絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

受講された方々の感想

新年あけまして、早々の絵画セラピー講座!!

 大人のための絵画セラピー講座 募集のお知らせ 


◆時:  2017年1月15日(日) 13時~17時

◆場所:スカイツリーライン新越谷駅 または武蔵野線南越谷駅から
徒歩3分の施設

  (お申込みの方に詳しくお知らせ致します) 
  とても素敵な会場ですよ♪
    
◆講座料:4,000円(リピーター3,500円)

◆定員:4名~6名

◆持ち物:ミネラルウォーター・鉛筆・消しゴム
  色鉛筆・クレヨン・ヨガマットかバスタオル
  (必ずすべてご用意ください) 
 
◆講座のながれ
 リンパマッサージなど身体のケア~瞑想~絵画
 ここまで約90分のプログラムです。

 この後、個別に20分ずつのフィードバックを行い、
 絵に現れた深層心理や今後へのアドバイスをお伝えします。

 お待ちいただく間は、自由時間となります。
ご自分のフィードバックが終わり次第、お帰り頂けます。


一年の始まりに、ご自分を見つめなおし

ご自分のたくさんの可能性を知って

素敵な一年にしませんか??


 

久しぶりの絵画セラピー

先月、1~2年ぶり?の絵画セラピーを体験しました。

もう何回目だったでしょうか?

数えることも忘れたくらい

定期的に受けたくなるのが絵画セラピーなのです。

自分の今を客観的にみることは

心のメンテナンスにもとっても有効!

ベテランになると?川は感情を表すとか

どんな色がどんな意味を持つとか

知識情報も増えているのですけれど

それが決して邪魔にならないことも不思議です。

(それもベテランだからですね


今回は、自分を取り巻く状況が不安定で

悲しい出来事もあり、

心がかなり疲れているようなタイミングでした。

絶好調の気分のときは

クレヨンで思いっきり描きたくなるのに

色鉛筆を手に取ることがやっとでした。

4つのお題のうち、描けそうなものと

描けるかな~と心が定まらないものもあり、

一瞬躊躇しましたが

「描きたいものから描こう!

描いているうちにイメージが下りてくるかも」と

山から描き始めました。

いつもはたいてい、景色の全景が浮かぶので

これは私にとってはかなりめずらしいことでした。


富士山のような美しく気高い山を描き、

あとは夕日に映えるような紫がかった山並みを

横いっぱいに描いていきました。

そして、野を描き、川の流れを描き、

橋を描き、道を描き、草花を描き・・・

色を重ねるうちに、どんどん心が軽くなり

クレヨンを使いたくなりました!

描きながら癒され、エネルギーももらったみたい


もう、この描く作業だけで

十分癒されてしまいます。


そしてさらに、ひとりずつのフィードバックをいただき

「そう!まさにそれ!」

自分の心を客観的にみつめることで

じんわりじんわり、心も身体も緩んでいきます

大変な時も、絶好調の時も

嬉しい時も、悲しい時も

どんな自分もちゃんとみてあげられること、

自分で自分を癒すことができるのです。


大変な状況の中でも

絵の中では、希望を見出すことができ、

焦らず落ち着いて頑張れそうな自分も

見つけることができました




そしてkimmy先生にいつも言われるのは

その時限りのことにせず、また振り返ってみること。

今回も2週間ほどたってから、

じっくりと自分の絵を眺めてみました。


お題のひとつであった「家」

これが一番描きにくく、最後にとってつけたような

小さなおうちを描き、

まわりに3本の木を描いていた私。

フィードバックではちゃんと

「自分のエネルギー(木)で家を守っているよ」と

言われていたのですが

当日は、「とってつけて描いた」という自分の気持ちがあったので

それほどそれを受け止めていなかったのでした。

ところが、今絵を眺めてみると

一番先に目に入るのが、

この小さな小さなお家と木なのです!

そうか、私にとってやっぱり一番守りたいのは

大切にしたいのは、自分の家、家族なんだなと

とても腑に落ちました。

自分の家のことは後回しにしなくちゃ、という思いから

小さな家を描いたつもりでいましたが

kimmy先生がこれもいつも言われる

表裏一体!

小さくても大事に大事に3本の木で守りたかった、

そんな気持ちが同時にあったのですね。

それが自分の心の声だった。


何かを犠牲に、なんて思わずに

全部大事にしていいんだった。

all or nothingではなくて

5:5は無理でも 7:3でもいいし

その時々で違っていいんだ。

そう思ったら、すべてのことを受け入れて

穏やかな心持でいられるような

そんな元気が湧いてきました。


人生いろいろありますよね。

どうしようもないときも絶対あるのだけれど

谷があったら山もある。

客観視ができてきました!


