絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

実践

2016年、明けましておめでとうございます

三が日、のんびりとお過ごしになれましたか?

今年は本日4日からお仕事の方も多く
気忙しい始まりとなりましたね。


今年の目標や決意は立てられましたか?

昨年のワタクシは、3月いっぱいで10年間務めた仕事を一つ辞め
その後なんだかずっと気の抜けたような日々を過ごしておりました。


で、今年は・・・

新たなことをどんどんやってみようと思っています。

とは言っても、
大げさな『目標に向かって』などということでもなく
日々の生活の中で、面倒臭がらずに

心が惹かれることを即実行!

です。


というのも・・・
実は、年明け除夜の鐘を聞いてすぐに、

流れを変える意味でも例年にないことをしたい!と

「これから氏神様にお参りに行こうか?」

と提案したものの、夫も私も夜中に出るのが億劫に・・・。

それを察した息子くんが

そうやって口にしたことをやらないで済ますと、
 この一年いろいろなことを断念することになるよ
!」

という耳の痛いお言葉を頂戴し、

「はいっ!おっしゃるとおりですね(^ ^;)」

と、この地に来、14年にして初めて
年が明けたそのすぐ後に
家族揃って氏神様まで歩いてお参りに詣でました。



本当に小さな小さな神社で
普段はお参りしている人を見ることもありません。

ですが、年明けすぐには
参拝の方々が列をなしていて びっくり!!

私達の前の老夫婦の方が
温かそうな衣類に包まりながら、
寄り添って並んでいるのを見て ほっこり。


そしてなんといっても

町会の方々が夜通し火を焚き、
甘酒・豚汁などを仕込みふるまってくださる姿に

有難さが込み上げてき、とてもとても温かい気持ちになりました。


地域の・・・周りの人達のために
毎年このようになさってくださっていたこと

知りませんでした。


行動を起こさなければ知り得なかった

周りに住む方々のご尽力やご厚情・・・。


気持ちが向いたら即行動することで

いろいろな感情を味わえ、自身の世界はまだまだ広がるんだ

ということを、今更ながらに感じた初詣でした。

行ってよかった~



こんなふうに
心の琴線に触れるような体験を
いくつになっても味わいながら生きていたいです。



本年も<風に揺れる木々>をどうぞよろしくお願い致します。



kimiko

    


CAP(2013.9記)

これまで何度も目にしてきた「CAP」のお手紙

簡単に目を通すだけでした。


なぜか今回は参加してみようと思ったのです。


それってタイミング


自分に必要ってことなんだと思いました。


C ~ Child (子ども)
A ~ Assault(暴力)
P ~ Prevention(防止)

子どもたちが、いじめ・誘拐・性暴力など、さまざまな

暴力から自分を守る方法をこわがらずに楽しみながら

学ぶことができる参加型学習のプログラムのこと。


その中で考えたことは子どもの権利のこと


聞けば当たり前のことですが


安心  自信  自由  の三つ


そして子どもを取り巻くさまざまな暴力から守るためには

家庭・学校・地域のつながりを大切にし、互いに助け合い

地域全体で子どもたちをサポートできる取り組みをするということ。


そして親として

子どもの話を聴くということ。


聴く。

そして聴き方。

落ち着いて、感情・気持ちを認めて、一緒に考える。


特別なことではありません。


明日子どもむけプログラムに参加した娘と話をしたいと思います。


聴き方の実践です!


terumi