なんだか急に閃いたことって
結構良い結果を産んだりしますよね。

思いつきでやってみたら、ことのほかうまくいったり、
何かを練っているときに、あぁでもない、こうでもないと
試行錯誤していたら、急に何かが降りてきた~!と
ものすごく良いアイディアが浮かんだり。

本屋さんで、直感的にいいなと思って買った本は
たいていとてもよかったりします。

プラス方向の直感ばかりでなく、
なんとなく嫌な感じ…これも直感ですよね。

悪い予感があたる、そんなこともあります。
これは、自分の潜在意識が招いちゃってる、
なんてこともあるのかもしれませんが。

それはちょっとおいておいて。

昨日読んでいた本の一節に
こんな言葉がありました。

「ストレスとは、心がNoと言っているのに
口が勝手に開いてYesと言っているときのことです」

心はわかっているんです。
直感的に。

それを無視して続けていると、
身体の具合が悪くなったり、心がすり減っていったり。
そんな変調がやってきて、初めて気づく。
自分が自分を無視していたことに。
(気づかずに医者通いになることもあるはず!)

やるべきでないこと、頑張りすぎてはいけないこと、
自分には向いていないこと、
不必要な関係性にとらわれてしまっていたり、
相手や対象にのめりこみすぎてしまっていたり…
原因は様々あると思います。

心は直感的にそれがわかっているのに
私たちは、頭でいろいろ考えてしまい、
義理をたてたり、世間体を気にしたり、
頑張らない自分を許せなかったり、
最後までやりとおすことが美徳だと思い込んだり、
自分の心の声を無視していることがあるのです。

左脳ばかりが活発に動いているのでしょうか。
特に大人は。
直観力は相当鈍っていると思います。

直感は、自分が本当に求めていること。
きっとそうなんですよね。

直感に従うことは、自分自身を信頼してこそ。
そこに理屈はいりません。

他人に合わせる必要はないのです。
人目を気にすることもないのです。
自分を一番大事にしてよいのです。
相手には相手の人生があり、
それを自分でどうにかしようと
考えすぎなくてよいのです。

いろいろなことにあてはめて
考えてみてください。

みんながいいというから、いいわけではない。
自分の直感で、違和感があったら
それはあなたにとっては、良いものではないはず。

盲目的に誰かを崇め奉ることも危険です。
それは縦の関係に他ならないから。
大事な自分の人生を
他者に預けることなんてあってはならないです。

自己犠牲を美徳と思ってはいませんか。
人に与えるばかりで、自分を満たすことをしないでいたら
心と身体のバランスも崩れてしまうでしょう。
あなた自身も、もっと受け取っていいのです。

自分の心の声に耳をすませてみれば
きっと教えてくれるはず。

違和感があるまま、突っ走ってはいけません。
これは私も経験しました
歩くのに支障をきたすくらい股関節を痛めたのも
原因不明でしたけれど、
その環境から離れる選択をしたら
それは何もなかったかのように治ってしまいました。
もちろん、必要な経験だったのだとも思います。
今思うと、不思議なくらいいろいろな出来事があり、
そのひとつひとつも私にメッセージをくれていたんだと
そう思えるのですが、渦中にいるときには
前に進むことしか、考えられなくなっているものです。

もっと自分の感覚を研ぎ澄ませて
直感の力を信じていきたいですね。
自分の深層が、どう感じているのか、
自分に問いかけてみることも大事です。

心がNoのサインを出しているときは
それを否定するような、都合のいい理由や説明を
左脳が考え始めるかもしれません。
でも、自分を無視してはダメなんですよね。
自分の心に従って物事をすすめていくこと、
これが本当に自分の望むことのはず。

説明はいらない。
直感を信じましょう!

そしてプラスの方向にいくのにも
直感的にやりたいと思ったことにブレーキをかけたり
あれこれ言い訳をつくって後回しにせずに
チャレンジしていくことも必要です。
不安な思いを乗り越えて!

言うは易く、行うは難し…ですけれど

自分を信じて
自分を大事に
前に進みたいですね。


miwako