たまたま見かけた言葉や
たまたま聞いたセリフが
なんとなく心に響くことってありますよね

「ゴミをまたぐな」というのは
俳優の哀川翔さんが言った言葉だそうで
それが印象に残っていると
どなたか(もう忘れちゃった )が
おっしゃっていたのでした。

えー?どういう意味?

と、思ったら
家庭の教育方針で、
ゴミが落ちていたら拾いなさい、
見て見ぬふりをするな、ってことだそうで。
確かお子さんもたくさんいたような気がします。

それは自分が落としたゴミでなくても
見たら拾えという教えです。
そうすることで気持ちの良い空間ができる。
(そこまではその人は言ってませんでしたが
本来、どんな深い意味があるのかは
ご本人のお話を聞いていないので
何とも言えないのですけれど…

私にも、とっても響きました!

見て見ぬふりをしちゃうことって多いですよね?
そうした方がいい場合もあるけれど
面倒だから、とか
あとでやればいいから、という逃げの理由で
やらないことってあるなぁと
思うのです。

家の中に、糸くずが落ちていても
あとで掃除するときに掃除機ですっちゃえばいいやと
放っておいたりしたのですけれど、
なぜか「ゴミをまたぐな」という言葉が浮かんできて
そうだよねー、気づいたら拾わなくちゃと
思えてきて…
別に哀川翔さんに怒られるわけじゃないけれど

そして、それをしている自分が
けっこう気持ち良かったりする
この感覚は思いがけないものでした

それは家の中だけでなく外でも。
公共施設の洗面所がぬれていたら
さっとふいておくとか、
ゴミがおちていたら所定の場所に捨てるとか。

善い行いをしたいとか、
そういうモチベーションではなく
なんだかそうしたほうが自分が気持ちがいい。
そんな感じです。

ポイントは「すぐにやる」
この1点。
後でやっても同じ、と思ったら
それまで
気持ちよさはやってこない。
これって仕事にも通じています!

だらけた自分もいるので
いつもきちんと実行してるわけではありません。

でも、頭の中で、あの声で
「ゴミをまたぐな~」と響くと
くすっと笑いながら、「そうだったよねー」と
行動に移す自分がいたりして。

家の中が片付いたり、整理されると
心の中も整理されたような気持ちになって
すっきりするといいますよね。

たまりにたまってからやるのではなく
実は日々の小さな積み重ねを
見直せば、だいぶ変わってくるのかも?
(はい、自分に言い聞かせてます

ほんの小さな善行?も
実は当たり前のことなのだとも思います。
誰かのためや何かのためにやるのではなく
自分が気持ちいいからやる。
自分の心を整えることにも役立っている。
これが一番ですね♪


「ゴミをまたぐな」の教え、
なかなか深いです


miwako