絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

こころ

フレデリック

レオ・レオニ作の「フレデリック」というネズミの話
ご存知でしょうか?

「スイミー」はとっても有名ですよね。
我が家にも数冊コレクションがあります。
どれも淡々と語られているのですが
心の奥の深いところに何か残るような
そんな印象的なお話です。

でも「フレデリック」を初めて読んだときは
正直、え・・・?と思わずにはいられませんでした。

だって、ネズミの仲間たちが
みんな一生懸命冬支度をしているときに
ひとりだけ、手伝いもせずにぼうっとしているのです。
仲間にたずねられても
なんだか呑気な感じで
「ぼくは色を集めているんだ」とか
「お話を集めているんだ」とかいうばかり。

そして冬になり、だんだんと食料も尽きてきて…
みんな寒くて凍えて、おしゃべりする気にもなれず。
ふとフレデリックがしていたことを思い出し、
「そうだ、フレデリック、君のあつめたものは?」
と尋ねます。
そしてフレデリックは、いよいよ自分の出番だと
みんなに目を閉じさせて
きれいな色を思い浮かべさせてあげたり
とても素敵な詩を語ったり
みんなの心を豊かにしてあげるのです。

確かに…それは意義あること。
でも働きもせず、みんなが集めたものを食べるって
どういうこと?

この時は、私もまだ新米ママで若かった。
協力し合わなきゃいけないとか、
ひとりだけずるしているみたいに見えるとか、
こうするべき、こうあるべき、
みたいなものが崩せなくて、
フレデリック、それでいいのー?と
心の中が違和感だらけだったのです。

ところが、数年前、本屋さんなどで、
かわいいフレデリックのぬいぐるみを
みかけるようになり、
懐かしくてもう一度読んでみました。

すると印象が全く違うんです。
フレデリックは自分らしく生きていて
自分らしくみんなのためになることをやっていた。
仲間たちも、フレデリックの話を聞いて
心にあかりがともったように
私の心にもぽっと暖かいものが生まれました。

ねずみの仲間もなんて優しいこと。
フレデリックの行動を不思議に思っても
否定することもなく、ありのままで受け入れ、
最後は、「君は詩人だね!」と拍手喝采。

どう行動することが一番良いのかとか
(それは誰にとって?なんのために?)
何が正しくて何が正しくないのかとか…

ジャッジは必要なかったんですね。

たぶん人は、知らず知らずのうちに
自分の中の基準にあわせた物差しを持っていて
常にそれで計ろうとしてしまう。

それがものすごーく短い物差しだったら
ひとりよがりで窮屈な生き方に
なってしまうかもしれません。

子育てをしてきて、子どもと関わる仕事をしてきて
心理を学ぶ機会を得、自己客観視をすすめてきて
だんだんと柔軟になってこれたのかなぁと
そんな風に感じました。

なんだか、うれしい♪
自分の世界も広がってきているようです。

いろんな個性があって、人それぞれで、
それが普通であたりまえのことだと
今さらながらに思うのです。

フレデリックのようにきらっと輝く何かを
きっとだれもが持っているはずですから。

はじめに、フレデリック、だめじゃん!って
思った私も今では懐かしい。
そんな私だって、悪かったわけではない。

ひとつ納得できないと、それが全部に影響する。
でもそれは視野の狭い見方でした。

時々その性質はでちゃうんですけどね。

でもその性質が場面によっては役立つこともある。

だからやっぱり、いい悪いではないですね。

見方を変える。
それをどこかで意識しているだけで
いいのだと思います。

自分の物差しを捨てて、
一歩下がって俯瞰してみると
世界はなんと広く見晴らしがいいものです。
そして気持ちも穏やかです♪






miwako












変わりたい時が、変わるとき?!

英語の先生をしているのに

英語にコンプレックスをずっと持っています。

それを打破したいな、と、数年に一度のサイクルで

やる気が上がってくる時がありますが、

参考書を数日やって、終わっています。

気が付けば、手を付けただけの良書が山盛り。。。


でも、昨日かな。

あ、変わりたいな

って思ったのです。

やろう、やらなくちゃ、

じゃなくて、変わりたくなって。

今まで、どこか自分を見切って満足していて。

「こんなもんで、いいかな」

って、自分で制限していた気がします。

それに、やったのにできなかったら、

言い訳もできなくなり、できない自分に向かい合わなくてはいけなくなりますしね。

でも、それも、もうやだな、って思ったんです。

なんでかな。

それがきっと、「機が熟した」っていうんでしょうね。

ということで、変わりたい自分に、変わるように、

宣言してみました。

もし、英語コンプレックスを解消できる方向で変われたら、

人生も変わりそう!

そろそろ、

アクセルとブレーキを同時に踏む人生

とも、お別れしなくてはね。

youko

普通ってなに?

