絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

こころ

カラダの疲れを感じたら・・・自分なりのリラックス方法

朝晩が涼しく感じる季節になりました

気温の変化で体調を崩している人もいます

カラダを休めるのが一番ですが
カラダと一緒に頭や気持ちもゆっくりできる
環境づくりをすると、いいのではないでしょうか

私のリラックスタイムは・・・・
目を閉じての深呼吸~

ゆっくり吸ってゆっくり吐く・・・・
2~3回繰り返すだけで、頭がすっきり、目の前が明るくなります

それから、
日々の生活の中で、行動を少し変えてみます

例えば・・・
朝、歯を磨く前に、鏡にニコッとしてみたり
スマホを見る前に、空を見上げたり
あいさつに声を張ったり・・・・

ちょこっと行動を変えると
心にゆとりがうまれ、カラダも楽になる感じがします

8月最後の一週間は、
自分なりのリラックス方法を見つけてみてはいかがでしょうか






michi























頭で考えすぎないこと

かの有名なブルース・リーも
映画の中で言っていました。

Don't think.
Feel.

考えすぎてはダメなのです。

何かをするとき、
人は考え、判断をし、行動を決めます。

答えを求められたとき、
思考を巡らせ、最適の答えをだそうとします。

自分の感情はおいておいて。

ほとんどの大人はそうですよね。
それが求められる場面も多いですから。

でもそれが日常になっていると
自分がどんなふうに感じているのかさえ
わからなくなってしまうことがあります。

大人になるほど頭でっかち。

もちろん、考え抜いてやるべき時もある。

でもふっと力をぬいて
自分の感覚に集中してみる。
そんな時も大事だなと思います。

あ、これって瞑想も同じですよね。
超リラックスした状態になると
本当にどこまでも自由に飛べる気分になるし
とてもリフレッシュできます。

自然の美しさに圧倒され、
パワーをもらうこともありますよね。

きっと頭の中が忙しすぎたら
美しい夕陽にも気が付かないかもしれません。

Feel.

感じることに集中できたら
無限のパワーが発揮できるのかも?!

ブルース・リーのように戦う必要はありませんが。

ジェダイの騎士も同じです(^_^)

昨夜のドクター・ストレンジでも!!

できないと思ったら決してできない。
考えてはダメ。
判断してはダメ。
委ねる。

自分の感覚を信じる。

映画からも学べますねー。



頭で考えすぎてるなと思ったら
一息つきましょう。


Just feel !


miwako









縦の関係・横の関係

人との関係の結び方、
それぞれ特徴があるなーと思います。

自分はどちらでしょう?

私は横並びが好きです。

尊重しあい、
困ったときは助け合い、
教えてもらうこともあるし、
教えることもある。
励ましたり励まされたり。

大人でも子どもでも同じです。
小さいからと言ってみくびってはいけない。
子どもの方がすごいなと思うことも
たくさんありますよね。

その人のタイトルはあまり気にしません。
すごいなーと思ったり
心から尊敬したりもあるけれど
自分と比べることはしない。

ひとりひとりを別個に考えている、
そんな感じ?

これはたぶん自分の親が
子どもを束縛することもせず、
認めて自由にさせてくれていたから…?
そればかりではないと思いますが、
そこは本当に感謝です。


縦の関係はどうでしょう?

支配する側とされる側。
対等ではない感じがとてもします。

支配するというと強く聞こえますが
実は自分が欲しているものを
相手の中に求めている。
その関係性の中で
自己肯定ができた感じになったり
自己満足が生まれたり…

あなたのためにやっている…
特に親として、言いがちな言葉ですが、
本当に子どものため?
本当は自分のため??
そのあたりは、ちゃんと深く
見ていかなくてはなぁと思います。

自分ががそうしたいからやっている。
それを自覚して終わりではなく、
どうして?なんのために?を
見ていくと、自分の深い部分に気が付いて
自分を癒すことができるのかなぁ。

自分がやりたくてやったことでも
どこかでその見返りを期待しているとしたら
それも依存関係なのかなと思います。

感謝されるのが嬉しい…
これも危険だと思います。
感謝されるためにやっているとしたら。
無意識にそれを望んでいるとしたら…

あるいは誰かにとことん心配してもらい、
大切にされることが嬉しい。
人ってそんな時もあるとは思うけど
自分の足でたっていたら
過剰にそれを求めることはないでしょう。