絵画セラピー、本当に深いです。

1度だけなんてもったいない。

ぜひ皆様、リピートしてくださいね。

そして描いた絵を時々見返してみて

自分をだきしめてあげてください



miwako



絵画セラピーの感想

久しぶりに絵画セラピーに参加しました。
今回はどんな絵になるのか楽しみにしていたのに、いざ紙に向かうといつもと違うってイメージが湧かず、戸惑う自分。
少し焦りましたが、お題を1つずつ自分に問いかけ、イメージが浮かんできたものから描き始めました。

描いているうちに少しずつイメージが湧いてきましたが、なぜか浮かんでくるパーツは自分を癒す物ばかり。
今の自分は癒しを求めているんだなと思いつつ、描きながら癒されていきました。

今はちょっと頑張りすぎて疲れているというフィードバックを聞いて納得。
今年から仕事が増え、4月からの生活リズムが変わってきたのに、自ら課したルーティンを意地でも継続しようと少し頑張り過ぎていたこと。
そんな自分を自分で『頑張っているね。』と褒めて気持ちを奮い立たせて少し無理をしていたこと。
少しでもお休みすると生活リズムが狂ってしまい、元に戻らなくなるんじゃないかと怖かったこと。
いろんなことが腑に落ちました。

そしてそれをわかってくれる人がいたことで気持ちが楽になりました。

日々の生活をいっぱいいっぱいにしていると、ちょっとでもイレギュラーなことが舞い込んでくると、それだけで疲弊してしまう。
少しは心身ともに余裕のある生活にしないと自分を苦しめることになるんだなと今回のことで気づきました。

本当に絵にはそれが如実に表れていて、改めて絵画セラピーの凄さを感じます。
自分のことって見えているようで中々わからないもの。
自分を知るためにも絵画セラピーはお勧めです。


kumiko





女子の為の絵画セラピー 感想(2016.4月)

チューリップやパンジーの色とりどりの花が
街角を飾るこの頃…

春はやっぱりいいですね〜

4月は3回の『絵画セラピー』を開催。

久しぶりに受けられた方の感想を
お伝え致します。
<掲載にあたり、許可を頂いております。>




先日は久しぶりの絵画セラピー
ありがとうございました🍀

今回受けてみて、
ざわついていた気持ちが整理できた感じです。

自分の書いた絵を見ながら、

「力を入れないと立っていられない
自分がいるんだな」

と感じました。

「あー私疲れているんだなー」
と実感することができた後、

数日して歯が痛くなり、
熱を出して半日寝込みました。

その後は、モリモリ元気に回復‼

不思議ですね〜。

ご飯の味もわからないほど痛かった歯も
ストレッチで曲げると痛かった膝も
今は痛くないんです🎵


絵画セラピーを受けて
出して
そして 受け入れて
そこに気が付けて

忙しいけど、一つ一つ
乗り越えていこうと思いました。

牛歩の歩みとも感じますが、
それが私にとっての歩み方なんだなと
感じてます。

ありがとうございました🍀

ーY・Mさまー


絵画セラピーでは
姉共々ありがとうございました。

何度見ても青々とした山しか目に入らず、
これが今の自分なんだ
と認めざるを得ない感じです。

ただ、まだ踏み出すのが怖い!
という自分がいるのも確か。

ちょっぴり時間かけて自分と向き合い、
受け入れ、認めて

そうしたらきっと自信を持って動けるはず。
そんな自分がいること、
今は信じられます。

ーT・Mさまー




実は本日も絵画セラピー開催日でした。

心に思うところがあり、
なかなか筆が進まなかった方も
描いて行くうちに…
その描き出す行為に癒されて行き
最後にはとてもスッキリなさってました。

良かったですぅ

フィードバックでは
如実に現れる深層心理に驚かれたり
深く納得されたり…

お帰りになるみなさんのお顔が
とてもほっこりと穏やかで
嬉しくなりました。


ご興味のある方
是非、お越しになってみてくださいね


kimiko

募集!大人のための絵画セラピー


大人のための絵画セラピー
を開催いたします。



4月24日(日)13:00~14:30 /個別フィードバック15:00~

南越谷公民館「パレット」2階会議室にて
  (南越谷駅または新越谷駅から徒歩5分)

持ち物  鉛筆・消しゴム・色鉛筆・クレヨン(必ずすべてお持ちください)

        ミネラルウォーター・ヨガマットかバスタオル

        動きやすい服装で。

講座料金  初めての方3800円/2回目以降の方3500円
  (事前のお振込)

お問い合わせ・お申し込み

  風に揺れる木々 soraninagarerukumo☆yahoo.co.jp   
   
   ☆の部分を@に変えて送信してください。

必要事項 

 ご住所・お名前・連絡先電話番号・メールアドレスを明記してください。
 よろしければ、受講理由などもお知らせください。
 
注意事項

 少人数開催のため、特別のご事情がない限りは
 お申し込み後のキャンセルは受け付けることができません。
 ご理解とご協力をお願いいたします。

 やむを得ない場合のキャンセルは2日前までのお申し出に限り
 半額返金とさせていただきます。


++++++++++++++++


今回は時間の都合上、5名の募集となっております。

すでにお申し込みの方もいらっしゃり、

開催は決定しております。

先着順でご案内をさせていただきますので

どうぞお早めにお申し込みくださいませ。



こちらの記事を読んでいただくと雰囲気がわかると思います。

どうぞご参考になさってください。

http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1024024267.html

感想もたくさんいただいております。

こちらもご参考のひとつとして。

http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1024319830.html



5名以上集めていただくと、

出張講座を行うことができます。

合わせてご検討くださいませ~




miwako   (私も参加予定です♪ 久しぶりでとても楽しみです~









アシスタントの感想(2013.8記)