紅葉の美しい季節になりましたね。
ぱっと映える赤も好きですが
イチョウ並木の黄色も和みます。
四季がある国に生まれてよかった♪
どの季節もそれぞれに良さがありますよね。
枕草子の時代から
ずっとそれが続いているんですねー
感慨深いです。

最近、再び思っているのは
「普通」って本当にないんだなぁということ。

自分自身の心の変化、
受け止め方がさらに変わってきています。

多くの方がそうだと思いますが
自分はごく一般的な平凡な日本人だと
そんな風に漠然と思っていた昔。

自己客観視を進めるにつれ、
グループワークを行うにつれ、
ひとりひとり、みんな感じ方が違っていて
「普通」なんてことはないんだなぁと
しみじみ思っていました。
それぞれでいい。
それぞれが素敵。

それでもやはり日本人?!
個性を主張しすぎるとちょっと浮いた存在になるとか
多数派に属していた方が安心感があるとか、
無意識に植えつけられた感覚があるものです。

自分的には、自分らしくありたいと思っているし
そんな自分がいいなぁと思う。

ところが、いつもとは違う場面で
(初めて会うような方ばかりのところ)
いくつかの心理テスト的なものをしたところ
明らかに少数派だと気づいたら、
一瞬焦りました

あれ?
私、みんなとこんなに違うんだ?
私って変わり者??

確か昔は多数派にいたのに
いつのまにか少数派???

でも、なんだかくすっと笑っちゃったのです。
一瞬焦った自分に、
日本人の国民性が出てるなぁーなんて客観視!

日本人的常識や、こうあるべき、というような
自分の本当の思いとは別の
表面的なあるべき姿を自分の解答として選べば
きっと多数派に所属できました

自分はもう、そこからは解き放たれていて
自分の思いをまっすぐ出すことが
(まっすぐ出すことに支障がない環境下で。)
自然体になっているんだなぁと
再確認できたのです。

多数派にたまたまなることもあるでしょう。
多数派が悪いわけではもちろんないです。
少数派に価値があるわけでもありません。
いずれにしても
自分の本当の思いを自分が知っているかどうか。

うわぁ、いつのまにか変わり者になっていた!と
一瞬ちょっととまどって、
そこを経たら、言ってみるなら全員違うってこと、
変わっていて当たり前だな!と
SMAPの歌を借りれば、
みんなそれぞれonly oneの存在だと
またまた実感できました。

わかっていたはずのことを
また深くかみしめた感じです。
(きっとここで終わりでもなく…ですね

きっと多数派の解答だって
ひとつひとつの意見を聞いてみたら
観点が全く違っていたり
同じ言葉を使っていても
その解釈まで同じとは限らない。

「普通」と言う言葉をとってもみても
ひとりひとりの思う「普通」は大きく違うのでしょう。

普通のくらしを大事にしたい。
というような普通は、きっと日常の安定や平和かもしれない。
「普通」を別の言葉にも置き換えられる。
それがわかっていた方がいいのかな?

自分が普通だと思うことは、
自分の個性を見ようとしていないということなのかも。
でも、本当はひとりひとりの個性は見事にバラバラ。
ひとりひとりが本当に特別であること。
家族だって、兄弟だって、まったく別の個性です。

自分の個性を自分がわかってあげる。
普通という漠然とした安心枠でくくらずに
個性あふれる自分を見つけてみると
自分がもっと好きになれるかも。
人と違っている部分こそ個性!

個性は生かすものだ。

(古いバレー漫画「アラベスク」の名言
 ↑年齢がばれます

普通じゃない自分、
つまりは、個性あふれる自分に乾杯







水と土と…

パソコンに長時間向き合っていて

あぁ肩こり!

気分転換に、というか朝から放っておいた

洗い物をしました

この季節ならではかもしれませんが

水に触れているのは気分爽快!

単純ですけれど、水って癒しだなぁ~って

感じましたよ。

ガーデニングが好きなk先生は

土いじりが最高の癒し!とおっしゃっていました。

(我が家は夫担当!

私は草木に水をやる担当ですが

やる前はちょっと面倒と思っても

水をたっぷりあげていると

植物も元気になるし

なんだか自分も結局癒されてます。


思えば子どもたちって

水遊び、泥んこ遊び、大好きですよね。

自然と触れ合って癒されつつ

いろいろな感覚を確認し、育てているのでしょう。

汚れるからと禁止してしまっては

自然との会話ができなくなってしまいますね

保育園では親子そろって

ぴかぴか泥団子をつくる企画がありましたが

親も子も、夢中になって作った思い出があります

私の子ども時代の記憶にも鮮明!

