絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

絵画セラピー

絵画セラピーは怖い?

絵画セラピーには深層心理が表れるから・・・

それを怖いと感じる方もいるようです。
興味津々の好奇心旺盛な方もいる一方。

ありのままの自分を認めることは
怖いことなのでしょうか?

私も初めて体験した時には、
何がでてくるんだろう?
どんな言葉をもらうんだろう?
楽しみと不安と半々だったかも。

でもね、絵画セラピーは性格診断でも
占いでもないのです。
何をどんなふうに描いたから合格!とか
点数がつくわけでもなく
いい、悪いはまったくありません。
成功も失敗もありません。

ただただ、体験するたびに
その時の自分の状態を
客観的にみることができます。
第3者の目線で、感じることができるのです。

自分を知ることは、
実はとても面白い!
自分をわかってあげることが
自分にとって必要なことのひとつ
だと
そんな風にも感じます。


今の自分を客観視することにより
なんだかとても冷静になれたり、
自分でもわからず描いたものに
実は心からの願いが投影されていたりして、
それを「こうですよ」と、教えてもらうのではなく、
絵画セラピストの先生と話しているうちに、
そうか!そうなんだ!と
自分で気づいたりする、
そんな不思議な体験なのです。

もしかすると、認めたくない自分の状況が見えたり
することがあるかもしれません。
それは自分が頑張ってるから
敢えて見ないようにしていたものかもしれません。

でもそこを知ること、実感することで
ふっと肩から力が抜けたり、
頑張っていたなー、自分。と
自分を労わる気持ちが生まれてきたり。

いつもプラスなことばかりじゃない。
プラスもマイナスも常にある。
それを受け入れている人は強いですよね。

両方あるから人間なんです。
両方あるってことをわかっていることが
自分を成長させるんだと思います。

自分のプラスもマイナスも受け入れることができるなら
子どもや、まわりの人にも
プラスばかりを求めないでいられるのじゃないかな?

だから、怖くなんかないですよ。
自分や子どもを受け入れること、
プラスもマイナスもまるごと抱きしめること、
きっとじんわりと感じるものがあると思います。
すぐに頭で理解できなくたってOK!
むしろ答えを見つけようとしない方がいいくらい。
ただ感じるだけでいいんです。
そんな体験ってなかなかないですよね。
嬉しかったり、悔しかったり、
悲しかったり…
どんな感情も大事な自分の一部です。
自分の気持ちに、
ふっと寄り添えること、
それが心の栄養になる感じ。

でもでも、その前に!
一心不乱に描きつづけることだけでも
なぜか心がすっきりとしてくるのです。
それだけだって、すごいことだなぁと、
体験するたびに感じています。

自分には必要ない、と思えるのもいいことですよね。
でも、なんだか怖そうと思ってしまう人は
単なるとりこし苦労か、
あるいは、マイナスを見たくない
自分の弱い部分を認めたくないという気持ちが
どこかにあるのかもしれませんね。
弱い部分だって、大切な自分の一部ですから
目をそむけてしまうのは、かわいそうだなぁと
そんな風に思います。
もちろん心が弱っているときには
そんな力もわいてこない…それもよくわかります。

でも、前を見る心の余裕ができたなら、
弱い自分も受け入れている人こそ、
実は強く成長していける人なんだと思うのです。
認めるって、勇気がいることでもあるし、
変わろうと思えることだって、覚悟がいるわけですから。

私ももっと強く前向きに
そして柔軟になっていきたいです~
(つまづきながらも修行中!)

風に揺れる木々の活動も7年目。
たくさんの経験と学びを糧に、
絵画セラピーと心理ワークを組み合わせた
心理講座を企画中です

絵画セラピーの定期開催もいつかは実施したいと
考えております。

応援よろしくお願いいたします

miwako





久しぶりの絵画セラピー

先月、1~2年ぶり?の絵画セラピーを体験しました。

もう何回目だったでしょうか?

数えることも忘れたくらい

定期的に受けたくなるのが絵画セラピーなのです。

自分の今を客観的にみることは

心のメンテナンスにもとっても有効!

