絵画セラピー・ケアエクサ

「自分自身」を生きるために! by絵の通訳者

自己客観視

フレデリック

レオ・レオニ作の「フレデリック」というネズミの話
ご存知でしょうか?

「スイミー」はとっても有名ですよね。
我が家にも数冊コレクションがあります。
どれも淡々と語られているのですが
心の奥の深いところに何か残るような
そんな印象的なお話です。

でも「フレデリック」を初めて読んだときは
正直、え・・・?と思わずにはいられませんでした。

だって、ネズミの仲間たちが
みんな一生懸命冬支度をしているときに
ひとりだけ、手伝いもせずにぼうっとしているのです。
仲間にたずねられても
なんだか呑気な感じで
「ぼくは色を集めているんだ」とか
「お話を集めているんだ」とかいうばかり。

そして冬になり、だんだんと食料も尽きてきて…
みんな寒くて凍えて、おしゃべりする気にもなれず。
ふとフレデリックがしていたことを思い出し、
「そうだ、フレデリック、君のあつめたものは?」
と尋ねます。
そしてフレデリックは、いよいよ自分の出番だと
みんなに目を閉じさせて
きれいな色を思い浮かべさせてあげたり
とても素敵な詩を語ったり
みんなの心を豊かにしてあげるのです。

確かに…それは意義あること。
でも働きもせず、みんなが集めたものを食べるって
どういうこと?

この時は、私もまだ新米ママで若かった。
協力し合わなきゃいけないとか、
ひとりだけずるしているみたいに見えるとか、
こうするべき、こうあるべき、
みたいなものが崩せなくて、
フレデリック、それでいいのー?と
心の中が違和感だらけだったのです。

ところが、数年前、本屋さんなどで、
かわいいフレデリックのぬいぐるみを
みかけるようになり、
懐かしくてもう一度読んでみました。

すると印象が全く違うんです。
フレデリックは自分らしく生きていて
自分らしくみんなのためになることをやっていた。
仲間たちも、フレデリックの話を聞いて
心にあかりがともったように
私の心にもぽっと暖かいものが生まれました。

ねずみの仲間もなんて優しいこと。
フレデリックの行動を不思議に思っても
否定することもなく、ありのままで受け入れ、
最後は、「君は詩人だね!」と拍手喝采。

どう行動することが一番良いのかとか
(それは誰にとって?なんのために?)
何が正しくて何が正しくないのかとか…

ジャッジは必要なかったんですね。

たぶん人は、知らず知らずのうちに
自分の中の基準にあわせた物差しを持っていて
常にそれで計ろうとしてしまう。

それがものすごーく短い物差しだったら
ひとりよがりで窮屈な生き方に
なってしまうかもしれません。

子育てをしてきて、子どもと関わる仕事をしてきて
心理を学ぶ機会を得、自己客観視をすすめてきて
だんだんと柔軟になってこれたのかなぁと
そんな風に感じました。

なんだか、うれしい♪
自分の世界も広がってきているようです。

いろんな個性があって、人それぞれで、
それが普通であたりまえのことだと
今さらながらに思うのです。

フレデリックのようにきらっと輝く何かを
きっとだれもが持っているはずですから。

はじめに、フレデリック、だめじゃん!って
思った私も今では懐かしい。
そんな私だって、悪かったわけではない。

ひとつ納得できないと、それが全部に影響する。
でもそれは視野の狭い見方でした。

時々その性質はでちゃうんですけどね。

でもその性質が場面によっては役立つこともある。

だからやっぱり、いい悪いではないですね。

見方を変える。
それをどこかで意識しているだけで
いいのだと思います。

自分の物差しを捨てて、
一歩下がって俯瞰してみると
世界はなんと広く見晴らしがいいものです。
そして気持ちも穏やかです♪






miwako












普通ってなに?

紅葉の美しい季節になりましたね。
ぱっと映える赤も好きですが
イチョウ並木の黄色も和みます。
四季がある国に生まれてよかった♪
どの季節もそれぞれに良さがありますよね。
枕草子の時代から
ずっとそれが続いているんですねー
感慨深いです。

最近、再び思っているのは
「普通」って本当にないんだなぁということ。

自分自身の心の変化、
受け止め方がさらに変わってきています。

多くの方がそうだと思いますが
自分はごく一般的な平凡な日本人だと
そんな風に漠然と思っていた昔。

自己客観視を進めるにつれ、
グループワークを行うにつれ、
ひとりひとり、みんな感じ方が違っていて
「普通」なんてことはないんだなぁと
しみじみ思っていました。
それぞれでいい。
それぞれが素敵。

それでもやはり日本人?!
個性を主張しすぎるとちょっと浮いた存在になるとか
多数派に属していた方が安心感があるとか、
無意識に植えつけられた感覚があるものです。

自分的には、自分らしくありたいと思っているし
そんな自分がいいなぁと思う。

ところが、いつもとは違う場面で
(初めて会うような方ばかりのところ)
いくつかの心理テスト的なものをしたところ
明らかに少数派だと気づいたら、
一瞬焦りました

あれ?
私、みんなとこんなに違うんだ?
私って変わり者??

確か昔は多数派にいたのに
いつのまにか少数派???

でも、なんだかくすっと笑っちゃったのです。
一瞬焦った自分に、
日本人の国民性が出てるなぁーなんて客観視!

