絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

絵画セラピー

絵画セラピーは怖い?

絵画セラピーには深層心理が表れるから・・・

それを怖いと感じる方もいるようです。
興味津々の好奇心旺盛な方もいる一方。

ありのままの自分を認めることは
怖いことなのでしょうか?

私も初めて体験した時には、
何がでてくるんだろう?
どんな言葉をもらうんだろう?
楽しみと不安と半々だったかも。

でもね、絵画セラピーは性格診断でも
占いでもないのです。
何をどんなふうに描いたから合格!とか
点数がつくわけでもなく
いい、悪いはまったくありません。
成功も失敗もありません。

ただただ、体験するたびに
その時の自分の状態を
客観的にみることができます。
第3者の目線で、感じることができるのです。

自分を知ることは、
実はとても面白い!
自分をわかってあげることが
自分にとって必要なことのひとつ
だと
そんな風にも感じます。


今の自分を客観視することにより
なんだかとても冷静になれたり、
自分でもわからず描いたものに
実は心からの願いが投影されていたりして、
それを「こうですよ」と、教えてもらうのではなく、
絵画セラピストの先生と話しているうちに、
そうか!そうなんだ!と
自分で気づいたりする、
そんな不思議な体験なのです。

もしかすると、認めたくない自分の状況が見えたり
することがあるかもしれません。
それは自分が頑張ってるから
敢えて見ないようにしていたものかもしれません。

でもそこを知ること、実感することで
ふっと肩から力が抜けたり、
頑張っていたなー、自分。と
自分を労わる気持ちが生まれてきたり。

いつもプラスなことばかりじゃない。
プラスもマイナスも常にある。
それを受け入れている人は強いですよね。

両方あるから人間なんです。
両方あるってことをわかっていることが
自分を成長させるんだと思います。

自分のプラスもマイナスも受け入れることができるなら
子どもや、まわりの人にも
プラスばかりを求めないでいられるのじゃないかな?

だから、怖くなんかないですよ。
自分や子どもを受け入れること、
プラスもマイナスもまるごと抱きしめること、
きっとじんわりと感じるものがあると思います。
すぐに頭で理解できなくたってOK!
むしろ答えを見つけようとしない方がいいくらい。
ただ感じるだけでいいんです。
そんな体験ってなかなかないですよね。
嬉しかったり、悔しかったり、
悲しかったり…
どんな感情も大事な自分の一部です。
自分の気持ちに、
ふっと寄り添えること、
それが心の栄養になる感じ。

でもでも、その前に!
一心不乱に描きつづけることだけでも
なぜか心がすっきりとしてくるのです。
それだけだって、すごいことだなぁと、
体験するたびに感じています。

自分には必要ない、と思えるのもいいことですよね。
でも、なんだか怖そうと思ってしまう人は
単なるとりこし苦労か、
あるいは、マイナスを見たくない
自分の弱い部分を認めたくないという気持ちが
どこかにあるのかもしれませんね。
弱い部分だって、大切な自分の一部ですから
目をそむけてしまうのは、かわいそうだなぁと
そんな風に思います。
もちろん心が弱っているときには
そんな力もわいてこない…それもよくわかります。

でも、前を見る心の余裕ができたなら、
弱い自分も受け入れている人こそ、
実は強く成長していける人なんだと思うのです。
認めるって、勇気がいることでもあるし、
変わろうと思えることだって、覚悟がいるわけですから。

私ももっと強く前向きに
そして柔軟になっていきたいです~
(つまづきながらも修行中!)

風に揺れる木々の活動も7年目。
たくさんの経験と学びを糧に、
絵画セラピーと心理ワークを組み合わせた
心理講座を企画中です

絵画セラピーの定期開催もいつかは実施したいと
考えております。

応援よろしくお願いいたします

miwako





言葉

言葉がなぜ、大切なのか。

なぜ、点数をとれる国語の勉強法が、

人の心を育てないのか。

そんなことを考える時間を持つことができました。


大人の都合のいい子ども

雰囲気を必死で読んで、それに沿う思考、発言をする

大人の思考を読んで、正解を導こうとする


そんな、大人に都合のいい子どもを育てようとしていませんか?