ベテランになると?川は感情を表すとか

どんな色がどんな意味を持つとか

知識情報も増えているのですけれど

それが決して邪魔にならないことも不思議です。

(それもベテランだからですね


今回は、自分を取り巻く状況が不安定で

悲しい出来事もあり、

心がかなり疲れているようなタイミングでした。

絶好調の気分のときは

クレヨンで思いっきり描きたくなるのに

色鉛筆を手に取ることがやっとでした。

4つのお題のうち、描けそうなものと

描けるかな~と心が定まらないものもあり、

一瞬躊躇しましたが

「描きたいものから描こう!

描いているうちにイメージが下りてくるかも」と

山から描き始めました。

いつもはたいてい、景色の全景が浮かぶので

これは私にとってはかなりめずらしいことでした。


富士山のような美しく気高い山を描き、

あとは夕日に映えるような紫がかった山並みを

横いっぱいに描いていきました。

そして、野を描き、川の流れを描き、

橋を描き、道を描き、草花を描き・・・

色を重ねるうちに、どんどん心が軽くなり

クレヨンを使いたくなりました!

描きながら癒され、エネルギーももらったみたい


もう、この描く作業だけで

十分癒されてしまいます。


そしてさらに、ひとりずつのフィードバックをいただき

「そう!まさにそれ!」

自分の心を客観的にみつめることで

じんわりじんわり、心も身体も緩んでいきます

大変な時も、絶好調の時も

嬉しい時も、悲しい時も

どんな自分もちゃんとみてあげられること、

自分で自分を癒すことができるのです。


大変な状況の中でも

絵の中では、希望を見出すことができ、

焦らず落ち着いて頑張れそうな自分も

見つけることができました




そしてkimmy先生にいつも言われるのは

その時限りのことにせず、また振り返ってみること。

今回も2週間ほどたってから、

じっくりと自分の絵を眺めてみました。


お題のひとつであった「家」

これが一番描きにくく、最後にとってつけたような

小さなおうちを描き、

まわりに3本の木を描いていた私。

フィードバックではちゃんと

「自分のエネルギー(木)で家を守っているよ」と

言われていたのですが

当日は、「とってつけて描いた」という自分の気持ちがあったので

それほどそれを受け止めていなかったのでした。

ところが、今絵を眺めてみると

一番先に目に入るのが、

この小さな小さなお家と木なのです!

そうか、私にとってやっぱり一番守りたいのは

大切にしたいのは、自分の家、家族なんだなと

とても腑に落ちました。

自分の家のことは後回しにしなくちゃ、という思いから

小さな家を描いたつもりでいましたが

kimmy先生がこれもいつも言われる

表裏一体!

小さくても大事に大事に3本の木で守りたかった、

そんな気持ちが同時にあったのですね。

それが自分の心の声だった。


何かを犠牲に、なんて思わずに

全部大事にしていいんだった。

all or nothingではなくて

5:5は無理でも 7:3でもいいし

その時々で違っていいんだ。

そう思ったら、すべてのことを受け入れて

穏やかな心持でいられるような

そんな元気が湧いてきました。


人生いろいろありますよね。

どうしようもないときも絶対あるのだけれど

谷があったら山もある。

客観視ができてきました!


絵画セラピー、本当に深いです。

1度だけなんてもったいない。

ぜひ皆様、リピートしてくださいね。

そして描いた絵を時々見返してみて

自分をだきしめてあげてください



miwako



募集!大人のための絵画セラピー


大人のための絵画セラピー
を開催いたします。



4月24日(日)13:00~14:30 /個別フィードバック15:00~

南越谷公民館「パレット」2階会議室にて
  (南越谷駅または新越谷駅から徒歩5分)

持ち物  鉛筆・消しゴム・色鉛筆・クレヨン(必ずすべてお持ちください)

        ミネラルウォーター・ヨガマットかバスタオル

        動きやすい服装で。

講座料金  初めての方3800円/2回目以降の方3500円
  (事前のお振込)