夏休みに入り、連続して2回子どもの絵画セラピーのお手伝いをしました。

夏休みで学校がないせいか子どものエネルギーが有り余っているようで、

ワークの前もワーク後もみんな元気でした。


こちらでもカードなど一緒に遊ぶものを用意しているのですが、

今回の子どもたちはアイデアが豊富で、いろんな遊びを作り出しては

元気に遊んでいました。

そのアイデアと行動力には感心するばかり。

私も子どもたちと一緒に楽しく遊びました。


遊んだ後にはメディテーションに入り、事前にお母様たちから

いただいたメッセージを一人一人に講師が伝えていくのですが、

私はこの時間が好きです。

お母様たちからの素敵なメッセージ。

横たわった子どもがお母様からのメッセージを笑顔で聞き、

嬉しそうにしています。

何とも微笑ましい光景です。


その後いよいよ絵画に入るのですが、

お題を聞いてすぐに描き始める子もいれば、

すんなり絵画に入れずに周りを気にしたりしてなかなか手が

動かない子もいます。

そんな子も一旦描き始めると黙々と絵を描き、

いつの間にかどっぷり絵画の世界に入り込んでいます。


時に笑顔を浮かべる子。終わった後にすっきりした表情をする子。

それぞれの子どもが絵を描くことによって自分の気持ちと向き合い、

気持ちが落ち着いていくようです。


絵を描き終えると子どもたちが講師にその絵を説明していくのですが、

その絵の表現力と技法には毎回感心させられます。


帰りに清々しい笑顔の子どもたちを見送るときには、

その場に携われたことを嬉しく思います。


お母様たちもフィードバックで子供の気持ちを知り、

いろいろな気づきがあり、それぞれの思いで帰られます。

その後すぐにお父様にシェアし、早速ご家庭でできることを実践され、

その後の様子を報告してくださる方もあり、嬉しく思います。


子どもたちのストレスが少しでも減り、笑顔が増えて、

親子の関係がより良くなることが願いです。


親だからこそ冷静に自分の子のことが見れていなかったり、

自分の理想の子ども像とのギャップに悩んだり、日々葛藤があると思います。


私自身も日々息子に翻弄されながら、彼の真の理解者に

なろうと悪戦苦闘しています。


kumiko

ココロの中と(2013.3記)


木曜日

学校から帰ってきた娘がいつもと違いました。

ちょっとの事で怒り出したり、泣いたり、
お風呂に入りながらパパとケンカをしたり・・・・



次の日、

娘が学校へ行きたくないと言いだしました。

昨日の様子から、何かあったのかな?と思い

お休みをしようと連絡帳に昨日からの様子を書き、
学校へ持っていってもらいました。


しばらくすると先生から電話があり
「もし、これるようなら連れてきてください。」
との事・・・・


迷いましたが、
娘も、先生とお話をしたあと

「学校へ行く」というので

連れて行くと・・・

クラスのみんなが教室を飛び出して、階段まで迎えに来てくれました。


あ~よかった

と一安心して一日過ごし、週末へ。


週末の娘は、戦っていました。

今まで言えなかった自分のココロと戦っていました。


ちょっとしたことで「うっせんだよ!」と言ったり
怒ったり、にらんだり・・・・


そうかと思えば

「さっきはごめんなさい」と言ったり
甘えたり・・・・



日曜日に一緒にお料理をしていると

ボソッと

「学校がこわいんだ・・・・」といいました。

どうしてこわいの?と聞くと

「いじめられるの・・・・」


今まで学校でいろんな事があり、
それを我慢していて誰にも言えなかった事に
初めて気づきました。 


「教えてくれてありがとう」

と言うと

うわ~と泣き出しました。


勇気を振り絞って言ってくれて、ありがとう

と心の底から思いました。



昨年、娘が絵画セラピーを受けました。

改めて、その絵をじっくり見返してみました。


そういえば、フィードバックの時に

「学校(外)でがんばってますね」

と言われた言葉を思い出しました。


たくさんの「気がついて」のメッセージが
そこには描かれていたんです。


そんなことをすっかり忘れていて、はっとしました。


絵画セラピー受けていて、よかったと思いました。

そのときの気持ちが絵にしっかりと描かれているし

その後も、振り返ることができるんです。



明日娘は学校へ行くかな~?どうかな~?

と思いながら絵を見ています。



michi