縦の関係は、共依存。
そんな感じがするので、
なんだか居心地が悪いです。

それは強い人の意見だよねーと
思う方もいるかもしれませんね。

でも、確かに弱っているときや
そうせねばいられない環境だったとき、
それを否定するきもちはありません。
それが必要な状況もあるはずだから
どちらが正しいかという問題ではないです。
自立しているか、していないか?
それはあるかもですが
それが自分にとって大事なことなのかどうか?
人それぞれの意見があってよいと思います。

私は人間関係で
何かうまくいかないとき、
違和感があったとき、
自分の関係性の持ち方を見直します。

そしてできればいつも
横の関係を築きたいと思うのです。

ここに相手の想いとずれがあると
うまくいかない気はしています。

しかし…
誰もが自分と同じ考え方ではないし
いってみれば個人的な問題だから。

それぞれの今の想いがあり、
だれもが一生懸命生きている。
横の関係の目線で見たら、それがわかる。
尊重することもできる。

自分が正しくて、相手が間違っている、
そう思うのは縦の関係?
その思いにとらわれたら
そうなっちゃう気がします。

色々考えて
気持ちが揺さぶられることもあります。
まぁ、それも良しとしよう。

違和感の原因はなんだったのか。
それが人との関係性の持ち方に
けっこうあるような気がしています。

こんなことを意識するようになったのも
ケアエクサで学んでいるおかげです。
自分を見つめなおす機会が
あることに感謝しています。

自分はそういうタイプだからと
深く考えないのもありですよね。

でも、自分を探っていくこと、
自分にはとてもあっています。
納得すると解決することもあったりして
すっきりします。

日常にさまざまな学びがある。
もやもやを話せる場がある。
月に一度、皆さんもいかがですか?

年単位で変化が感じられると思います(^_^)
てっとり早く気付く方法はないので
じっくりゆっくり取り組むつもりで
続けていけるといいなと思います。
私ももうすぐ10年になります!

忙しいこの時代、時間をつくることが
大変かもしれませんが。


miwako


























自分の心が結果を決める

最近読んだ本で、

「習慣を変えることができるのは人間だけ」

という言葉が印象に残りました。

意識をして、練習を積むことで
長年身につけてきた思考のくせなども
変えることができるそうです。

習慣がその人となりをつくっているのですから
それをよりよく変えていけば
人生も変わっていいくということです!

確かに、確かに
「心と身体のケアエクササイズ」で
定期的に学ぶようになって、
私も、まわりの方々も
自己客観視ができるようになり、
心のありかたについて考えたり、
成長し、変わってきているところです。
ずいぶんと物事のとらえ方が
変わってきたと思います。

自分はありのままの自分でいい。

それももちろんあります。
大事なことです。
今の自分を、プラスマイナスひっくるめて
けっこういいじゃんと受け入れられること。
自分はダメな人間だとは
これっぽっちも思いません。
だって一生懸命生きているし!

でもやはり常に目指したいのは自己成長。

まだまだ手放した方がいい
長年の思い癖や習慣があるものです。

自分でなんとなく自分の限界を
設定していたり??

それが良いものだったら持ち続ける。
でも、それがあるために
不便を感じているのなら
手放してしまえばよいのです。
(受け売りですが!)

とはいっても、習慣とは無意識だからこそ
習慣になっているのであって、
意識しないと変えることはできません。

またやっちゃったー
みたいな繰り返しってありませんか?

その繰り返しが、もう慣れきっていることで
それがないと自分じゃない?
なんて思っていたらもったいないです。

人間は習慣を変えることができる。

言い換えれば、もっと幸せになれる。

これでいいや、この程度で。
どうせできないに決まっている。
こんな風になるわけがない。

全部、自分の心が決めているのです。
心が求めていないのですから
実現のしようがありませんよね。

自分の心が結果を決める。

そう思ったら、最善の結果を思い描く。
プラスの言葉で自分の心を満たす。
きっとうまくいく。
とても幸せ。
私は健康にも恵まれている!

心と身体は連動しています。

笑っているときにでる幸せホルモン。
そんなニュースもありましたよね。

笑っているふりをしているうちに
笑顔が習慣になったり
楽しい気持ちになってきたり…

プラスのイメージを習慣にすればよいのです。
最初はうまくいかなくても
習慣にするには積み重ねあるのみ。

「できない」は禁句だそうです。

プラスのイメージをもつこと、
自分にプラスの言葉を言い聞かせること、
これって誰でもすぐにできることですよね!
(多少ハードル高くても

ちょっと調子のいいやつみたいですが
そのお気楽さって大事かも。
一生懸命なりすぎないのもポイントらしい。

もちろん、できないことがあってもいいし
マイナスの感情があってもいい。
そんな自分もいるよね。
でも、自分が目指すのが幸せな自分なら
その感情におぼれていなくていい。