お問い合わせ・お申し込み

  風に揺れる木々 soraninagarerukumo☆yahoo.co.jp   
   
   ☆の部分を@に変えて送信してください。

必要事項 

 ご住所・お名前・連絡先電話番号・メールアドレスを明記してください。
 よろしければ、受講理由などもお知らせください。
 
注意事項

 少人数開催のため、特別のご事情がない限りは
 お申し込み後のキャンセルは受け付けることができません。
 ご理解とご協力をお願いいたします。

 やむを得ない場合のキャンセルは2日前までのお申し出に限り
 半額返金とさせていただきます。


++++++++++++++++


今回は時間の都合上、5名の募集となっております。

すでにお申し込みの方もいらっしゃり、

開催は決定しております。

先着順でご案内をさせていただきますので

どうぞお早めにお申し込みくださいませ。



こちらの記事を読んでいただくと雰囲気がわかると思います。

どうぞご参考になさってください。

http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1024024267.html

感想もたくさんいただいております。

こちらもご参考のひとつとして。

http://kazeniyurerukigi.blog.jp/archives/1024319830.html



5名以上集めていただくと、

出張講座を行うことができます。

合わせてご検討くださいませ~




miwako   (私も参加予定です♪ 久しぶりでとても楽しみです~









ご企画歓迎!2016年改定版

2015年度も来月まで。

卒業などのお別れと、心新たな出発の春がやってきますね。

節目のリセット体験としても、ぜひおすすめしたい企画です。

心も身体もリラックスできますよ!


昨年の記事ですが、多少変更を加えてみました。

価格や開催人数など若干の変更があります。

どうぞまたご覧くださいませ♪




あちらこちらでご好評いただいている絵画セラピーですが

そのほとんどがリクエスト企画になっています。

私も以前、自宅英語教室の生徒さんの小学校卒業記念にと

5名で絵画セラピーの企画をしました。

中学生になると部活動も忙しいし、

親や先生の勧めがあったとしても、そんなに素直についてこない?

思春期は親離れの練習でもありますから、距離をおいたりもしますよね。

親子ででかけるなんてこともなくなってしまったり…

だからこそ、そんな思春期に入る前に、ぜひ体験をしてもらいたかったのです~


子ども自身が、ゆったりと自分と向き合う時間を持つことの心地よさを味わうことに加え、

お母様たちにも、現在のお子さんがもつ深層の思いを感じていただくことが

これからの思春期、反抗期を(親として)乗り切るための良い機会になるに違いないと

「卒業お楽しみ企画」ということで、お誘いのチラシをくばりました。

絵画セラピーのあとって、

親子関係が本当に柔らかくなるのもずいぶん見てきましたし

絶対良いものになるはずと、私は疑ってませんでした

お母様たちもすぐに乗り気に

子どもたちからは、

へぇ~、遊んだり絵を描いたりねぇ…楽しいかなー? 

やってみたい!卒業イベントだし?

でも、瞑想って何?って声もありましたが、

心地よい音楽を聴きながら、心と身体をリラックスさせるものであることを伝えると

あぁ、サッカークラブでもやったことがある!との返事。

今はスポーツの世界でも取り入れられているのかな?


参加を全員が決めたのは開催直前でしたが

以前どちらかにも書いたように、当初乗り気でなかった男の子も

終わってからお母様に「参加させてくれてありがとう!」と伝えたというびっくり報告もあり

子どもにもお母様にもとても満足いただけるものとなりました。

私自身も、いつもとは違う現場で生徒たちと触れ合うことができ

とても充実した時間をすごすことができました。


興味のある方ぜひ企画してみてください

企画者の方には些少ですが特典もご用意しております。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

(問い合わせ先アドレスはトップページをご覧ください)


このところ、様々な企画が続いています。

以下をご参考まで。 

(リピーター価格・企画者特典などについては個別にご案内しております)


おやこ講座  1組3,000円  (絵画の個別フィードバックはありません)
             ※追加1名につき1000円加算

子どものための絵画セラピー 3,800円(WS終了後、保護者の方に個別FBあり)

思春期の子のための絵画セラピー 同上(FBはご本人または保護者、または3者で)

大人のための絵画セラピー 同上 (FBはご本人) ※以下同様

頑張っている大人女子のための絵画セラピー

外で戦う!大人男子のための絵画セラピー

ママのための…   パパのための…   ご夫婦のための…

※親子講座は4組以上10名前後まで、絵画セラピーは5名以上7名までが定員です。

心と身体のケアエクササイズ 2,000~3,000円  
     (身体のケアと心理ワーク


講座の内容については、カテゴリー別に記事がありますので

感想などとあわせてご確認いただければと思います。


私たちも徐々に足固めをしてきておりますが、組織としてはまだまだ発展途上。

でもいずれは様々な現場に出向いていきたいと夢を持っています!

