絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

心と身体のケアエクササイズ

7か月ぶりのメディテーション内観法

新年度を迎え、あぁこのタイミングで
やってみたいなぁと思っていたら、
7か月ぶりにこのワークを体験できました。

どうぞ過去の記事もご覧ください。

☆メディテーション内観法再び…
http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1061071227.html


本当に何度も何度もやっているのですけれど
絵画セラピーと同じく、
あれこれ知識があったとしても
それがまったく邪魔にならずに
今だからこその風景や物があらわれる不思議。

自分をとりまく環境の変化にあわせ
自分の心持ちもずいぶん変化したことを
改めて自覚して、嬉しく思ったり、
これからの方向性、自分がやりたいこと、
大切にしたいこと、
それらがメッセージとなって現れました。

水辺を越えて、自分の行きたい場所に行く、
という場面があるのですけれど、
これはその人にとっての人生のとらえ方だったりします。

荒波の海だったり、広い川だったり、
霧に包まれた沼だったり、
静かな湖だったり、池だったり。

向こう側にたどりつく方法も、
船に乗ったり、ボートをこいだり、
素足でバシャバシャと水に入っていったり、
水辺の道をゆったり散歩していくんだったり…
都合よく橋が現れて、
簡単に渡れたりすることもあります。

前回?前々回?私は、確か
自分でボートを漕ぎたい!
自分の力で進みたい!と思ったのでした。

それは本当にその時の心持ちとぴったりマッチング。
漕ぐことを楽しみたいと思った
そんな自分をえらいなぁと
応援したくなったりしたものです♪


そして今回の水辺は…

とってもかわいい春の小川でした♪
両脇には草が青々と茂り、
小さなお花もたくさん咲いていて、
とても澄んだ川なので
メダカまで泳いでいるのが見えました。

いつのまにか小学生の自分にもどっていて
「こんなのかんた~ん!」と
川をひとっ跳び。
楽しくて仕方ありません。

向こう岸には、子どもが数人いて
見たことのある子も、はじめての子も
一緒に仲良く野原で遊びました。

あとから振り返れば
なんだか仕事に直結していた感じです。
今まで出会った子、
これから出会う子。
きっとそういうことだったのかな?

川を飛び越えちゃったくらいですから
心もとっても軽やか。
気分爽快でした。


この日、もうひとつ、おもしろかったのは
一緒にワークを体験した3名が
同じように、『中世』がキーワードのものを
瞑想の中で見ていたこと。

いろんな不思議が訪れますね~

絵画の時も、なぜかわからないけど
これを描きたい!と思って描くことがあります。
こんな色にしたい、と湧き上がる思いがあります。

瞑想の中でも、なぜかわからないけど
思いもよらないものが見えるのです。

どちらの場合も、
ふと湧いてくる感じ?

これも人によって感じ方が違うかもしれませんね。

そして、自分の内にあるものを
自分がちゃんと受け止めてあげること、
この経験がとてもいいものだなぁと思うのです。

絵画セラピーやケアエクササイズ、
どうぞ体験にいらしてくださいね。


miwako





やってみなきゃわからない

水野敬也
飛鳥新社
2011-05-20

ケアエクササイズの講座にでていると

時々kimmy先生から

「それ、やってみてね。騙されたと思って。」

なんて宿題が出ることがあります。

そんな風に思っているなら、それをご主人に伝えてみたら?とか

お子さんに伝えてみたら?とか

自分へのご褒美として〇〇してみたら?とか、

これひとつに絞って、それをしっかりやってみたら?とか

本当に様々。


ふだんやらないこと、柄でもないこと?(そう自分で思い込んでいるだけ)

それを実行に移すのは勇気がいるんです。

人から見ればとても簡単そうなことだとしても

ふだんと違う自分に、自分が違和感をもってしまう。

でもそれをえい!っと乗り越えてやってみる。

すると、それをやってみたときの感覚は

まさに「やってみなきゃわからなかった」不思議な感覚。

自分の想像範囲を軽く超えています。


いつもとは違う爽やかな風が吹くような…!


本当ですよ。

私もそんなこんなを重ねてきて

家族とのコミュニケーションが、自然と安定してきて

より楽しく、より温かくて心地よいものになったのを実感しています。

思ってるだけでわかってもらおうなんて調子のいい話で

ちゃんと伝えたり、行動に移すことが

いかに大切か、いかに心を動かすか。


今、ずいぶん前にはやった、「夢をかなえるゾウ」を

読み始めたとことです。

これもkimmy先生のおすすめ。

関西弁でおもしろい!

このガネーシャというインドの神様が

自分を変えたいと思っているサラリーマンの男性に

次々とミッションを出していきます。

「靴を磨く」からはじまり、

「トイレ掃除をする」「腹八分目にする」

「一日なにかをやめてみる」とか、唐突に言われ、

男性は常に、

「それはなんのために?」とか「それで本当に変われるんですか?」とか

反論しつつも、ガネーシャにうまく諭され、やってみる。

すると、なんだか気分が変わることに気づいたり、

周りも変わることに気づいたり…

まさに、やってみなきゃわからなかったことばかり。

この男性とガネーシャのやりとりも面白く

サクサク読めます。(と言ってもまだ半分、昨日の夜読み始めたので!)

ガネーシャの出す課題には、宇宙の真理が詰まっている?

自分も実行してみようかと思えてきます。

人に言われて動くなんてまっぴらごめん、

そんな意味がわからないことはやりたくない、

あまのじゃくな人は、ハナから相手にしないでしょうね。

でもあまのじゃくだと損ですよ!

だって、やってみなきゃわからないこと、

この世にたくさんあるはずですから。

自分の想像範囲の中だけで生きているなんてつまらなすぎです。

ということで、今日は本を紹介して終わります

まだ結論を読んでないので無責任ですが~

アマゾンのプレミアム会員だと、無料なんですよ、この本!

夫が会員なので、月1冊、無料本を楽しんでおります


miwako




ほんわかケアする(2013.10記)

雨のあと
清々しい秋晴れの今日は
洗濯日和でした。


ちょっと乾燥もしてきたので、
咳が出る私です。



先日のケアエクサは、カラーセラピーでした。


一番はじめになり、
どんなカラーを選ばれるのかドキドキワクワク。


その時によって、その人から感じるパワーが違うと、

その人から感じるカラーが違います。


今の自分はどう?・・・・




久しぶりに弟と会って話をしました。


多感なときの私は

『怖かった~』

そうで、


そうだったんだぁ~

と、軽くショックを受けました・・・・


自分の中で思い出される わ・た・しは

いい子で、いいお姉ちゃん!

幻の姉像だったんだな・・・・




そんな引きずった気持ちもありながら

私のカラーを選んでもらいました。


みなさんからは

たくさんの温かいメッセージを頂きました。


おかげで、
ほんわか気分♪になれました。


michi