幸せなイメージをもつこと、
とても大事だそうです。

ただし手法にこだわりすぎてはいけません。
結局は自分の心のありかたを見つめなおす、
そういうことなのです。
自分がどうありたいかってこと。

しかし時には、やり方を変えてみることで
変化が訪れるのも事実です。

いつも「ありがとう」が言えない人。
1日50回口にしてみると決めて
わざとらしいなーと思いつつ、続けていたら
感謝の気持ちが芽生えてきたという
そんな話も聞きました。
きっと周りの反応が変わったんですね(^^)
自分が変わると周りも変わる。

練習っているのかも。
積み重ねが習慣になるから。
習慣がその人をつくっているのだとしたら
良い習慣をもちたいですよね。

どうなりたいですか?
どうありたいですか?

自分の心が結果を決める。

心との対話も大事だなと思います


miwako





















2018年はどんな年にしましょうか?

2018年がスタートしました!

みなさんはどんな誓いをたてましたか?

英語圏でも、
New Year's resolution(s)といって
同じように、
今年はこれを実行するとか
悪い習慣をやめようとか、
年初に誓いをたてるそうです。

年が切り替わるときに
気持ちも切り替える…
自分を見直すにも
とても良い時期なのだと思います。

しかし人生、いろいろな時期があります。
思うようには動けない時もあるでしょうし
現状維持が精いっぱいの時だって。

それはそれでよいのです。
自分が悪いわけじゃない。
人生山あり谷あり。
谷にいる時は、
意識してリラックスする時間をもったり
少し自分を甘やかしてもいい。
バランスが大事ですものね。

じっくりパワーをため込む
充電期間だと割り切るのも良し!

そんな時期を経てこそ
得るものもあるのだと思います。
その体験があってこその
学びや自己成長だってあるはず。

もちろんすべてに
意味づけする必要もないですよね。

表面的なことに振り回されすぎず、
も大事です。

あぁあの時は辛かったけれど、
自分なりにがんばったなーと
思えるときが、
後からきっと来るのだと思います。


新年の誓いは
「自分を大事にする」
それだけでも素敵だと思います。

頑張りすぎているあなた、
ぜひとも自分を労わる時間を
もってあげてくださいね。


絵画セラピーやケアエクササイズで
時々おこなうワークに
「自分を労わり周りとつながるワーク」
というものがあります。

身体をほぐして瞑想したあと
日々がんばっている
自分の身体に目を向けて
感謝の気持ちを伝えたり
家族のお顔を思い浮かべたり…

普段はそんな時間は
なかなかもてないですよね。

このワークをすると
あぁ、そうだった。
気持ちだけじゃなくて
身体も相当がんばってくれてるんだなぁと
感謝の気持ちが生まれます。
自分の身体にこそ感謝!

時にはやさしくマッサージもいいものです。

ケアエクササイズをはじめて
早8年。

自分を見つめる作業が
とても大事になっています。

自分の心を声を聴きながら
今年の目標を決めていけたらいいですね。

頑張りすぎなくてもいい時と
今こそ頑張る時、
きっとどちらもあると思います。

2018年、どんな年にしましょうか?

心の声に
耳を傾けてみてくださいね。

あまり頭で考えず
目を閉じてリラックスして…

ふと浮かんだ言葉やイメージ、
それを受け取るのもお勧めです。

私に浮かんだ言葉は・・・
ちょっと勇ましくて自分もびっくり?!

それは内緒にしておきますが(笑)
充電期間が終わったかも?
みたいな感じです(^_-)
というわけで、
仕事もプライベートも積極的に楽しむ、
挑戦の年にしたいと思います

皆様にとりましても
充実の1年になりますように
心よりお祈り申し上げます。

機会がありましたら
「風に揺れる木々」の絵画セラピー
そして、心と身体のケアエクササイズ
体験にいらしてください。
自分を見つめなおすきっかけにしたり
心と身体のメンテナンスに

詳しくはHPまでどうぞ!

http://haruwomitsuketayo.wixsite.com/kazeniyurerukigi


絵画セラピーのモニター企画も続行中です。















最近思うこと

ずっと

誰かに迷惑をかけるなら
誰かに迷惑をかけられるなら
1人の責任で、全てを行いたい

と思っていました。
特に、今の仕事は ある程度それが可能なので
余計にそう思っていました。

今はかなり変わりました。
ケアエクサを通じて
繋がること
が心地よく感じられ、
仕事に仲間が欲しくなってきています。

それが依存心に繋がらないように
しっかり自分の足で立つ、ということは
意識していきたいです。

繋がることの怖さは
全てが相手にみられてしまうことかな、と。
結局、自分を好きじゃないから
自分ですら好きじゃない自分を
誰かが受け入れてくれるとは思えない。
そこには、自分にも相手にも
完璧を求める
よく言えば理想主義が、
しかし実態は ゆがみ が、
あったように思います。

