

桜は私の中で、もの思う木、です。

youko