そうではなく、

子どもから発せられる言葉を、

正誤の判断で決めつけるのではなく、

まずは、受け入れて、

そこから、どうしてそういう考えをしていったのか、ひも解いていく。

そして、表現や考えを 認めて

さらに、一歩広い世界があることを示してみる。

そんな大人が、必要なんだと思います。

私は、仕事として、それをしていますが、

実は、絵画セラピーは

大人の意向を気にせずに、自分を表現できる場

なんですよね。

だから、とっても正直な心模様が現れてきます。

そこからのメッセージは、心を打つものが多々あります。

そして、

見えてくるからこそ、

保護者の方とも、気持ちを共有して話がしやすいんですね。


新学期がはじまって、

緊張がゆるむタイミングで、夏に向かい体は少しお疲れになってきます。

もし、心もお疲れになってきたら、

ぜひ、絵画セラピーへの参加をご検討くださいね。

気持ちを思うままに表現する気持ちよさ

そして、それを受け入れてもらう気持ちよさで

確実に、子どもの心が 晴れに向かっていきます。


私たちも、そんな素敵なひと時を過ごすことを

楽しみにしています。 youko

絵の通訳者達

2009年より活動開始致しました『絵画セラピー講座』
6年間、延べ約400名の方々にお越しいただきました。


『大人のための絵画セラピー』
では

とても明るくしていらしても、直面している悩みがあったり

ずっと根っこに持ち続けていることが、払拭できなかったり

ご自分では気づかなかった部分こそ、本当は一番知りたかったことだったり

ここから先、向かうべき方向性を知りたかったり


そんな思いを胸にお越しくださる方が多いのですが
そんな事柄が、ご自分が描いた絵には歴然と表れています!!!



『子どものための絵画セラピー』
では

この日ばかりは、気持ちのままに在ることを、すべて受け入れてもらえる体験

自分自身を味わう体験

両親から、もう一度生まれい出る体験

そして想いを絵として表現することで、心からスッキリとする体験


それを経て、本当の深層心理がその絵には歴然と現れてきます!!!


毎回、ほとんどの方が初対面な訳ですが
絵画を元にひも解いてゆくと、みなさん本当に驚かれます。

「どうしてそこまでわかるんですか?!」


ご自身が、自分から湧き出るように描いたもの・・・

それは、
もうとっくにご自分の事を、ご自身がわかっているからこそ!
ちゃんと答えも出ているからこそ!

描いている訳ですよね?

それなのに、それでもなかなか自分の深い思いに、気づかないんですね。

人間って不思議です。


ですので、
目の前の絵が 伝えて欲しい事柄を次々と私に訴えて来るのです。

それをつぶさにお伝えしていきます。



ある時、お越しくださった何人かの方々から

「先生は、絵の通訳者なんですね。」

と言われ、
「言い得て妙、かもしれないなぁ」と思った次第です。



そして、自身が何度もこの『絵画セラピー』を体験し、
またアシスタントとして講座のサポートをしていく中で

「もっともっとこの講座が広がり、
自分自身を大切に生きる人が増えていったらいいな。」

「お互いを思い合っているのに、ちょっとした掛け違いが起こっている
親子のサポートができたらな。」

「子ども達が、ありのままでいることの気持ち良さを味わって、
自分をもっと好きになって欲しい!」


スタッフの胸には、そんな思いが広がって行き
それぞれが【絵の通訳者】になるべく、
月に一度集まり、絵画セラピー勉強会やミーティングを行っています。

みんな、自己研鑚に余念がなく、本当に真面目に真摯に取り組んでいます。

そのレポートたるや、35回分 180枚ほどにもなり
まさにみんなの血と汗の結晶です。

[宝物]と言っても過言ではありません。


そこを経て、この講座が絵の通訳者達によって
益々広がって行きますことを願って止みません。


いつかどこかで、みなさんとお逢いできる日を
スタッフ一同楽しみに励んでまいります!

受容の経験

<2014.8.10 記>

こどもの為の絵画セラピー

を体験することの価値、それは

受容され、共感される空間の中で、

思った通りの自分を表現することができる!

ことかな、と思います。


わが子は二人とも経験者。

親として参加した時は、

すてきな時間を過ごしてきたんだろうな、

今の辛さも、喜びも、願望も

みんな絵にでてきてるんだな、

という、どちらかというと、

分析、読みとりに

価値があるように、感じていました。


今回、縁あって、絵画セラピーにアシスタントとして参加した時、

子ども達とまるまる2時間過ごして感じたことは、

最初に書いた、価値 でした。


たった数時間の邂逅

たった一枚の絵

たった一言のメッセージ


でも、そこに 限りない受容と共感があることで、

子ども達の心に感情の広がりを与えている

そんな風に思います。


すべて受容され、共感されたこどもたちは、

その時の感情のすべてを表して

それは、かならずしも、いい子になる、ってことではないけれど、

その目が!