完璧ではない、でも頑張っている
そんな自分を受け入れられるようになると
他人を受け入れられるように
なっていくんだな、と思います。

でも、まだ完璧主義の、
自己肯定感の低い自分が
時々顔を出し
やらない言い訳や
ブレーキ
を、コソコソと囁いてきます。

やらなくても、いいんです。
でも、それを、なんでやるのか。

いま、そこを見つめています。

毎日毎日、
自分の中の人との対話です。

そして、行き詰まったら…
そこには仲間がいて、
話せる場があります。

youko

自分の傾向を知ること

自分は自分。

そんな風に思いつつも
実は本当の自分って??

わかっているつもりで
わかっていないこと、ありますよね。

人は自分を基準にものごとを考えがちなので
心理ワークなどをして、
他の方の感じ方などをお聞きすると
こんなにも多様な感じ方、考え方があるのだと
時にものすごく驚かされ、
人それぞれ、個性があるとわかると同時に
自分の傾向もだんだんわかってきます。

ケアエクササイズをとおして
自分を客観視してみることができる
貴重な機会をいただいている感じ。

それは日常生活にも生きてきます。

誰にでも長所・短所がありますよね。

それぞれも表裏一体で
長所の裏に隠れた短所もあるかもしれないし
短所と思えるところが実は長所でもあったり。

だからこの時点で長所・短所と分けたりせず
単に「特徴」なんだと私は思います。

まずはまるごとの自分にOKを出して
こんな自分もいるんだな、と
それを受け止められること。

時にはそれが辛い作業だったりも
あるわけですが。

でもその作業に慣れてくると
じゃぁ、どうしたい?
どうすればいい?

そんな気持ちの変化が生まれます。
意識するだけでも
今までは見えてこなかった
様々のことに気づいたり。

慣れ親しんだ習慣や感覚を
一度に変えることは難しいですが
意識して少しずつとりくむことで
周りは確実に変わっていきます。

もしも何も変わらないとしても
それを受け止める自分の感情が
変わってくると思います。

そして
人間関係も変わってくる気がします。


自分の傾向を知って
それをジャッジするのではありません。

そうか、そういう傾向があって
うまくいかないことがあるのなら
そこを意識して変えてみようかなーとか
そう思うのなら素直にそれを伝えてみようとか。

そこを変えると
きっとまた新しいものをつかめるような
視野もぐんと広がるような…

自分を知る。
それはより良い自分の成長のため。
より清々しく生きていくためのように思います。

だからそれは自分で感じないとですね。

人が見た自分をさがすのではなく
人の評価に左右されるのではなく
自分自身で自分を見つけていく。
ジャッジをせずに客観視をする。

そこが大切なんだと思います。


気づき始めても
本当にそれを客観視して見れるようになるまでには
とても時間がかかることもあると思います。

かと思えば、同じようなことが続けて起きて
あ!これ、自分の癖かも?と
突然気づいちゃったり。(最近のワタシ)

今まで通りのほうが楽ちんなわけですから
多少の不便があっても
楽な方に流れるのが人間。
ここは忘れてはいけません。

日々流されてしまっていると
深く考える時間がなくなってしまうから
もったいないですよね。

ゆったりした時間は
意識して持ちたいものです。

つまづきながら、転びながらでも
自分と向き合って成長していく人に
なりたいと思う。

そういう人たちをみてきているので
それが本当に尊いとも思うのです。

みんなしっかり自分とむきあって
何かが腑に落ちた瞬間があるといいます。

これはもう目からうろこどころではなく
パーッと視界も広がって
内側からぐわーっとくるものがある感じ。
(人によってイメージは違うかな)

魂が喜んでいる感じ??
大げさにいうと世界が変わる感じ。

人間、一生成長できる生き物です。

だから自分の傾向を知らないまま
ほうっておくのはもったいないです。

成長のチャンスが隠れているから。
もっと自分を大切にして
もっと幸せな思いを感じていくことが
できるようになるはずだから。

まだまだ未熟者ではありますが
それはもっと成長する可能性があるということ!
ずっと真摯な未熟者として
躓いたりしながらも、
前を向いて進んでいきたいです

まじめですねぇ~

でも大事な自分の人生なのだから
まじめでOK!