日本人的常識や、こうあるべき、というような
自分の本当の思いとは別の
表面的なあるべき姿を自分の解答として選べば
きっと多数派に所属できました

自分はもう、そこからは解き放たれていて
自分の思いをまっすぐ出すことが
(まっすぐ出すことに支障がない環境下で。)
自然体になっているんだなぁと
再確認できたのです。

多数派にたまたまなることもあるでしょう。
多数派が悪いわけではもちろんないです。
少数派に価値があるわけでもありません。
いずれにしても
自分の本当の思いを自分が知っているかどうか。

うわぁ、いつのまにか変わり者になっていた!と
一瞬ちょっととまどって、
そこを経たら、言ってみるなら全員違うってこと、
変わっていて当たり前だな!と
SMAPの歌を借りれば、
みんなそれぞれonly oneの存在だと
またまた実感できました。

わかっていたはずのことを
また深くかみしめた感じです。
(きっとここで終わりでもなく…ですね

きっと多数派の解答だって
ひとつひとつの意見を聞いてみたら
観点が全く違っていたり
同じ言葉を使っていても
その解釈まで同じとは限らない。

「普通」と言う言葉をとってもみても
ひとりひとりの思う「普通」は大きく違うのでしょう。

普通のくらしを大事にしたい。
というような普通は、きっと日常の安定や平和かもしれない。
「普通」を別の言葉にも置き換えられる。
それがわかっていた方がいいのかな?

自分が普通だと思うことは、
自分の個性を見ようとしていないということなのかも。
でも、本当はひとりひとりの個性は見事にバラバラ。
ひとりひとりが本当に特別であること。
家族だって、兄弟だって、まったく別の個性です。

自分の個性を自分がわかってあげる。
普通という漠然とした安心枠でくくらずに
個性あふれる自分を見つけてみると
自分がもっと好きになれるかも。
人と違っている部分こそ個性!

個性は生かすものだ。

(古いバレー漫画「アラベスク」の名言
 ↑年齢がばれます

普通じゃない自分、
つまりは、個性あふれる自分に乾杯







絵画セラピーは怖い?

絵画セラピーには深層心理が表れるから・・・

それを怖いと感じる方もいるようです。
興味津々の好奇心旺盛な方もいる一方。

ありのままの自分を認めることは
怖いことなのでしょうか?

私も初めて体験した時には、
何がでてくるんだろう?
どんな言葉をもらうんだろう?
楽しみと不安と半々だったかも。

でもね、絵画セラピーは性格診断でも
占いでもないのです。
何をどんなふうに描いたから合格!とか
点数がつくわけでもなく
いい、悪いはまったくありません。
成功も失敗もありません。

ただただ、体験するたびに
その時の自分の状態を
客観的にみることができます。
第3者の目線で、感じることができるのです。

自分を知ることは、
実はとても面白い!
自分をわかってあげることが
自分にとって必要なことのひとつ
だと
そんな風にも感じます。


今の自分を客観視することにより
なんだかとても冷静になれたり、
自分でもわからず描いたものに
実は心からの願いが投影されていたりして、
それを「こうですよ」と、教えてもらうのではなく、
絵画セラピストの先生と話しているうちに、
そうか!そうなんだ!と
自分で気づいたりする、
そんな不思議な体験なのです。

もしかすると、認めたくない自分の状況が見えたり
することがあるかもしれません。
それは自分が頑張ってるから
敢えて見ないようにしていたものかもしれません。

でもそこを知ること、実感することで
ふっと肩から力が抜けたり、
頑張っていたなー、自分。と
自分を労わる気持ちが生まれてきたり。

いつもプラスなことばかりじゃない。
プラスもマイナスも常にある。
それを受け入れている人は強いですよね。

両方あるから人間なんです。
両方あるってことをわかっていることが
自分を成長させるんだと思います。

自分のプラスもマイナスも受け入れることができるなら
子どもや、まわりの人にも
プラスばかりを求めないでいられるのじゃないかな?

だから、怖くなんかないですよ。
自分や子どもを受け入れること、
プラスもマイナスもまるごと抱きしめること、
きっとじんわりと感じるものがあると思います。
すぐに頭で理解できなくたってOK!
むしろ答えを見つけようとしない方がいいくらい。
ただ感じるだけでいいんです。
そんな体験ってなかなかないですよね。
嬉しかったり、悔しかったり、
悲しかったり…
どんな感情も大事な自分の一部です。
自分の気持ちに、
ふっと寄り添えること、
それが心の栄養になる感じ。

でもでも、その前に!
一心不乱に描きつづけることだけでも
なぜか心がすっきりとしてくるのです。
それだけだって、すごいことだなぁと、
体験するたびに感じています。

自分には必要ない、と思えるのもいいことですよね。
でも、なんだか怖そうと思ってしまう人は
単なるとりこし苦労か、
あるいは、マイナスを見たくない
自分の弱い部分を認めたくないという気持ちが
どこかにあるのかもしれませんね。
弱い部分だって、大切な自分の一部ですから
目をそむけてしまうのは、かわいそうだなぁと
そんな風に思います。
もちろん心が弱っているときには
そんな力もわいてこない…それもよくわかります。

でも、前を見る心の余裕ができたなら、
弱い自分も受け入れている人こそ、
実は強く成長していける人なんだと思うのです。
認めるって、勇気がいることでもあるし、
変わろうと思えることだって、覚悟がいるわけですから。

私ももっと強く前向きに
そして柔軟になっていきたいです~
(つまづきながらも修行中!)

風に揺れる木々の活動も7年目。
たくさんの経験と学びを糧に、
絵画セラピーと心理ワークを組み合わせた
心理講座を企画中です

絵画セラピーの定期開催もいつかは実施したいと
考えております。

応援よろしくお願いいたします

miwako