絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

心と身体のケアエクササイズ

今年一年、ありがとうございました

今年一年、皆様にとってどんな年だったでしょうか?


今年最後のケアエクササイズでは、
時節に合わせ
『漢字一文字で今年一年間を表す』
というワークを行いました。

皆さんそれぞれに一年を振り返り、思い起こし
様々な思いに浸りながらも
自分の中を探って探して深く見つめて、一文字を書き起こしました。

それは本当にその人その人を表した文字で・・・
感慨深かったです。


そして周りの方々からも、その人を表す一文字を伝えてもらいました。

意外なところを見てくれていて の一文字や
納得の一文字
応援となり励ましてくれる一文字


たった一文字に込められた
その後ろにあるたくさんの想いを大事に胸にしまい
来年も歩んで行きたいです!!



皆さんの一文字は?
なんでしょうか?

そして貴方の周りにいる方を表す一文字は??


そんな視点から一年を見つめてみると
意外な発見があったり!

一年間言い足りなかった愚痴も出てくるかもしれませんね~
溜めずに上手に出しちゃいましょう!
(あくまでも『上手に』ね!!)
それも大事なコミュニケーションの一つです。

そして、自然と感謝の気持ちにも気づくかもしれません。


なにより
普段考えたこともなかった

自分の日々を振り返り
自分自身にも「一年お疲れ様でしたぁぁ」って言ってあげる

なにより
普段考えたこともない

一番身近な人の一年に思いを馳せてみる
相手をより理解でき、相手とのより良い関わり方が見えてくる


心のお掃除や気持ちの整理も

気持ち新たに新年を迎えるために
そして素敵な一年とするために

必要不可欠かもしれません。


皆様、良いお年をお迎えください

    

kimiko



うれしかったこと(2013.12)

昨日 12/1は いつも参加している南越谷の3時間ワークの年内最終日でした。


去年、ちょうど年末から年始にかけて

自分の思い癖を まざまざと見せられて
(見ることができて)