とっても生き生きとしてきます。

子どもの性格によっては、100%は表せていないことも

あるかもしれません。

それでも、

その日 up した感情のラインが下がることはないと思います。

その経験に、とっても とっても

価値があるな、って思います。



youko

子ども絵画のアシスタントとして

<2014.8.9 記>

5年前にはじめたアシスタントのお仕事。

最近はリピーターのお子さんも増え、

1年ぶり、2年ぶりに大きく成長された様子を

見せていただくこともあり、

たった数時間の出会いだったにも関わらず

「お帰りなさい」と

心から嬉しくなることもしばしばです。


最近のブログでスタッフのひとりが

「脱帽」というタイトルで

子どもの素晴らしさを書いていました。


絵画セラピーのアシスタントについていると

まさに「脱帽!」の瞬間が多々あります。


大人は長年培ってきた習慣や

身にまとってしまった自分を守る鎧、

理屈や世間の常識的な頭で考えだしたこと、

これらにがんじがらめになってしまいがちですが

子どもたちは大人よりずっとずっと

「感じること」が得意なのです。

そして、自分を受け入れてもらえる環境にいたら

なんと素直に自分を表し

きらきらと輝きだすことか。

本来の自分に返るシフトチェンジのはやさ、

潔さ、まさに脱帽です。


アシスタントとして何をしなければ、ということは一切なく

ただただ子どもたち全員をまるごと受け止め

いっしょに楽しく時間を過ごす、

この共感の時間がとても好きです。

もちろん、危険なこと、人を傷つけることはあってはなりませんが。


もしかすると自分も子どもに返っているのかもしれませんね。


セラピーが終わるころの子どもたちは

まさに見えない翼が生えたかのような

自由を満喫している笑顔になります。

必ずしも活発になるということではなく

そのお子さんなりにです。

おとなしい静かなお子さんも

その表情でわかります。

なかなか落ち着かないお子さんも

日常とは違う体験をすることで

何かを感じてくれたかな?と

そんな一瞬があります。


いろんなものを脱ぎ捨てて

生まれたままの自由な自分に戻る時間。

それが絵画セラピーの一番の癒し効果でしょうか。


河合隼雄さんが著書の中で

「子どもの時間に沿っていくことは
 
本当はおとな自身が癒されていることなんです」

とおっしゃっていました。


頭でっかちな大人たち(かつての子どもです!)が

心のままに生きる子どもたちの姿を

美しいと感じることができることが増えると

子育ても変わっていくのかもしれませんね。


絵画セラピーでは、私自身も癒されています。

そして講師からフィードバックを受けた保護者の方も

お子さんから元気をもらったり、

そのまっすぐさに感動したり、癒されたり。

そんなご感想も多くいただきます。

頭で良い悪いを判断したり

問題点を見つけて解決しようとしたり、

そんなことは不要で

ただ、「感じる」

これを素直に受け止めることができるお母さまたちも

ステキです。


あぁ子どもたちから受け取れることって

本当に大きいですね。

かつての子どもだった私たちも

「感じる」ことを取り戻していきたいです。


Miwako

素の自分に戻る時間

絵画セラピーを始める前によく伝えていることがあります。

それは「私からのフィードバックは二の次」ということです。


今回4回目になる絵画を受けられた、Mさんのように

ー 描きたいものがお腹の底から沸き上がってきて描かずには居られない
  そして出し切った後に宇宙と繋がったような 不思議な心持ちがした
  心からスッキリとした

と。

そして、こちらにもシェアしてくれたKさんのように

ー 真っ白い画用紙に向かうと、突然映像が迫ってきて、しかも動画で
  塗りたい色を塗っているときの爽快感、何とも言えず気持ちが良く、癒されて


このお二人のように、普段ではなかなか味わえない感覚を味わうことができたなら…

もうこの時点でご本人はほぼ満足。

何より、自分で自分をメンテナンスする事ができたのですから…

これを手にできたなら、ワークショップの意義は、達成されたと思っています。


ですから、よく絵画セラピーが恐いと仰る方は

受ける方自身が事前のワークを通し、また絵画を通し、本当の自分自身に戻る時間
それを[気持ち良いなぁ]と味わう時間


それこそが 一番の目的だと捉えて頂きたいと思います。


また子ども絵画でしたら、

「うちの子は問題あるに決まってるから、それを直す為のアドバイスを!」
と仰る方もいますが、

お子さん自身が心から愛されていることを実感し、安心する場を手に入れられること

そしてじぶんの想いを出し切り、それを全て受け入れられるということが
こんなに気持ちいいことなのだと感じる時間

それこそが 一番の目的なのだと捉えて頂きたいと思います。

だって【子どもの為の】 ですからね(^_-)


ワタクシのフィードバックなぞ、おまけ ですね。


先のお二人や継続してご参加の方々のように、

日常生活の中で余分なものをそぎ落とし、

正直に、ピュアになればなるほど ご自身の感覚は開かれて行き

受け取るものは本当に多くなっていきます。


いろいろなものを受け取る
おもしろさ!楽しさ!

それを知ったら、

「生きるって本当に面白いなぁ。やめられまへ~ん」

と思えると思いますよ(^_-)-☆


「魂が喜んでいる!ってこういうことかぁ」

と実感できると思いますよ。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。

注) 怪しい者ではありません



なかなか一度でこの域に到達するのは難しいです。

瞑想と同じ。

最初は雑念があったり、こう描かなければという、初めに形ありき
になりがちですから。

半年~一年毎くらいを目安に、継続して受けられる事をお勧めします。




kimiko