これからもたくさんの人に出会って、絵画セラピーの輪が広がっていきますように


Miwako

アシスタントの感想(2013.8記)

夏休みに入り、連続して2回子どもの絵画セラピーのお手伝いをしました。

夏休みで学校がないせいか子どものエネルギーが有り余っているようで、

ワークの前もワーク後もみんな元気でした。


こちらでもカードなど一緒に遊ぶものを用意しているのですが、

今回の子どもたちはアイデアが豊富で、いろんな遊びを作り出しては

元気に遊んでいました。

そのアイデアと行動力には感心するばかり。

私も子どもたちと一緒に楽しく遊びました。


遊んだ後にはメディテーションに入り、事前にお母様たちから

いただいたメッセージを一人一人に講師が伝えていくのですが、

私はこの時間が好きです。

お母様たちからの素敵なメッセージ。

横たわった子どもがお母様からのメッセージを笑顔で聞き、

嬉しそうにしています。

何とも微笑ましい光景です。


その後いよいよ絵画に入るのですが、

お題を聞いてすぐに描き始める子もいれば、

すんなり絵画に入れずに周りを気にしたりしてなかなか手が

動かない子もいます。

そんな子も一旦描き始めると黙々と絵を描き、

いつの間にかどっぷり絵画の世界に入り込んでいます。


時に笑顔を浮かべる子。終わった後にすっきりした表情をする子。

それぞれの子どもが絵を描くことによって自分の気持ちと向き合い、

気持ちが落ち着いていくようです。


絵を描き終えると子どもたちが講師にその絵を説明していくのですが、

その絵の表現力と技法には毎回感心させられます。


帰りに清々しい笑顔の子どもたちを見送るときには、

その場に携われたことを嬉しく思います。


お母様たちもフィードバックで子供の気持ちを知り、

いろいろな気づきがあり、それぞれの思いで帰られます。

その後すぐにお父様にシェアし、早速ご家庭でできることを実践され、

その後の様子を報告してくださる方もあり、嬉しく思います。


子どもたちのストレスが少しでも減り、笑顔が増えて、

親子の関係がより良くなることが願いです。


親だからこそ冷静に自分の子のことが見れていなかったり、

自分の理想の子ども像とのギャップに悩んだり、日々葛藤があると思います。


私自身も日々息子に翻弄されながら、彼の真の理解者に

なろうと悪戦苦闘しています。


kumiko

持ち込み企画も歓迎です!

※最新の講座情報については2016年版をご覧ください


あちらこちらでご好評いただいている絵画セラピーですが

そのほとんどがリクエスト企画になっています。

私も以前、自宅英語教室の生徒さんの小学校卒業記念にと

5名で絵画セラピーの企画をしました。

中学生になると部活動も忙しいし、

親や先生の勧めがあったとしても、そんなに素直についてこない?

思春期は親離れの練習でもありますから、距離をおいたりもしますよね。

親子ででかけるなんてこともなくなってしまったり…

だからこそ、そんな思春期に入る前に、ぜひ体験をしてもらいたかったのです~


子ども自身が、ゆったりと自分と向き合う時間を持つことの心地よさを味わうことに加え、

お母様たちにも、現在のお子さんがもつ深層の思いを感じていただくことが

これからの思春期、反抗期を(親として)乗り切るための良い機会になるに違いないと

「卒業お楽しみ企画」ということで、お誘いのチラシをくばりました。

絵画セラピーのあとって、

親子関係が本当に柔らかくなるのもずいぶん見てきましたし

絶対良いものになるはずと、私は疑ってませんでした

お母様たちもすぐに乗り気に

子どもたちからは、

へぇ~、遊んだり絵を描いたりねぇ…楽しいかなー? 

やってみたい!卒業イベントだし?