以降、自分が変わった気がしていて。

とっても思考が軽くなっていったのを感じていて、

同時に、今までがんばっていたことをがんばらない

だらしない自分も見せられた1年でした。

そして。

昨日のワークでは、

まさに ご褒美ともいえるものを受け取りました。

「自分の中に確信が見えたから、受け取れたんだよ」

の、言葉が素直にうれしかったです。



自分の気持ちを素直に伝える

これは、なかなか難しい。

自分の気持ちが100%きれいではない、と思っている中

汚い、醜い部分を見せても、

なお、人から受け入れてもらえるのか

そこに自信が持てないから、できなかった。

でも、100%きれいじゃないのは、当たり前だし、

自信があるから、する

じゃなくて、やってみて、

それから やり直す があっていいのかなって 思って

その、

やり直しの 苦しく 醜い気持ちと向かい合うことが

自分の人生を豊かに 美しくしていくものなんだな

って、さらに、

人に、迷惑をかけてもいいんだ

って思ってから、 とても楽になった気がします。


迷惑をなるべくかけない

これは当たり前です。

でも、必要以上に気にすることはないんだって。

自分も本音で話していれば、

相手だってきっと、それは迷惑ですっていってくれる。

そしたらそこで、

ごめんなさい

って、いえばいいんだ。

その、相手に対する思いやり、配慮 と思っていた部分が

実は、相手に対しての 信用してなさ につながると

本当に腑に落ちた時に、

また 転換期を迎えたような気がします。


そして この年末。

自分の中ですこしずつ、

「ゆらがないもの」

「つっつかれても、自分は自分」

って言えるものが、増えてきました。


そんな中、受け取れた 瞑想の中のイメージ。


もう昨日から 微笑みが止まりません。

今年の年末は、いい感じ。

youko

花開く

image


前記事のmiwakoさんと、同じ回のケアエクサに参加しました。

そのワークの中で感じたこと。

特定の誰かに、どうして欲しい、とは思わないな。

でも、誰の助けもなく、自分を育むのじゃなく、
色んな力を借りていいんだな、と。

その結果、描いた花の絵は、

自分としては稀に見る ほど

力強く美しく花開いた絵になりました。


心のままに描いて、
描いた絵に、自分で癒されました。

魂の成長は、なかなか見えません。

でも、ふと、

自分の考えが、ブレず、動じず

苦手と思った誰かを素直に許容できた時

親との関係性に違った視点を持てた時

あ、成長したのかな、と感じます。

そんなタイミングでのワークで、

自分の心の成長の今とこれからを

目で見える形で出してもらったようで

とても嬉しい、ニヤニヤが止まらない

結果を得ました。

でも、1人じゃ、来れない場所。

1人で頑張るのも大事

そして、

誰かを受け入れることも大事

プラスで

誰かに受け入れてもらうことも
すごく大事

そんな、素直にいい風が吹いてたな
と、思える回でした。

youko



扉があいていく

月に1度のケアエクササイズは
心と身体のリフレッシュとメンテナンス、
そんなかかせないものになっています。

心理ワークのみならず、近況報告で最近感じたことのシェアなどからも
たくさんの気づきをもらえることがあります。

自分のセンサーも敏感になっているので
まったく別の現象からも、
自分へのメッセージを受け取れることがあったり。

私が何気なく言ったことが
別の人に別の観点から響いたり。

そんなことがお互いの間で起きていて
今日、これを受け取るためにここに来たのかな?と
感じることも多々あります。

先日のワークは上級ワーク。
中身については、これから体験する人もいると思うので
触れないでおきますが…

絵を描き終えて、文字を入れ、
自分の深い深いところをさぐってみてと言われたのですが
そこから書き出したものは、どこかちぐはぐ。
まとまりがない感じでした。

でもkimmy先生やメンバーと話しているうちに
なんだ、そういうこと?という気づきが訪れ
(さすがkimmy先生!)
何とも言えないすっきり感。

面白いものです。
プラスもマイナスも全部受け止めてると思ってたのに
そうでもなかった
いやな気分になる自分を認めていなくて、
そうならないようにどうすればいいか考えていた。

心がざわつくのが嫌だったんだね。
でもざわついてもいいんだよ。
ざわついちゃったなぁと思えば。
それを解決しようとしなくてもいい時もある。
こだわりすぎなくていいこともある。
そのままうけとめれば??

なんのことはない、
いつも自分が発信しているようなことでした!
感情に、いい悪いはないんだよって。

自分のことって、本当になかなか見えてないんですね。

この日はとってもすっきり。

ざわざわOK!って開き直れた感じ??
そんな自分もOK!って認められました。

具体的なことを言っていないので
わかりにくくてごめんなさい


帰り際、kimmy先生が
「こうやってまたひとつ扉が開かれたね」と
声をかけてくださいました。

扉がどんどん開かれていくのは
本当にすがすがしい気持ちです。

「またひとつ自分に自信が持てるね!」とも
言ってもらいました。

確かにそうです。
揺らぎがなくなってくる。
ぶれない自分に近づいてくる。

自分を見つめる。
そのことの深さ、おもしろさ、時に辛さ…
心の成長には痛みをともなうこともあります。
でも、それだからこその喜びがそのあとにあるのです。

少しずつ、少しずつ、
みんな成長していけるんですよね。
年齢にかかわらず!

