水野敬也
飛鳥新社
2011-05-20

ケアエクササイズの講座にでていると

時々kimmy先生から

「それ、やってみてね。騙されたと思って。」

なんて宿題が出ることがあります。

そんな風に思っているなら、それをご主人に伝えてみたら?とか

お子さんに伝えてみたら?とか

自分へのご褒美として〇〇してみたら?とか、

これひとつに絞って、それをしっかりやってみたら?とか

本当に様々。


ふだんやらないこと、柄でもないこと?(そう自分で思い込んでいるだけ)

それを実行に移すのは勇気がいるんです。

人から見ればとても簡単そうなことだとしても

ふだんと違う自分に、自分が違和感をもってしまう。

でもそれをえい!っと乗り越えてやってみる。

すると、それをやってみたときの感覚は

まさに「やってみなきゃわからなかった」不思議な感覚。

自分の想像範囲を軽く超えています。


いつもとは違う爽やかな風が吹くような…!


本当ですよ。

私もそんなこんなを重ねてきて

家族とのコミュニケーションが、自然と安定してきて

より楽しく、より温かくて心地よいものになったのを実感しています。

思ってるだけでわかってもらおうなんて調子のいい話で

ちゃんと伝えたり、行動に移すことが

いかに大切か、いかに心を動かすか。


今、ずいぶん前にはやった、「夢をかなえるゾウ」を

読み始めたとことです。

これもkimmy先生のおすすめ。

関西弁でおもしろい!

このガネーシャというインドの神様が

自分を変えたいと思っているサラリーマンの男性に

次々とミッションを出していきます。

「靴を磨く」からはじまり、

「トイレ掃除をする」「腹八分目にする」

「一日なにかをやめてみる」とか、唐突に言われ、

男性は常に、

「それはなんのために?」とか「それで本当に変われるんですか?」とか

反論しつつも、ガネーシャにうまく諭され、やってみる。

すると、なんだか気分が変わることに気づいたり、

周りも変わることに気づいたり…

まさに、やってみなきゃわからなかったことばかり。

この男性とガネーシャのやりとりも面白く

サクサク読めます。(と言ってもまだ半分、昨日の夜読み始めたので!)

ガネーシャの出す課題には、宇宙の真理が詰まっている?

自分も実行してみようかと思えてきます。

人に言われて動くなんてまっぴらごめん、

そんな意味がわからないことはやりたくない、

あまのじゃくな人は、ハナから相手にしないでしょうね。

でもあまのじゃくだと損ですよ!

だって、やってみなきゃわからないこと、

この世にたくさんあるはずですから。

自分の想像範囲の中だけで生きているなんてつまらなすぎです。

ということで、今日は本を紹介して終わります

まだ結論を読んでないので無責任ですが~

アマゾンのプレミアム会員だと、無料なんですよ、この本!

夫が会員なので、月1冊、無料本を楽しんでおります


miwako