木曜日

学校から帰ってきた娘がいつもと違いました。

ちょっとの事で怒り出したり、泣いたり、
お風呂に入りながらパパとケンカをしたり・・・・



次の日、

娘が学校へ行きたくないと言いだしました。

昨日の様子から、何かあったのかな?と思い

お休みをしようと連絡帳に昨日からの様子を書き、
学校へ持っていってもらいました。


しばらくすると先生から電話があり
「もし、これるようなら連れてきてください。」
との事・・・・


迷いましたが、
娘も、先生とお話をしたあと

「学校へ行く」というので

連れて行くと・・・

クラスのみんなが教室を飛び出して、階段まで迎えに来てくれました。


あ~よかった

と一安心して一日過ごし、週末へ。


週末の娘は、戦っていました。

今まで言えなかった自分のココロと戦っていました。


ちょっとしたことで「うっせんだよ!」と言ったり
怒ったり、にらんだり・・・・


そうかと思えば

「さっきはごめんなさい」と言ったり
甘えたり・・・・



日曜日に一緒にお料理をしていると

ボソッと

「学校がこわいんだ・・・・」といいました。

どうしてこわいの?と聞くと

「いじめられるの・・・・」


今まで学校でいろんな事があり、
それを我慢していて誰にも言えなかった事に
初めて気づきました。 


「教えてくれてありがとう」

と言うと

うわ~と泣き出しました。


勇気を振り絞って言ってくれて、ありがとう

と心の底から思いました。



昨年、娘が絵画セラピーを受けました。

改めて、その絵をじっくり見返してみました。


そういえば、フィードバックの時に

「学校(外)でがんばってますね」

と言われた言葉を思い出しました。


たくさんの「気がついて」のメッセージが
そこには描かれていたんです。


そんなことをすっかり忘れていて、はっとしました。


絵画セラピー受けていて、よかったと思いました。

そのときの気持ちが絵にしっかりと描かれているし

その後も、振り返ることができるんです。



明日娘は学校へ行くかな~?どうかな~?

と思いながら絵を見ています。



michi