求めよ、さらば与えられん。
求めなければ与えられないものです。
必要ないと思う方もたくさんいるんでしょうね。
(残念!)それも選択の自由ですが。

1枚ずつ薄皮を脱いだように変わっていくメンバーからも
刺激と喜びをたくさんもらいます。

自分発見の扉はきっといくつもいくつもあるでしょう。
またひとつ、またひとつ、
扉を開けていく作業が、
確かに自分を成長させている、
そして柔軟になっていくと
嬉しく思えた昨日でした。

ケアエクサ6年目です~

miwako

メディテーション内観法再び…

「メディテーション内観法」は

1年3か月ぶりくらいの体験でした。

何回か記事にしたこともありますので

興味のある方は過去記事をご覧くださいね。

2つほどリンクを貼っておきます

「リボン」
http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1058793695.html

「メディテーション内観法」
http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1029466485.html



このワークはメディテーションの中で行われます。

初心者にはわりと難しいとされています。

なぜかというと、頭で考えてしまい、

自分で操作してしまうことがあるからです。

そんなはずはない、と浮かんだものを否定したり

そんなこと言われても見えるわけがないと

ワークそのものに信頼がおけなかったり…

ひとつひとつにつっかかって

ジャッジしたりせず

あるがままに、そうなんだ~不思議だなぁと

ただ受け入れる心持ちになれるといいですね。

ですから心理ワークにある程度慣れた方向きなのです。

それでも「なんで~?!」なんて思うこともあります。

そんな時は、そう思っちゃった自分がいたなぁと

客観視できればOKです。

そうなってしまったのはどうしてかなぁと

あとで自分で落とし込む材料にもなります。


本当に不思議なこの体験。

今回は、箱の中に使いかけの鉛筆が入っていました。

よーく見ると、3本くらいあって

どうも色鉛筆のよう。

箱もいつもの紙の箱ではなく

木でできていて、留め金はちょっと豪華な飾りつき。

私にとって「書くこと」がやはり大切な部分であり

好きなことのひとつでもある、

それから、絵画セラピーの良さを

これからも伝えていきなさいってこと?

そんな風になんとなく感じました。

他にもたくさんの気づきや嬉しいことがありました。

亡くなった母がいつになくアップで表れて

すごく応援してもらっているのを感じたり。


こんな経験ってなかなかできないですよね。

沢山の人にお勧めしたいですが…

すぐにできるものでもないので💦

ぜひケアエクササイズをご体験いただき、

心理ワークのあれこれを

ご自分の生活に生かしていただけたらと思います。

そしてメディテーション内観法も

いつの日かぜひ体験してください。

自分の中にある本当の思いを

自分で感じ、手に取ることができます


miwako




自分をねぎらう

風に揺れる木々提供の講座は

ケアエクサと略して呼ぶことが多いのですが

「心と身体のケアエクササイズ」の名前のとおり

心も身体も、どちらも大切に扱っていくこと、

それを大事にしています。

そしてそれは本当に必要なことだと思います。


講座の中では

必ず身体をほぐして瞑想をおこないます。

ストレッチ、リンパマッサージ、ヨガ、

時にはリズム運動、

上級コースでは自分の気を整えたり…

絵画セラピーの講座でも

身体をほぐすことは大事な要素です。

丁寧に教えてもらえるので

家でも自分でできるものがたくさんあります。


心と身体は相関しているもの。

身体がほぐれてくると

気持ちもとてもリラックス!

逆に心が疲れているときは

身体にも不調が現れたり…

また、けがをしたり病気をしたりすると

心も元気がなくなりますよね。


だからどちらのケアも大事なのです。




参加者の方が

「目からうろこでした!」と伝えてくださったのが

自分をいたわるマッサージです。


いつも家事をしたり、字を書いたり

パソコンで仕事をしたり、

ご飯を食べたり、運動をしたり

一日中がんばっている右手、左手を

感謝の気持ちをこめて

「いつもがんばってくれて、ありがとう」と

順番にマッサージするのです。

そして手だけにとどまらず

身体の様々な個所にフォーカスしていきます。


心臓の鼓動を聞き、

生まれてから一度も休まずに

ずっとずっと動いてくれて

いつも一緒にいてくれて

ありがとう。

本当にえらいね。がんばっているね。

そんな言葉をかけてあげます。



いつもは当たり前すぎて

気にすることなどありませんが

ふとした時に、

例えばお風呂にゆったり使っているときなど、

これを思い出して

自分の身体をねぎらいます。


自分の身体は自分自身。

切っても切れない存在なのですが

あまりに当たり前すぎてふだんはほったらかし。

それはつまり、自分をほったらかし、後回し、

大事にしていないということなんです。


がんばってますよ、みんな。

手も足も、頭も、背中も、腰も、内臓も!