兄のぴかぴか泥団子にはいつもかなわなかったなぁ…

そんなお兄ちゃんを尊敬してましたっけ。


大人も触れ合っていたいですね。

水と土。

水辺を散策するだけでも癒されます♪


そういえば、星占いの星座は

4つのグループに分かれているんでしたよね。

水と土と火と風。

どれもパワーがあります!



キャンプファイヤーの大きな火に

心が揺さぶられたこと、ありませんか?

俳優の渡哲也さんは

たき火が大好きとおっしゃっていました。

見ているだけで癒されるんですって。

なんだかとてもわかります。


風も心地よいですよね。

今の季節は日中暑いながらも

ふっと感じる風が

確かに秋の訪れを告げてくれます。

そんなことを感じられる瞬間が好き。

自転車をこぎながら

風が気持ちいいと思ったこと、

きっと皆さんもあるでしょう。


雲をながめるのも好き♪

特に秋の雲はいろいろな表情を見せてくれます。

雲は水蒸気でできていて

風に動かされていますから

水と風ってことですね。

広く高い空を眺めていると

自分の悩みや忙しさが一瞬吹き飛びます。

爽快な気分になります。

夕焼け雲も芸術的ですよね。

無心で眺める時間、

瞑想タイムにも似ています。


自然と触れ合う時間、

空を見上げる時間、

心がふっとゆるまる時間…

もしもないとしたら、

感じる心にふたをしているだけなのかも。

大人は自分の感情をみないようにして

いろいろと頑張りすぎている人が多いですから。

オンとオフがあっていいですよね。

心を開放して、感じるセンサーをあげていきましょう。

自然からのプレゼントを受け取りましょう!

いつもそこにあるものだから。

ぜひとも目を向けてみてくださいね。


miwako


おもい癖

なくて七癖というけれど、

自分のおもい癖って、

それが長年自分としてやってきている軌跡みたいなものだから、

なかなか気づけない。

また、それは癖じゃない? とはっきり指摘される場も

社会人になると、そうそうないように思う。


私がケアエクサを通じて指摘された癖は、

逃げ癖。


話しても分かり合えそうにないとき、

それ以上、言葉にすることができないとき、

それ以上、言葉にしてしまうと、相手を傷つけそうなとき、

そーっと、引いてしまう。


それは、穏便にことを済ませる手段でもあるけど、

相手との間に、くっきりとした一線を引くことでもある。

ぶつかって、折り合って、ということをしてこなかったから。


それでも、

だれかの悪感情にさらされるより、いいと思っていた。

気まずい思いをするより、いいと思っていた。

そしたら、

体に症状がでて、そういうことに出会った後、

倦怠感がやってくることに気が付いた。


自分の味方は、自分。

そう思ったときに、

思っても言えなくて、呑み込んでいた言葉を

少しずつ、言っていこう、と思った。


実は、そのおもい癖、

自分で自分を一番傷つけているかも。

そんなことを思い、

おもい癖を直していこう、と取り組んでいる。

youko

変わるもの 変わらないもの(2013.12記)

数十年ぶりに会った友達
苦手な人も混じっていたけど

全然平気で、

楽しく過ごせました。

なんでだろう。

それは、ね。

自分が、固まってきたから。

それを、前回のケアエクサで

宝石として見せられて

自信が持てたから。

自分が揺るがなくなると

人と話すことが、楽しい。

相手をわかりたい

共感したい

と、思うと、

相手も心を開いてくれる気がする。

それでも、

嫌いなものは嫌い

イヤなことはイヤ。

感じることは自由。

感じたことは、感じた人のもの。

それも わかったから

より、自由でいられる。

なんか、

幸せ

って、言葉を使うのが怖かった。

浅く使ってないかしら
そんなに簡単で、いいのかしら

そんな思いにとらわれていて。

でも、

幸せ

って、こういうことだなって、

この間、すごくわかった。

だから、今  幸せ。



youko

課題は廻る

記憶の中で

取りこぼしたように

忘れていたり

忘れたふりをしたり

しながら、記憶に蓋をしたものは

それを解決できますよ、という

成長のステージで、よみがえることがある。

その時に、しっかりクリアできないと

それは、くりかえしやってくる。

それを乗り越えるたびに、

ステージが変わるのだろう。

時々、

クリアできるまで繰り返される事象に

苦しくなることもあるけれど

その時に、信頼できる友人がいて

自分には、きっと乗り越えられる

と、自信が持てれば、

それは、クリアした後の爽快感につながり

見えないゴールに向けて、頑張れる。

でも、頑張れるけど

その間は、苦しいね。

その苦しさも含め、

味わえることは全て

魂の成長につながると思えれば

また、違う趣を感じる。

課題の深さにおののきながら、

紛らわせに、少し飲みながら、

書くことで、整理した思考に勇気づけられ

また、明日、頑張ろうと。

成長を望む魂の声を

聞いていこうと思う。

youko