でも、瞑想って何?って声もありましたが、

心地よい音楽を聴きながら、心と身体をリラックスさせるものであることを伝えると

あぁ、サッカークラブでもやったことがある!との返事。

今はスポーツの世界でも取り入れられているのかな?


参加を全員が決めたのは開催直前でしたが

以前どちらかにも書いたように、当初乗り気でなかった男の子も

終わってからお母様に「参加させてくれてありがとう!」と伝えたというびっくり報告もあり

子どもにもお母様にもとても満足いただけるものとなりました。

私自身も、いつもとは違う現場で生徒たちと触れ合うことができ

とても充実した時間をすごすことができました。


これから夏休みもありますし、興味のある方ぜひ企画してみてください

企画者の方には些少ですが特典もご用意しております。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。


このところ、様々な企画が続いています。

以下をご参考まで。 

(リピーター価格・企画者特典などについては個別にご案内しております)


おやこ講座  おひとり1,000円  (絵画の個別フィードバックはありません)

子どものための絵画セラピー 3,800円(WS終了後、保護者の方に個別FBあり)

思春期の子のための絵画セラピー 同上(FBはご本人または保護者、または3者で)

大人のための絵画セラピー 同上 (FBはご本人) ※以下同様

頑張っている大人女子のための絵画セラピー

外で戦う!大人男子のための絵画セラピー

ママのための…   パパのための…   ご夫婦のための…

※おやこ講座は3組以上10名前後まで、絵画セラピーは5名以上7名までが定員です。

心と身体のケアエクササイズ 2,000~3,000円  
     (身体のケアと心理ワーク


講座の内容については、カテゴリー別に記事がありますので

感想などとあわせてご確認いただければと思います。


私たちも徐々に足固めをしてきておりますが、組織としてはまだまだ発展途上。

でもいずれは様々な現場に出向いていきたいと夢を持っています!

不登校の生徒さん、介護現場で頑張っている方たち、

虐待にあって施設に預けられているような子どもたち…

これからもたくさんの人に出会って、絵画セラピーの輪が広がっていきますように


Miwako

子どものための絵画セラピーってどんな感じ?

<2012年10月20日 記>

子どものための絵画セラピーは今のところ、小学生が対象となっています。

講師とアシスタントがしっかりと関われる5~6名のグループでおこないます。

今日は未体験の方のためにプログラムの流れをちょこっとご紹介しますね♪


*はじめての場所、ちょっと緊張しながら到着。

 まずは、今日呼ばれたい名前を名札に書いて(イラストも描いちゃったり自由に!)

 持ちものの確認。

 (鉛筆・消しゴム・色鉛筆・クレヨン・ミネラルウォーター・バスタオルかヨガマット)

 お母様方には講師からお話があり、その後お子さんとは、しばしお別れです。


*気持ちをほぐすために、おしゃべりしたり、カードゲームなどで遊びます。

 (誰かの迷惑にならない限り、今日はすべてをまるごと受け止めてもらえる日です!)


*講師とともに、年齢や興味にあわせたゲームや他己紹介、カラーセラピーなどおこない

 徐々にお友達のことがわかるようになり、気持ちもほぐれてきます。

 明るくてめちゃくちゃ楽しい kimi先生ですが、わがままや意地悪は通用しません。 

 褒めるところは褒め、いけないところはきちんと伝えます。

 すると子どもたち、見事にそれを受け止め、みるみるうちに素の自分がでてくるのです。

 安心してお話をしたり、心から楽しめるようになってきます。

 強がっていた子がとても素直になったり、

 控えめな印象だった子が自由奔放に生き生きと行動し始めたりなんてことも。

 
 ~私が初めてアシスタントで参加した時には、子どもたちの目が輝きだし
  そこの空気までキラキラと浄化されてくるような不思議な感覚を味わいました!~



*楽しい活動のあとは静の時間。
 
 自分の好きな場所にマットをしいて、ごろんと横になり瞑想タイム。

 この時、選ぶ場所や、寝転がった時の姿勢などからもいろいろなことがわかります。

*水の音や鳥の声などが流れる中、kimi 先生の誘導にしたがって

 いつも大活躍してくれている自分の身体のあちらこちらをさすってあげて

 「ありがとう」「がんばってくれてるね」 と自分をいたわります。

 そしてハイライトは、事前に内緒でお母様やお父様からいただいた

 お子さんへのメッセージ。

 〇〇ちゃん、と一人一人呼びかけて、短いメッセージを届けます。

 瞑想の中で受け取るメッセージは、すとんと心に届いて、

 にこっと笑う子や、涙がすっと流れる子、照れくさくてしょうがない感じの子などなど。

 瞑想がとけて、起きる時には、なんだかみんな生まれたての卵のようなピュアな笑顔!