目には見えない、やって当たり前のようなことを

日々続けているのです。

だから時々それに目を向けて

ねぎらってあげましょう!

それは自分自身をねぎらうことにもつながります。

自分のことですもの、

自分が一番いたわってあげて

大切にしてあげなければですよね。

自分が一番の理解者でいたいです。


今夜のお風呂タイム。

ぜひぜひ、やってみてください

自分のケア、していきましょう。


miwako

日々の振り返り していますか?(2014.1記)

ケアエクサ(正式には「心と体のケアエクササイズ」)では
ワークの一部として、近況報告をしあうことがあります。

日々感じること、嬉しかったこと、驚いたこと、
辛かったこと、疑問に思ったこと、
家族のこと、仕事のことなど様々です。

始めた当初は、もっとインパクトの強い?ワークや
新しいものに興味がひかれていたので

えー?どうして近況報告なの?なんて感じたこともありました。

なんだか地味な気がして。(笑)


今思うと、自分を振り返ることに慣れていなかった、
ということもあったかも。


忙しい日々を送っていると、毎日が流されていきますよね。
時々たちどまって、自分を振り返る。
今はこの作業が自然なこととなり、大切なことのひとつです。


信頼できる場で、自分の思いを語ること。
しゃべりながら、自分で自分の気持ちを整理していることもあります。

ふと、「気づき」がおりてくることもあります。

より明確に問題点がみえたり
別の角度からの意見をもらえたりして
客観視がすすみ、思いを深めていくことができます。

時に励まされたり、一緒に喜んでもらえたり、
哀しみや怒りを共有してもらえたり。

また日々のちょっとしたことに、
実はその人の考え方や行動のくせが表れていることも。

訳が分からないけど、違和感を覚えたことなども
話しているうちに理由がわかったり。

そこに気づくと、また新しい展開が待っていたり。

始めたころは、表層しか見ていない、聞いていない状態だったので
近況報告と言われてもなぁ~と
挨拶代りくらいにしか感じられていなかったのですが!


考えてみると、まじめな作業ですよね。
でもそれは、自分の感情を丁寧に大事に
扱っていることにもつながっています。

自分の事ばかりでなく、他の方々からも
学ぶことが沢山あります。
それぞれが毎日を一生懸命生きていることも実感します。


人は大人になるほど
手っ取り早く満足することを求め
インパクトの大きいものに魅かれ、
日々の感情はとりたててみることもせず、
ただただ流してしまい
それを十分味わう作業をしなくなるのでしょう。

日常の、ふだんの自分が充実していくことが
本当は一番なのですけれど
それを見ている人はどのくらいいるのでしょう。

そういえば子どもの頃は
行事の度に作文を書かされていた?
書くことで全体を振り返り、
もう一度その時の感情を味わい、
自分の中で深めていく効果があったのかも。


私もケアエクサがなかったら
もっともっと仕事や家事に追われ
自分を見失っていたかもしれません。

自分の感情を一番後回しにしていたかもしれません。
(そういうお母さん、多いですよね! 要注意!)


***


ケアエクサに興味をお持ちいただいている方々。

どうかインパクトは求めずに。
淡々と向かい合っていくことで
その先に見えてくるものがたくさんあります。

そしてそれは手っ取り早さを求めている人には
手に入れることができないものなのです。
誰かが教えてくれるわけではなく
自分で気づくものだから。

時々立ち止まって、振り返る。
ぜひ、この作業をやってみてくださいね。


よろしければケアエクサにどうぞご参加ください。
そしてわけがわからなくても
淡々と習慣のように続けてみてくださいね。


Miwako