*この後いよいよ絵を描く時間。

 またまた好きな場所を自分で選び、先生の出してくれたお題の絵を描きはじめます。

 ここでいつも本当にびっくりしてしまうのが、子どもたちの集中力。

 ほとんどの子が一言もしゃべらずに、一心不乱に絵を描くのです。

 とてもリラックスした状態で描く絵だからこそ、そこに見事に深層心理が表れます。

 私も大人の絵画セラピーで体験済みですが、

 この描く作業が不思議なほど気持ちよく、どこまでも飛んで行けそうな自由な感覚!

 描ききったときの達成感も実に爽快です。

 しかし、子どもなりにストレスを抱えている場合もありますよね。

 だから描く絵は、さびしい感じの時もあります。

 でも、それを描ききること、出し切ることで、

 浄化されたような気持ちになれるのでしょう。

 「絵を描くのが一番楽しかった」と感想をくれるお子さんも多いです。

 うまい、下手は全く関係ありませんし、

 そんなことにこだわるお子さんは1人もいないんですよ!

 (参加する前は絵はやだなぁといっていても、絵を描くことが癒しになるんですよね)


*最後は今日の感想を聞いたり、自分の描いた絵について説明してもらったり…

 そしてまたアシスタントとお遊びタイム。

 

 ここまで約2時間のプログラムです。

 お母様のお迎えがきたら、休憩タイムをはさんで個別のフィードバック
 (お母様と講師の面談)

 今日の様子や、絵から読み取れることをお伝えします。(おひとり20分くらい)
 
 初めて会うお子さんなのに、なんでここまでわかるの?といった驚きの声や

 もうずっと涙がとまらない方も…

 わかってもらえるって嬉しいことなんですよね。

 そして私たち大人はいろんな心配をしてしまうことがあるけれど

 子どもたちはすごく前向きな魂を誰もがもっていて

 絵に現れるそんな部分に励まされたりもするのです。

 先生のアドバイスもいつも的確!



 このフィードバックの間、お子さんたちはアシスタントがお預かりし

 心ゆくまで遊んだり、おしゃべりしたり、楽しい時間をすごします。

 ストレスから解放され、ありのままの自分にもどったのですから

 楽しくないわけがないですよね。

 帰りたくないーとお母さんを困らせたり、
 
 今度はいつ? また来るね!

 と言ってくれるお子さんがほとんどです。

 

絵画セラピーで得るものってなんでしょう?

お子さんたちには本当に楽しい時間で、なぜか気持ちもすっきり!

素の自分でいいんだよってことを

受け止めてくれる大人がいることを知ってもらう、

この出会いも私たちが本当に大切にしていることのひとつです。


そして親子の絆、温かさを再確認してもらえる機会でもあります。

深層心理を知るって怖いことのようでもありますが

それを知ることで、もっとお子さんのことが愛しくなった

という声をたくさんいただいています。


だから心配事や悩みがあってこられる方も

なんにもないけれどもっと子どもの気持ちをわかりたいと思ってこられる方も

それぞれに意味のあるフィードバックを受け取ることができると思います。


繰り返し参加されて、お子さんも毎回楽しみにしている方、

絵からもお子さんの成長を感じ、励みとされている方もいます。


私の知り合いで、はじめは面倒くさいなぁといっていた高学年の男の子が

家に帰ってからお母さんに、「参加させてくれてありがとう」と伝えたそうです。

何か心に残る体験だったことは間違いないでしょう!

子どもって本当に大人よりも何倍も柔軟で、感性も豊か。

心に響くものがあったら、まっすぐそこに向かって伸びていけるんでしょうね。



そうそう、大人の絵画セラピーもおすすめです。

またいつかご紹介しますね。


今日はここまで。


Miwako